バジリスク 甲賀忍法帖(漫画)のネタバレや最終回は?無料試し読みや感想もあり


この記事は約 8 分で読めます。


山田風太郎先生・原作、せがわまさき先生・漫画の作品の
バジリスク~甲賀忍法帖~。

 

天下人となったと徳川家康は2人の息子のうち
どちらを将軍とするか悩んでいました。

 

暗愚な兄・竹千代か、聡明な弟・国千代か。

 

混乱を極める世継ぎ問題に終止符を打つべく“甲賀”を国千代派
そして伊賀を竹千代派とした忍法の二大宗家を戦わせ
その勝敗により三代将軍を決めるという厳令を下すのです。

 

こうして先代・服部半蔵と買わされた「不戦の約定」は解かれ
互いを怨敵と狙う忍者同士の壮絶な戦いが始まるのでした。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 スカートの中はケダモノでした。

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【バジリスク】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バジリスク 甲賀忍法帖を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

バジリスク 桜花忍法帖のネタバレと感想!アニメの原作のあらすじや無料試し読みは?

2017.09.02

 

バジリスク~甲賀忍法帖~のあらすじ!天下人の憂いと因縁もちの忍者たち

 

――慶長十九年。

 

齢七十三歳を迎えた家康は自身の後を継がせるため
暗愚の兄・竹千代か聡明な弟・国千代の
どちらを将軍にするか悩んでいました。

 

その決着をつけさせるため “甲賀”を国千代派に
そして“伊賀”を竹千代として
両者それぞれの精鋭10人同士による
「忍法殺戮合戦」の結果にゆだねると決めたのです。

 

バジリスク~甲賀忍法帖~
バジリスク~甲賀忍法帖~

 

こうして先代服部半蔵との間で交わされた
伊賀と甲賀「不戦の約定」が解かれます。

 

手誰た忍者らによる人智を超えた秘術、体術を用いて
総勢20人もの個性溢れた老若男女が
己の思いと一族の願いを賭けながら
両者入り乱れた戦いが繰り広げられるのでした。

 

奇想天外な時代小説化としてもお馴染みの
山田風太郎さんの小説『甲賀忍法長』を原作とした
エロティズムと共に人間の愛憎あふれた伝記的作品。

 

バジリスク 甲賀忍法帖を読んでみる

 

サイト内より【バジリスク】と検索。

 

バジリスク~甲賀忍法帖~のネタバレ!それぞれの因縁と仕組まれた愛憎劇

 

本作は「忍者作品」であるため
各々が持つ個性的な忍術や技と共に
その見た目や体質にも独特な特徴を持つ
大勢のキャラクターが登場します。

 

例えば弦之介の祖父であり甲賀卍谷衆の頭領でもある弾正は
自身の体内に通常ならば致死量となる毒針を仕込んでいました。

 

女忍者のお胡夷は蛭の様に自身の皮膚から相手の血液を吸い取り
その兄・如月左衛門などは他人の顔を自分へと写し取り
さらには声帯模写も使用して
相手そのものとして“成り代わる”ことができるのです。

 

他にも吐息が毒となる陽炎や
盲人ながらも最強の使い手として
弦之介の師であり伯父でもある室賀豹馬。

 

巨体を風船の様に膨らませることができる鵜殿丈助など
これだけ取り上げても
どれも個性に溢れたキャラクターばかりでしょう。

 

ですが本作の原作ともなる小説を執筆された
山田風太郎先生はさらに私たちの想像を超えるような
異質で奇妙な忍者を生み出していたのです。

 

蜘蛛の腹の様に膨れた背中と長い手足を持つ風侍将監は
その不気味な体型から獣のごとく機敏に動き
吐き出す痰はニカワの数百倍もの粘着力を持ちます。

 

そして本作のキャラクターで特質するべきは
両手両足と四肢を持たない地虫十兵衛の存在でしょう。

 

普段の彼は駕籠で移動するも戦いなどでは
自身の腹に取り付けた蛇腹のようなものを利用し
並みの忍者異常の動きを誇ります。

 

