くるみ(漫画)のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



深見じゅん先生の作品のくるみ。

 

くるみは31歳の平凡な主婦で建築業を営む
夫を手伝い平凡な毎日を送っていた。

 

「私なんか」が口癖になっている彼女は色々なことを
考えないようにして生活を送りこのままの人生が
これからも続いていくと思っていた。

 

しかしある時、不思議な女性から幸せをつかむために
戦士になりなさいと声を掛けられる。

 

この不思議な一言が彼女の運命を大きく変え始め――・・・。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【くるみ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

くるみを無料で立ち読み

 

くるみのあらすじは?

 

外側の殻は強くてかたく
中にはたくさんの栄養が詰まっている胡桃。

 

そんな人間になって欲しいと願いを込めて
名付けられた女の子・くるみは
ごく普通の女性に成長しました。

 

建築業で働く夫はやや自己中心的ですが
許容範囲内であり互いの両親も仲が良いです。

 

何も不満がない新婚生活を送っているはずだった
31歳の主婦くるみは「私なんか」が口癖の
今の世界に満足しようと自分をおしこめてしまう一面も。

 

奔放に生きる後輩や自由にお金が仕える友人と
自分を比較し「私なんか」と
いつもの口癖をつぶやいていたところ
不思議な女性に声を掛けられました。

 

その女性からはこう言われます。

 

「自分で何も選んでいないから幸せになれない」

 

そして幸せになるためには自分で行動を起こす戦士となり
人生を勝ち取るようにとアドバイスされるのでした。

 

くるみ
くるみ

 

「愛されたければ愛しなさい。愛していなければ別れなさい」

 

その女性の言葉が不思議と心に残ったくるみは
それまで振り返ることのなかった自分の人生
自分の心を見つめ始めるようになるのです。

 

そこで次々と現れる違和感に苛まれ衝動的に
1か月間家を出ることを決めてしまったのでした。

 

周りから大反対される中、「くるみ」の名前をくれた
父親だけは背中を押してくれました。

 

その足で生まれて初めて田舎を出て東京へと向かったくるみ。

 

何もかも新しいその世界で果たしてくるみは
戦士となることが出来るのだろうか!?

 

生まれて初めての自分のための旅が今始まる――!!

 

くるみを読んでみるならこちら

 

サイト内より【くるみ】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

くるみのネタバレとその後の展開は?

 

東京に出たくるみは住み込みで働ける飲食店
「きよい」で新しい生活をスタートさせます。

 

出入りしている魚屋さんの妻・マリ子と
仲良くなったくるみはそのさばさばした物言い
前向きな様子から強さを感じていました。

 

東京で知り合った人からも田舎に帰れ
子どもを産めと言われる始末・・・。

 

昔のくるみならその言葉に
負けてしまっていたかもしれません。

 

しかし今は東京から動くことが出来ないと感じている
強い彼女がいるのです。

 

硬い殻の中に入っていた彼女は東京で刺激を受けて
毎日のように脱皮を繰り返し新しい人間へと変化していく――。

 

様々な出来事を重ねながらくるみはマリ子の知り合いから
セレブ御用達の何でも屋「ブレイク・オフ」で働くことに。

 

くるみ
くるみ

 

そこで出会った欄という女性が
くるみに冷たく当たってきます。

 

しかし欄の壮絶な過去を聞いたくるみは逆に彼女を助け
欄の心を開いてくことが出来たのです。

 

そんな彼女の助けを借りて
正式に夫と離婚することが出来ました。

 

晴れて一人になったくるみは
正式にブレイクオフで働くことになります。

 

そこで出会ったたくさんの依頼人の人生に
真正面から向き合うくるみの姿を通じて
たくさんの人が心を改め
また新しい人生を歩き始めることができていく――。

 

しかしそんな中、突然社長からの解雇宣言が!

 

再び職を失ったくるみは次に
閑古鳥が鳴く弁当屋さんで働き始めます。

 

そしてそこでも新しい出会いが彼女を待ち受けていて?!

 

くるみの戦士としての戦いはまだまだ始まったばかり!

 

くるみを試し読みしてみる

 

サイト内より【くるみ】と検索。

 

くるみの感想は?

 

これだけ読んでいて爽快な気持ちになる作品は
本当に久しぶりに出会いました。

 

平凡な主婦だった世間知らずだったくるみは
自分の幸せを自分で切り開くため
戦士として生きていくために新しい一歩を踏み出します。

 

まさに背水の陣のような姿勢で歩き始めた彼女には
どこか強さやすがすがしさがあり彼女の周りに集まっている人も
その姿勢に強く感化されていきます。

 

くるみ
くるみ

 

今の生活を変えることは難しく諦めなければいけないと
そう思って多くの人が生活をしている中
本作は小さな一歩が新しい冒険の始まりであることを
教えてくれたように思います。

 

自分がやりたくて後回しにしてきたたくさんのことを
もう一度見つめ直してみたくなる作品でした。

 

くるみを読んでみるならこちら

 

サイト内より【くるみ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。