ウロボロス(漫画)のネタバレと感想に最終回!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 7 分で読めます。



神崎裕也先生の作品のウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―。

 

15年前の朝、二人の少年にとって
この世で一番大切な人が殺されました。

 

逃げていく犯人の後姿を見ていた二人。

 

しかしその証言は金色の腕時計をした
刑事によってもみ消されることに。

 

そして数年後、二人の少年は法の番人と
闇の住人になっていました。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ウロボロス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ウロボロスを無料で立ち読み

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―のあらすじは?

 

15年前のあるの日の朝、二人の少年にとって
この世で一番大切な人が殺されました。

 

逃げていく犯人の後姿を見ていた竜崎イクオと段野竜哉の二人
しかし彼らの証言を強引にもみ消した存在がいました。

 

それは本来彼らを守り彼らの大切な人を殺した
犯人を捕まえるべき刑事でした。

 

金色の時計をしたその刑事をそして恩人である
結子先生を殺した犯人を捜すため二人の少年は
それぞれ別の形で成り上がることに決めました。

 

警察と極道・・・片や法の番人、片や闇の住人。

 

本来交わることのない二人は秘密裏に協力しながら
二匹の龍は悪を裁き続けます。

 

普段は明るく能天気な雰囲気のイクオですが
時折暗く刑事というよりはむしろ
人殺しのようだと言われるような眼をします。

 

しかしやり方はどうあれ根底は善人であり日々多くの犯罪者を
竜哉に情報をリークしてもらいながら検挙し続けます。

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―
ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―

 

ですが彼の真の目的である15年前の事件に関する資料は
警察署のどこにも見つかりません。

 

恐らくあの事件を隠匿した誰かが警察組織内にいる・・・
二人がそう確信したのは四谷北署の刑事・石森の言葉でした。

 

覚せい剤絡みの事件に噛んでいたこの男は
警察が事件化をしなければどんな事件でも罰されない
マスコミが伝える警察官の不祥事など
ほんの氷山の一角だと告げます。

 

結局、二人によって裁かれることとなった石森は
死の直前に事件を隠匿した刑事は
「金時計組」と呼ばれるキャリアの中のキャリア。

 

今は警察庁の大幹部になっているだろうと言い残します。

 

ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリを読んでみる

 

サイト内より【ウロボロス】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―のネタバレとその後の展開は?

 

「金時計組」という情報を掴んだイクオと竜哉。

 

その存在が警察庁中枢の大幹部かもしれないと知ったイクオは
さらに事件を上げて警察の中枢に近づくことを決意します。

 

その後もイクオは順調に事件を検挙しますが徐々に
その検挙率や情報の掴み方を疑わしく思うものが出てきます。

 

普段のおちゃらけた態度からあくまで「運がいい」
ということでまかり通しているイクオですが
一見するとヘタレで根性なしに見える彼の検挙率がトップなことに
疑ったり心配をしたりする一部の警察関係者。

 

そんな中でも着実に手柄を上げていくイクオでしたが
一方で竜哉もまた15年前の事件の
実行犯の一人の情報を掴みかけていました。

 

しかしその情報をリークしてくれるはずだった相手が
何者かによって殺されてしまいます。

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―
ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―

 

内臓を引きずり出されそれでも竜哉の前に現れたその男は
15年前からの事件からは手を引いた方がいい
化け物に殺されると竜哉に告げて息を引き取ります。

 

しかしそれは本の序章にすぎず
彼が15年前の事件の調査を依頼していた人物が
その後も次々と殺されていきます。

 

そして彼らが掴んでいたはずの実行犯の情報も
同時に見事なまでに消されていたのです。

 

同じころイクオが追っていたホームレス連続殺人事件の捜査本部も
事件未解決のまま突如解散をすることになります。

 

消えた実行犯の情報、隠匿される事件
そしてそこに関わる一人のホームレスの男・・・。

 

二匹の龍がそれぞれ追っていた事件が少しずつ
交わろうとしていました。

 

ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリを試し読みしてみる

 

サイト内より【ウロボロス】と検索。

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―の感想は?

 

数年前にドラマ化されていたものの原作になります。

 

ちょっと独特の絵ですが不思議と
引き込まれるような魅力と色気があります。

 

とくに竜哉の美しさときたら。

 

自分たちの恩師を殺した実行犯
そしてその事件を隠匿した警察にそれぞれ復讐するべく
表と裏の世界で奮闘する二匹の龍。

 

設定自体はそこまで目新しい雰囲気はないんですが
とにかく巧みに張り巡らされた伏線と
近づいては遠ざかっていく真実にドキドキが止まらず
どんどん次の巻に手が伸びてしまいます。

 

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―
ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―

 

実写化された際、イクオを演じた生田斗真さんが
原作を非常に高評価していましたがそれも納得です。

 

正直復讐もので全24巻はちょっと長いのでは?
と思っていたのですがそんなことは全くなく
最後まで衰えることのない勢いと怒涛の展開で
飽きずに読むことができました。

 

警察の内部のことが描かれている漫画で
ややこしい点もありますが
きちんと作中で説明してくれます。

 

内容自体は重たいんですがイクオと竜哉の絆はどこまでも綺麗で
そのあたりのバランスがまたなんとも言えない作品でした。

 

ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ウロボロス】と検索。

 

彼と彼女は××できない 学園の地下室には制服処女が飼われている。