バジリスク~甲賀忍法帖~
バジリスク~甲賀忍法帖~

 

さらに四肢のない十兵衛は長い舌を鞭の様に使ったり
内臓である食道に隠した槍の穂で攻撃するなど
その攻撃方法もかなり異質でした。

 

ところがそんな十兵衛は星占いが得意で凶兆を見出したり
仲間を救うため敵へと単身乗り込み殺されてしまうのです。

 

見た目も技もどれをとっても
不気味な存在に思える十兵衛でしたが
お胡夷と茶のみ友達であったり
敵方である伊賀との和睦を冷静に
そして前向きに受け止めていた
魅力あるキャラクターでもありました。

 

また本作ではいくつもの因縁や愛憎劇が盛り込まれています。

 

弦之介に思いを寄せる朧は駿府城で弦之介の
殺害を命じられた時に自らの命を絶ちました。

 

さらにそんな朧の祖母であり伊賀鍔隠れ衆の頭領
お幻と弦之介の祖父・弾正とはかつては恋仲であり
引き裂かれた間柄だったのです。

 

年をとったお幻は歯が二本しかない
老婆の姿となってはいますが
若い頃には大層な美女でもありました。

 

物語が進むうち恋仲であった弾正から毒針攻撃を受けるも
刺さった針で弾正を返り討ちにしてしまうのです。

 

弦之介との恋を貫こうとした朧は自ら命を絶ち
その後を追うように弦之介も自害をしてしまいます。

 

一方のお幻と弾正は互いが背負う一族や
因縁を捨てきれず“相討ち”で死んでしまうのです。

 

こうして祖父母から続いた因縁の愛憎劇でしたが
後に弦之介と朧の血族により
この物語は紡がれてゆくのでした。

 

バジリスク 甲賀忍法帖を試し読みしてみる

 

サイト内より【バジリスク】と検索。

 

君が好きだから

 

バジリスク~甲賀忍法帖~の感想は?

 

忍者作品にて登場すると言えば
家康に仕えたことでも知られている2代目・服部半蔵
そして真田十勇士でも有名な猿飛佐助などがあげられますが
他にも風間一族を率いた風魔の小太郎なども
小説や漫画などで活躍しているでしょう。

 

ですがこの物語の“核”とも言える甲賀忍者と伊賀忍者。

 

この両一族の知名度や対立の構図に関しては
時代劇ならびに戦国ファンにとっては
定番中の定番ともいえる
「怨敵」関係ではないでしょうか。

 

何故ならその関係性とは少年漫画のような
互いの技と力とをぶつけ合い切磋琢磨する
「宿敵-ライバル-」関係のみならず
一族の名誉と己の命を賭けたまさに子々孫々にまで渡る
血と憎しみとに彩られたものだからです。

 

バジリスク~甲賀忍法帖~
バジリスク~甲賀忍法帖~

 

互いに対する憎しみの大部分は
「相手」個人ではなく彼らが所属する一族の掟。

 

そして自分らを支配する大名や時の権力者の手の上で
あたかも将棋の駒の様に使われてきた
パワーバランスに委ねられるのです。

 

それらは自身の願いや思いを歪めるほどに強大で
特に作中にてヒロインとなる朧の立ち居地や役回りは大変顕著で
彼女が健気であれば有るほど読んでいるうちに私たちはついつい
そのいじらしい思いへと感情を重ねてしまうことでしょう。

 

原作者である山田風太郎先生の真骨頂とも言える
派手な忍術アクションや怪奇と共に
大きな計略に巻き込まれた
人間の心理描写までもしっかりと書き込まれた
『バジリスク~甲賀忍法長~』。

 

是非とも美麗で力強いせがわまさき先生の作画で蘇った本作で
甲賀と伊賀それぞれの忍者の愛憎劇を堪能してみて下さい。

 

バジリスク 甲賀忍法帖を読んでみるならこちら

 

サイト内より【バジリスク】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
君が好きだから~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

恋するランジェリー 学園の地下室には制服処女が飼われている。】