バジリスク 桜花忍法帖のネタバレと感想!アニメの原作のあらすじや無料試し読みは?


この記事は約 6 分で読めます。


山田正紀先生・原作、シヒラ竜也先生・漫画の作品の
バジリスク〜桜花忍法帖〜。

 

家康の跡目を継ぐ2人の息子たちの
いわば代理戦争として行われた伊賀対甲賀の殺し合いは
双方の精鋭らが全滅するかたちで幕を閉じました。

 

それから10年もの時が過ぎ甲賀を統べる矛眼術の少年・甲賀八郎
そして伊賀を導く矛眼術の少女・伊賀響。

 

彼らは運命の双子として敵対しますが何時しか謎の敵
成尋衆との戦いに巻き込まれてゆくのでした。

 

前作『バジリスク~甲賀忍法帖~』の新章として10年後を描いた物語。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 スカートの中はケダモノでした。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【桜花忍法帖 バジリスク新章】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バジリスク〜桜花忍法帖〜を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

バジリスク 甲賀忍法帖(漫画)のネタバレや最終回は?無料試し読みや感想もあり

2017.08.12

 

バジリスク〜桜花忍法帖〜のあらすじ!殺し合いの運命のその先

 

多くの武士や忍者を使役し戦乱を治め
江戸の礎を築き“天下人”となった徳川家康。

 

ところが家康は2人の息子のうち愚鈍な兄と聡明な弟
どちらを将軍へと継がせるべきと葛藤していました。

 

そこで甲賀と伊賀。

 

この2つの忍者らを戦わせその勝敗により
次期継承者を決めるという代理戦争を企てたのです。

 

こうして伊賀対甲賀は壮絶な忍術大戦を繰り広げ
主人公であった弦之介と朧の2人は互いの愛を貫くため
壮絶な最後を迎えるのでした。

 

――そして前作から10年後。

 

物語は再び伊賀対甲賀の図式をかたどり
甲賀には「矛眼術」の少年・甲賀八郎が
そして伊賀には「盾眼術」の少女・響が。

 

それぞれが甲賀五宝連、伊賀五花巽らを率いて
愛と憎しみの連鎖とも言える壮絶な戦いを繰り広げるのでした。

 

バジリスク〜桜花忍法帖〜を読んでみる

 

サイト内より【桜花忍法帖 バジリスク新章】と検索。

 

桜花忍法帖 バジリスク新章のネタバレ!運命を定められていた双子

 

本作の主役でありそれぞれが互いに“伊賀”と“甲賀”を率いる八郎と響。

 

彼らの正体とは実は前作『バジリスク~甲賀忍法帖~』にて登場した
主人公・甲賀弦之介と伊賀頭領の孫・朧との間に生まれた
男女の“双子”だったのです。

 

前作にて愛を貫き亡くなった弦之介と朧ですが
本作では「実は生き延び子どもがいた」という
新たな“設定”を大前提とした物語となっています。

 

双子はまさに自分たちの両親が持っていた
“瞳術”を受け継いでいたのです。

 

父・弦之介は殺意を向けた者を自滅させる瞳術を
母・朧は“見る”だけでどんな忍法も破る
「破幻の瞳」の持ち主でした。

 

彼らの息子である八郎は父と同じく
自分への敵意や害意を相手へと反転させる「矛眼術」を
一方娘の響きは母と同じに相手を見るだけで
いかなる術も“無効化”してしまう「盾眼術」を持つ者。

 

そんな“最強”とも呼べる瞳術の使い手・八郎と響。

 

実は彼らはこの優れた“血”をより濃くするためにと
兄妹であるにも係わらず
周囲から子孫を残すことを渇望されていました。

 

さらには八郎と響も互いを“愛し合う”関係でしたが
こうした周りの策略めいた思惑に嫌悪し
2人は愛し合いながらも「伊賀と甲賀」
そんな別離の道を選ぶこととなったのです。

 

ところで本作の原作となったのは
SF作家として名高い山田正紀先生による
『桜花忍法帖 バジリスク新章』です。

 

前作『バジリスク~甲賀忍法帖~』の原作は
伝記忍者小説の第一人者とも言える
山田風太郎先生の小説『甲賀忍法帖』でした。

 

(※山田正紀先生と山田風太郎先生は親子ではありません)

 

1958年に発表された『甲賀忍法帖』は
それから60年経った2015年に「新章」として
漫画と小説が発表されたのです。

 

そして本作の作画もいくつもの山田風太郎作品を
コミカライズしてきたせがわまさきさんが担当されているので
新旧それぞれの「バジリスク」作品を
漫画では違和感なく楽しめます。

 

バジリスク〜桜花忍法帖〜を試し読みしてみる

 

サイト内より【桜花忍法帖 バジリスク新章】と検索。

 

君が好きだから

 

バジリスク〜桜花忍法帖〜の感想!エンターテイメント性の高い忍者作品

 

本作は忍術や忍者を主題とした作品であるため
前作同様いくにんものトンデモ忍者が登場します。

 

また彼らが操る技や忍術に関して前作の『甲賀忍法帖』では
原作者・山田風太郎先生による
注釈や科学的説明(?)などがなされていました。

 

ところが本作はSF作家である
山田正紀先生の小説が元となっているのですが
忍者らの技や忍術に関して注釈どころか
科学的説明もなされていないのが面白いかもしれません。

 

ですが本作の原典となる『伊賀忍法帖』に対し熱い思いと
山田風太郎作品に対する強いリスペクトが感じられるでしょう。

 

また前作同様今回もコミカライズを担当したのは
多くの山田風太郎作品を手掛けてきた
漫画家のせがわまさき先生なのです。

 

こうした豪華なスタッフらにより『バジリスク~甲賀忍法帖~』の
正式な継承作品として完成した『バジリスク〜桜花忍法帖〜』。

 

是非とも伊賀と甲賀、二手の忍者による
壮絶な戦いと愛憎劇を
コミックスを読むことで楽しんでみて下さい。

 

バジリスク〜桜花忍法帖〜を読んでみるならこちら

 

サイト内より【桜花忍法帖 バジリスク新章】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
君が好きだから~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

恋するランジェリー 学園の地下室には制服処女が飼われている。】