聖☆おにいさんのネタバレと感想!ドラマの原作の無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



中村光先生の作品の聖☆おにいさん。

 

目覚めた人、ブッダ
神の子、イエス・キリスト。

 

世界中で知らない人はいないであろう聖人ですが
その二人が東京・立川でシェアハウス?!

 

世紀末を乗り越えた二人は現在、下界でバカンス中!

 

大人気、ゆるゆる聖人コメディ!!

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【聖☆おにいさん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

聖☆おにいさんを無料で立ち読み

 

聖☆おにいさんのあらすじは?

 

ブッダとイエスは怒涛の世紀末を乗り越え
下界・東京立川で長期バカンス中。

 

イエスがコンビニへ行ったら女子高生に
ジョニー・デップに似ていると言われてしまい
本人は21世紀にしてモテ期到来の予感に
まんざらでもない様子。

 

そんな姿を見て、ブッダも外に出ますが・・・。

 

聖☆おにいさん
聖☆おにいさん

 

30分後、近所の小学生に白毫を超押されて戻ってきましたが
本人も悟りを開いてから知る弱点にビックリ。

 

そしてコンビニでは女子高生に
あの人超ブッダっぽいと言われたのでした。

 

聖☆おにいさんを読んでみる

 

サイト内より【聖☆おにいさん】と検索。

 

聖☆おにいさんのネタバレとその後の展開は?

 

駅で電車を待っていたブッダとイエス。

 

しかし立っていたのは電車のドアが開かないところで
二人の後ろに乗客が並んでしまい申し訳なさそう・・・。

 

それでもバカンスを楽しむべく
『るるぶ』を見てやってきたのは浅草。

 

イエスが揚げ饅頭を食べてみたかったのが理由。

 

しかしブッダにはものすごくしっくりくる場所で
本人曰く巣鴨にヨン様を放つようなもの。

 

そんな心配をするブッダにただのパンチパーマの
おにいさんにしか見えないと言い放つイエス。

 

浅草へ行かずに待っているというブッダに
声をかけてきたのは観光客の外国人。

 

写真を撮らせてくれという観光客に覚悟を決めて
ポーズを決めるもダメ出しされて
とったポーズは忍者のポーズ・・・。

 

ブッダ、仏教とは関係なくアジアで一括りにされてしまいました。

 

聖☆おにいさん
聖☆おにいさん

 

結局、変装用(?)に帽子を買いイエスと一緒に
浅草観光をすることにしたブッダ。

 

イエスも何か思い出が欲しいと辺りを見回すと
目に入ってきたのは・・・外国人御用達(?)の新撰組セットで
イエスの心を見事打ち抜きお買い上げ。

 

しかしブッダが買ってほしかったものはあとあと使える物で
怒りのあまり光を放ち始めるブッダ。

 

明後日には家賃を入れねばならないのに
新撰組セットのお値段は8000円。

 

本気で怒りかけるブッダに対し
パジャマにするつもりだからと言い訳をするイエス。

 

日常に日本文化を取り入れたいと更に言いつのり
ブッダの怒りを収束させることに成功します。

 

――そう、ブッダは怒らせると怖いのです。

 

観光を存分に楽しみ帰宅する二人が乗った電車は通勤快速で
終電のため酔っぱらったサラリーマンたちで満員です。

 

イエスもブッダもそれぞれ酔っ払いにからまれてしまいます。

 

イエスは無事に立川で降りることに成功しましたが
なんとブッダは耳たぶをつり革と間違えられ降りられない状態に・・・。

 

そしてブッダを乗せたまま無常にも閉まる電車のドア。

 

結局、ブッダは始発までマンガ喫茶で時間を潰すことになり
そのマンガ喫茶で読んだ『ブッダ』(手塚治虫作)に
超感動しその日のうちに全巻衝動買いしてしまい
落ち込んでしまったのでした・・・。

 

聖☆おにいさんを試し読みしてみる

 

サイト内より【聖☆おにいさん】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

聖☆おにいさんの感想は?

 

二人の両極端のキャラクターが面白い作品です。

 

しっかり者のブッダと欲しいものはガンガン買おうとするイエスは
一見するとお母さんと息子にも見えてしまいます。

 

もちろんこの二人以外にも天界の神たちが出てきます。

 

イエスの天国サイド、ブッダの極楽サイド
どちらの登場人物も斜め上をいくキャラクターたちです。

 

聖☆おにいさん
聖☆おにいさん

 

個人的にはマイペースかつアクが強い(?!)
ブッダサイドの天部たちがお気に入りですが
イエスサイドも自由人たちが多くて面白いですよ。

 

そして彼らの天敵(ライバル?)でもある
マーラやサタンもなぜかかわいい・・・。

 

宗教観がゆるい日本だからこそ許されるのではないか?
とすら思ってしまうほど好き勝手しているこの作品。(笑)

 

本当に面白いので未読の方はぜひ読んでみてください
一気に読んでしまうこと間違いなしです。

 

聖☆おにいさんを読んでみるならこちら

 

サイト内より【聖☆おにいさん】と検索。

 

食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。