君がウソをついたのネタバレと感想に結末!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



寄田みゆき先生の作品の君がウソをついた。

 

沙希は昔、父親に嘘をつかれたことがきっかけで
嘘をつく人が大っ嫌い。

 

なぜなら嘘は人を傷つけるものだから。

 

そんな沙希ですが親友もいて彼氏もできて
何より大好きなお母さんが傍にいる自分は
とても幸せだと感じていました。

 

しかし親友の嘘が原因で事故に遭い
その事故で母親を亡くしてしまいます。

 

沙希は一命を取り止めましたが
嘘をついている人が黒く見える力がついてしまい・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【君がウソをついた】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

君がウソをついたを無料で立ち読み

 

君がウソをついたのあらすじは?

 

主人公の沙希は高校2年生。

 

小さいときに父親が言った遠くにお仕事に行くけど
すぐにまた会えると言う言葉を
信じて疑わなかった沙希ですが裏切られ
嘘を言うような人は大っ嫌いです。

 

そんな沙希に高校3年生の彼氏ができます。

 

友達に報告しましたが男はすぐに嘘をつくから
気をつけなさいと言われ嘘が大嫌いな沙希は
絶対にありえないと否定します。

 

親友のナミエにも彼氏のことを報告した沙希でしたが
観たい映画があったためナミエと一緒に行く約束。

 

しかし先輩とのデートでその映画を
観ることになってしまい電話でナミエに謝ります。

 

ナミエに休日は空いていないかと聞かれた沙希でしたが
電話の充電が切れてしまい話が途中で打ち切りに・・・。

 

ついに先輩とのデートの日ウキウキしている沙希に
ナミエが先輩からの伝言を預かってきたとのこと。

 

話を聞くと急用が出来て映画に行けなくなったとのことです。

 

君がウソをついた
君がウソをついた

 

残念に思った沙希ですが
ナミエが夕飯を食べにくるということで
ナミエと一緒に買い出しに行きます。

 

家に帰ってくるとちょうど電話がかかってきて
誰かと思って出てみると彼氏でした。

 

何事かと思った沙希でしたが彼氏は何で家にいるのかと
映画が始まっちゃうと言ってきて・・・。

 

ナミエの伝言が嘘であることに気付いた沙希は
ちょうど帰ってきたお母さんの車に乗せてもらい
急いで映画館に向かいますが
その途中で子供が飛び出してきて
それを避けようとした勢いで車が電柱に衝突。

 

何とか一命を取り止めた沙希でしたが
母親は無事かと質問した人が大丈夫だよと回答したとき
その人が黒く見えそれから人が時々黒く見えるように。

 

色々な人と接していくうち沙希は
嘘をついている人が黒く見えることに気付きます。

 

君がウソをついたを読んでみる

 

サイト内より【君がウソをついた】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

君がウソをついたのネタバレとその後の展開は?

 

嘘をついている人が黒く見えることに気付いた沙希は
お母さんも無事だと言ってくれた人も黒かったことを思い出し
母が亡くなっていることを悟ります。

 

その後、母の葬儀の場で母が沙希に残していた
多額の貯金が見つかります。

 

それまで沙希を引き取ることを嫌がっていた親戚たちは
いいことばかりを言って沙希を引き取ろうとしますが
嘘をついているのが分かる沙希は困惑。

 

そこに沙希の兄だという人が現れて・・・。

 

その人は異母兄でしたが他の人と違って
沙希のことを真剣に考えていることが分かりました。

 

嘘をつくこともなく真っすぐ先の目を見て
沙希を守るから一緒に暮らそうと言ってくれます。

 

その言葉を信じ異母兄である桐沢翠のもとで
暮らすことにした沙希ですが
父親の不倫相手の娘である自分を
よくは思っていないだろうと思い
近いうちに出ていこうと考えていました。

 

病院に診察に行く日、沙希は1人で
散歩がてら病院に向かおうとしますが
見る人見る人黒い人ばかり。

 

こんなに世の中には嘘つきばかりなのだと
愕然としてしまいます。

 

君がウソをついた
君がウソをついた

 

そこに翠が現れ病院に行くなら連れていくと沙希を車に乗せ
そこでいろいろな話をする沙希ですが
やはり翠には嘘なんて少しもありませんでした。

 

病院についた沙希ですが病院の外で
女の子が遊んでいるのが目に入ります。

 

その子は沙希が入院中によく会っていた倫という子。

 

どうして病院の外で遊んでいるのか聞いてみる沙希ですが
親友のマコちゃんがお見舞いに来てくれるのを待っているとのこと。

 

そこに母親が現れベッドで寝てないといけないと言いますが
倫は元気だったらマコちゃんのところに
走っていくのにと言っていて・・・。

 

それに対していい子にしていたら元気になれると
母親はそう言いましたがその言葉を行ったとき黒くなり
それを見てこの子の命はあとわずかだと察した沙希は
マコちゃんから届いたと嘘をつき花束を渡しに行きます。

 

それに対してお礼を書くと倫は張り切っています。

 

どうかマコちゃんのふりをして手紙の返事を書いてほしいと
倫の母親に言われた沙希ですがどうするべきか悩んでしまい・・・。

 

君がウソをついたを試し読みしてみる

 

サイト内より【君がウソをついた】と検索。

 

君がウソをついたの感想は?

 

本作を読んで嘘の言うのは良い嘘と
悪い嘘の2つあるのだなと思いました。

 

沙希が倫のためについた嘘は
決して悪い嘘ではない優しい嘘だなと思います。

 

倫も薄々気づいていたけど沙希が来てくれること
自分のために優しい嘘をついてくれたことが
嬉しかったのではないかと思いました。

 

沙希の異母兄である翠ですが何か隠し事をしているみたいですが
黒くならないところをみると今沙希に対して言っている言葉に
嘘はないのだろうなと思いました。

 

君がウソをついた
君がウソをついた

 

あと親友のナミエですが本当は最悪の家庭環境に居ながら
自分の理想の家族像をずっと言い続けていたのだと感じ
これからナミエが幸せになってくれるといいなと思います。

 

今後、沙希と翠がどのように接していくのか
翠にはどんな秘密があるのかぜひ読んでもらいたいです。

 

君がウソをついたを読んでみるならこちら

 

サイト内より【君がウソをついた】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。