さんかく窓の外側は夜のネタバレと感想!試し読みやあらすじも


この記事は約 7 分で読めます。



ヤマシタトモコ先生の作品のさんかく窓の外側は夜。

 

アルバイト店員・三角は昔から霊媒体質に悩まされていて
そんな彼がある日出会ったのは除霊師である冷川。

 

最初は胡散臭いと思っていたものの
彼に魂に触れられるとたまらなく気持ちよくて・・・。

 

奇妙な凸凹コンビが、様々な怪異を解決していきます。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【さんかく窓の外側は夜】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さんかく窓の外側は夜を無料で立ち読み

 

さんかく窓の外側は夜のあらすじは?

 

とある書店で働くアルバイト店員・三角。

 

勤務態度は良好、一見至って平凡な彼ですが
実は誰にも言えない悩みを抱えていました。

 

彼の眼には所謂この世のものではないものの姿が
異様なほどはっきりと見えてしまうのです。

 

それらは眼鏡をはずしてもはっきりと視認できるため
本来彼は視力が悪いものの幽霊なのか人間なのかを見極めるため
事あるごとに眼鏡をかけたり外したりを繰り返しています。

 

そんな三角にある日、唐突に声をかけてくる人物がいて
突然三角の肩を掴みこれは運命の出会いだと笑うその男。

 

わけがわからないまま彼の手により三角は全身に
凄まじい衝撃を受けることになります。

 

さんかく窓の外側は夜
さんかく窓の外側は夜

 

しかしそれは痛みではなく気絶するほどの気持ちよさ。

 

男こと冷川の正体は除霊師。

 

彼は霊感の強い三角の魂に直接触れそれをブースターにして
店にいついていた霊を除霊したというのです。

 

最初はインチキだとその話に耳を向けなかった三角ですが
冷川のこの言葉になにも言えなくなります。

 

「君は今まで自分が見てきたものを否定するのか」

 

さらに癪なことに彼に触られると
気持ちよさを感じることは紛れもない事実でした。

 

助手が欲しいという冷川。

 

最初はそれを拒否する三角ですが結局半ば強引に
事件に引っ張り出されてしまうこととなります。

 

さんかく窓の外側は夜を読んでみる

 

サイト内より【さんかく窓の外側は夜】と検索。

 

さんかく窓の外側は夜のネタバレとその後の展開は?

 

半ば強引に助手として冷川の仕事現場に
引っ張り出されることになってしまった三角。

 

報酬の三分の一を渡す、そしてまたきっと
気絶するほど気持ちいいはずだと唆され
2人はいわゆる事故物件へと向かいます。

 

部屋に入った瞬間、一目でわかるほどはっきり存在をできる幽霊に
三角は慌てふためきますが冷川は本当に君はすごいとご満悦です。

 

しかし彼は目を背けることをしません。

 

見えるものを見ない方が怖い・・・
それが三角の言い分でした。

 

三角のその言葉に本当に君は最高だと冷川は笑いながら
あっさりと除霊を成功させます。

 

結局、多額の報酬とそして人としては色々と問題がある
冷川に引きずられるような形で三角は
週に3回彼の元で仕事を手伝うことになります。

 

さんかく窓の外側は夜
さんかく窓の外側は夜

 

最初こそ他愛のない事故物件の除霊などでしたが
ある日、警察が追っている
バラバラ殺人事件に関する依頼が舞い降りてきます。

 

除霊は関係ないじゃんと訴える三角でしたが
失せ物探しをして警察に恩を売っておくのもいいのだと
2人は捜査に乗り出します。

 

そこで新たに2人が感覚を共有したことで
2人は霊のとある怨嗟を聞きます。

 

「非浦英莉可」に騙された・・・
その言葉が意味することとは――・・・。

 

胡散臭い占い師の迎や幽霊が口にした
非浦英莉可の2人も巻き込みながら三角は冷川の
凸凹コンビは今日も怪奇を解決していきます。

 

さんかく窓の外側は夜を試し読みしてみる

 

サイト内より【さんかく窓の外側は夜】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

さんかく窓の外側は夜の感想は?

 

リブレから発行されているということで
BL漫画なのだろうと思って読み始めましたが
ギリギリBLなようなそうでないような・・・
という感じの内容でした。

 

少なくとも女性向けではありますが
テーマや内容が独特なため
一概にはBLとは言い難い気がします。

 

実際冷川と三角はそういった関係ではないですし・・・。

 

怪奇系、幽霊系の作品ということは知っていたんですが
これだけ本格テイストな漫画とは思いませんでした。

 

1巻の半分くらいは本当に凸凹コンビによる除霊もの・・・
という感じだったんですが
段々とホラーやミステリー要素が強くなってきます。

 

グロい感じなんかはないですが
いわゆるジャパニーズホラーにありがちな
じんわりくる怖さがあります。

 

さんかく窓の外側は夜
さんかく窓の外側は夜

 

コミカルなシーンも多いですし
続きが気になって読み進めてはしまうんですが
後からじわじわ怖くなってくる感じです。

 

霊媒体質ではあるもののごく平凡な価値観を持っている三角が
人間としては色々と破綻している冷川と関わってどうなっていくのか
その辺りの人間模様からも目が離せません。

 

周りの人はこぞって冷川と関わるのを
やめろと言ってくるんですよね・・・
そして読み手からするとその言い分もすごくわかります。

 

完結はしていませんがまだ4巻までしか出ていないので
今から読めばすぐに追いつけるかと思います。

 

さんかく窓の外側は夜を読んでみるならこちら

 

サイト内より【さんかく窓の外側は夜】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。