おじさま侯爵は恋するお年頃のネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



飛鳥りな先生の作品のおじさま侯爵は恋するお年頃。

 

地方領主の一人娘ライラは温かい家庭で育ち
いつか素敵な旦那様と温かい家庭を作ることを夢見ていた。

 

人の良すぎるライラの父親が融資の話に騙されてしまい
ライラの愛する家族を守るためには政略結婚が必要になる。

 

しかもその相手は歳も離れ恋愛に幻滅している冷徹な侯爵のジェイスで
形だけの夫婦であった2人の政略結婚が今少しずつ形を変えていく。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【おじさま侯爵は恋するお年頃】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

おじさま侯爵は恋するお年頃を無料で立ち読み

 

おじさま侯爵は恋するお年頃のあらすじは?

 

ライラはキャンベル領で生まれ育った地方領主の一人娘。

 

温かい太陽の元で自然に囲まれながら育ち
両親の愛情に包まれながらすくすくと成長してきました。

 

ライラの夢は自分の両親のように幸せな結婚をして
温かい家庭を築きあげること。

 

そして家族と一緒に毎日食卓を囲むこと。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃
おじさま侯爵は恋するお年頃

 

しかしライラが政略結婚で嫁いだ相手は
「形だけの夫婦」を求めるジェイス侯爵でした。

 

何らかの理由で恋愛に関して幻滅してしまい温かい感情や
相手を思いやる心を忘れてしまったジェイス侯爵。

 

朝食は毎朝家族と食べることが当然だと思っていたライラでしたが
不規則な生活で食事もまともに摂っていないジェイス侯爵とは
婚約をしても一緒に朝ご飯を食べることもできない・・・。

 

一番大切な価値観を共有することが出来ないでいる
2人の生活は果たしてどうなっていくのか――?

 

おじさま侯爵は恋するお年頃を読んでみる

 

サイト内より【おじさま侯爵は恋するお年頃】と検索。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃のネタバレとその後の展開は?

 

ライラにとって大切なこと・・・
それは食事をしっかりと食べること。

 

それも食卓を囲んで家族と一緒に食事を摂ること。

 

どうしても夫に朝食を食べてもらいたいと思ったライラは
寝ぼけているジェイスの元を尋ねて無理矢理実家から送られてきた
トマトをジェイスの口の中に入れました。

 

その甘さに思わず目が覚めるジェイス。

 

ライラに連れられて自慢のトマトの苗を一緒に庭に植え
毎朝一緒に朝食を食べることを約束します。

 

そんな中、ライラの父親から帝都の名門の伯爵家が
経済的な支援を申し出てくれているとの知らせが入ります。

 

そこの子息は年齢もライラに近く
年の離れたジェイスよりも
ライラの結婚相手に相応しいのではないかと
父親は考えているようでした。

 

形だけの妻なら誰でも良いと
ライラを追い返してしまったジェイス。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃
おじさま侯爵は恋するお年頃

 

ですがライラがいなくなってしまった後の
一人で食べる朝食は味気なく
ライラが大切にしていたトマトの苗が
折れてしまったのにその対処法が分からないのです。

 

いつの間にか体が動いており
ライラを婚約者から奪い返してしまいます。

 

ジェイスの両親は不仲でありジェイスは
以前婚約までしていた女性からひどく振られてしまい
恋愛に絶望し何も期待しないように
生きてきていることをライラに告白します。

 

それでもライラなら家庭の温かさを教えてくれるかもしれない。

 

温かい感情に期待しないようにしてきた侯爵が
僕に温かい家庭を教えてほしいとライラに歩み寄りはじめたとき
決して交わることのなかった
2人の人生が少しずつ交差し始めるのです。

 

恋愛に不器用な侯爵と純粋な愛情の中で育った
ライラとの小さな恋の物語。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃を試し読みしてみる

 

サイト内より【おじさま侯爵は恋するお年頃】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

おじさま侯爵は恋するお年頃の感想は?

 

年齢を重ねる中で経験することは
決して楽しい事ばかりではありません。

 

もしかしたら恋愛に関しては
辛い事の経験の方が多いのかもしれない。

 

そんな傷を抱えた公爵の心に真っ直ぐに飛び込んでくるライラ。

 

しかし相手は20歳近くも年が離れた女の子。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃
おじさま侯爵は恋するお年頃

 

私もこんなに年齢差がある相手との恋愛を
もし始めたらと想像してみると自分の気持ちが愛情なのか
それとも教育者のようになってしまうのではないか・・・。

 

あるいは相手の気持ちをどこまで信じることが出来るのか
という部分でとても悩むのではないかと思いました。

 

本作は優しい2人が相手のことを大切に思いながら
それぞれの葛藤を抱えて成長していくようなお話です。

 

恋愛に年齢なんて関係がないのかもしれないと
思わされた作品でした。

 

おじさま侯爵は恋するお年頃を読んでみるならこちら

 

サイト内より【おじさま侯爵は恋するお年頃】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。