蜜夜婚 付喪神の嫁御寮のネタバレと感想!試し読みやあらすじも


この記事は約 6 分で読めます。



大海とむ先生の作品の蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~。

 

お前は俺の嫁になると幼い頃にみた夢か
おぼろげな記憶の中で交わしたと思っていた約束は
本当に交わした約束だった。

 

しかも相手はこの世のものじゃない?

 

物の怪に嫁ぐことになった翠の運命は一体どうなる――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【蜜夜婚】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~を無料で立ち読み

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~のあらすじは?

 

大人しくて誰の記憶にも残らないそれは家族にもしかり。

 

見た目も大人しく人との関わりを避けてきた翠は
ある秘密を抱えていました。

 

それはこの世のものではないものや人ではないものを
見たり聞いたりすることができること。

 

幼い頃は本当の人間とそうでないものの区別が
うまくついていなかった翠は周りからおかしな目で
見られることを避けるために心を閉ざして過ごしてきました。

 

なるべく無表情になるべく人と関わらないように・・・。

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~
蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~

 

一方、翠の妹である朱莉は翠とは対照的のタイプでした。

 

華やかな顔立ちに社交的な性格、優しい性格で
友達も家族でさえも翠よりも朱莉を優先します。

 

実家での居場所をなくしていた翠が唯一
一息つけるのは翠の特異体質を理解している
琥珀堂という古物屋の店主の前だけ。

 

琥珀堂には古いものがたくさんあり
多くの付喪神が集まっています。

 

翠が琥珀堂の裏を見に行くとそこにいたのはある強力な付喪神でした。

 

しかも彼は穢れで消えそうになっていて
消えそうな彼を助けるために必要なのは翠の純潔?!

 

嫁入りを求められた翠は一体どうなってしまうの――?

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~を読んでみる

 

サイト内より【みつよこん】と検索。

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~のネタバレとその後の展開は?

 

翠が嫁入りしたのは神体としても扱われるほどの
徳高い弓の付喪神・白銀でした。

 

白銀はあることが原因で多くの穢れを背負ってしまっており
穢れを祓わないことには消えてしまうのです。

 

そのために翠がどうしても必要だと・・・。

 

幼い頃に翠と出会った白銀は翠に触れられただけで
多くの穢れが祓われた経験があり
いつか翠を嫁にもらうと誓ったのでした。

 

そう、翠のおぼろげな記憶の中にあった約束は
本当に交わした約束だったのです。

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~
蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~

 

穢れを祓うために必要なのは処女の純潔。

 

夫婦としての契りを結ぶことで白銀を救うことができる。

 

人目を避け人と交わることが無かった翠は
自分が誰かの役に立つのならと
物の怪との結婚を決意することとなり――?!

 

物の怪と人の不器用な恋は今始まったばかり!

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~を試し読みしてみる

 

サイト内より【蜜夜婚】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~の感想は?

 

穢れを祓うだけの存在として求められただけと
そう割り切り嫁入りを決意したはずの翠でした。

 

しかしさりげなく翠を思ってくれる優しさや
自分を愛おしいと言ってくれる眼差し
翠が傷付かないように配慮してくれる力強い腕。

 

その1つ1つが愛しくて物の怪であると
わかっていても惹かれてしまうその心が手に取るように
伝わってくるような作品でした。

 

美女と野獣を始めとして強引な男性に求められ女性が
何らかの制約の中で仕方がなくその思いに応じる形で始まる恋は
多くの作品で一つのモチーフとして取り上げられてきました。

 

最初は形式上の恋人関係であったり夫婦関係であったのが
一緒に時間を過ごすうちに
誰も知らなかった相手の魅力に気が付いていく。

 

そして段々と心を通わせるようになり
次第には形式上だった愛の形が本当に心を
相手と通わせることが出来るようになる。

 

この作品はそんな展開の作品の
まさに王道を貫いているのだと思います。

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~
蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~

 

誰もが一度は憧れるこの展開に
引き込まれる人は多いのではないでしょうか?

 

それまで周りの世界から誤解されてきた2人がそれぞれと
関わり合うことで周りとも上手くなじんでいく。

 

やはり人は人との関わりの中で成長していくんだなと
いうことを改めて感じさせられました。

 

しかし白銀がかっこいい!

 

こんな不器用で力強くて官能的で素敵な包容力で包まれたいと
作品を読みながらついにやけてしまいます。

 

高い画力と相まって大人女子の空想を
掻き立ててくれるような素敵な作品です。

 

蜜夜婚~付喪神の嫁御寮~を読んでみるならこちら

 

サイト内より【みつよこん】と検索。

 

食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。