BLOOD-Cのネタバレと感想に小夜の正体とは?映画の原作を無料試し読み


この記事は約 6 分で読めます。



超有名漫画家集団CLAMP先生の作品を
琴音らんまる先生が漫画化した話題作。

 

湖のほとりにある風光明美なその町は
古より湖信仰がある静かな土地。

 

ところが突如「古きもの」と呼ばれる怪物があらわれると
町の人々を襲い喰らい始めるのでした。

 

人々を守るため御神刀を手にたった独りで
「古きもの」を倒す務めを果たす神社の巫女・小夜。

 

「古きもの」とは?
大切な約束、そして唯一彼らと戦える小夜の正体とは?

 

大切だった人々が無残にも殺され続ける中
小夜の前にはどこまでも残酷な運命が待ち受けるのでした。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【BLOOD-C】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

BLOOD-Cを無料で立ち読み

 

BLOOD-Cのあらすじ!古きものと戦う女子高生の巫女・小夜

 

それは古くから湖への信仰を持つ風光明美な町が舞台。

 

湖のほとりにある浮島地区の「浮島神社」には
神主の父親と巫女を務める娘
衣更小夜の2人が暮らしていました。

 

小夜は私立三荊学園に通う高校2年生で
背が高くスポーツ万能。

 

そのうえ美人でスタイルも良い反面
どこか浮世離れした雰囲気を併せ持つ
少々ドジでおっとりとした少女です。

 

そんな彼女は大好きな父親とやさしい友人らに囲まれながら
楽しくも「普通」の学園生活を過ごしていました。

 

しかしそんな小夜には一つだけ大事な「務め」があったのです。

 

BLOOD-C
BLOOD-C

 

古よりこの土地に棲み強大な体と力を用いて
罪も無い人々を襲う「古きもの」と呼ばれる化物たち。

 

これらに唯一対抗できるのが浮島神社で伝わる「御神刀」であり
それを使い彼らを倒すことが小夜に課せられた務めだったのです。

 

強力な力を持つ「古きもの」らに苦戦し
幾度と無く傷付く小夜でしたがその傷は人とは思えぬ
驚異的な回復力で治癒されてゆきました。

 

さらには怒りに我を忘れると同時に小夜の瞳は異形のように赤くなり
その身体能力や攻撃力は遥かに上昇し遂には敵である
「古きもの」の弱点さえ見抜けるようにもなってしまうのです。

 

大切な友を守るため大好きな父親のために
恐ろしくも残虐な「古きもの」たちと
ひとり孤独に戦い続ける小夜。

 

すべての真実を知った時
それは新たな戦いの始まりでもあるのでした。

 

BLOOD-Cを読んでみる

 

サイト内より【BLOOD-C】と検索。

 

BLOOD-Cのネタバレ!小夜の正体と仕組まれた日常

 

本作はアニメ作品を全4巻でコミカライズしていますが
実はTV版は1~3巻までで
4巻ではその後を描いた劇場版仕様となっています。

 

また残虐シーンが多いと大変話題にもなった
アニメ作品のコミカライズですので
作中でもそうした表現が多いのでご注意下さい。

 

恐ろしい姿と力を持つ「古きもの」と対等に戦い
さらには傷付いても驚異的な回復力で
自身の体を治してしまう小夜。

 

実は少女の姿をしている彼女は「人」ではなく
「古きもの」たちの血肉を喰らう
古きものの「上位種」だったのです。

 

そのため頭部を半分欠損する致命傷を負いながらも
その傷は跡形もなく再生してしまいます。

 

BLOOD-C
BLOOD-C

 

さらに「人」ではないため“更衣小夜”という名も偽名であり
大好きな父親や亡くなった母親の記憶も全て偽りのものだったのです。

 

小夜が暮らす街の住人はその殆どが小夜にまつわる
とある計画により集められた人々でした。

 

学校の友人もやさしい知人、そして「古きもの」に襲われ
殺されたと思った人々も全てが嘘と偽りで構築された
シナリオを担うだけの存在だったのです。

 

そして小夜へと偽の記憶を植え付けた人物こそが
この物語の黒幕でありこの大掛かりな
虚構の世界を作り上げた人物でした。

 

この人物の正体とともに“彼”の目的と物語の行方
そして小夜の最後の戦いを是非ともコミックスで見届けて下さい。

 

BLOOD-Cを試し読みしてみる

 

サイト内より【BLOOD-C】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

BLOOD-Cの感想!連綿と紡がれ続ける物語

 

この『BLOOD-C』はアニメやコミックスで描かれ続ける
『BLOOD』シリーズのひとつです。

 

シリーズを通して「小夜」という名を持つ
少女が主人公となり
彼女を中心に物語は紡がれてきました。

 

ですがこの『BLOOD-C』は今までとは少し違い
和風テイストが練りこまれた怪奇アクションに
そして小夜の存在や記憶を巡る物語となっています。

 

それは一概に人気漫画チームCLAMP先生による
キャラクターデザインやシナリオに係わったことで
新しい形の『BLOOD』や今までとは違った
「小夜」が生まれたのかもしれません。

 

BLOOD-C
BLOOD-C

 

現実感のない日常生活や違和感
そして正体不明の「古きもの」の存在は
この物語に幾つもの伏線を投げ掛けてくれます。

 

そしてそれらは様々な場面で見事などんでん返しを見せてくれ
それらの出来事に直面する小夜の目を通して
読んでいる私たちにも大きな衝撃を与えてくれるはずです。

 

最初は怪奇アクションであったのに徐々にサスペンス的要素や
推理小説にも似た感覚を覚える『BLOOD-C』。

 

物語の奥に隠された真実を小夜とともに見つけて下さい。

 

BLOOD-Cを読んでみるならこちら

 

サイト内より【BLOOD-C】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。