ベロニカのネタバレと結末に感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 12 分で読めます。



加納康雄先生の作品のベロニカ。

 

ある日、突然アラタを襲った悲劇により
都市伝説と言われていたベロニカに関わることに。

 

ベロニカは関わった人を死へ誘う死神で
アラタは死神を追うことになるのですが・・・。

 

アラタを襲った悲劇の真相とは――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ベロニカ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ベロニカを無料で立ち読み

 

ベロニカのあらすじは?

 

清純派アイドルと青年実業家との
不倫をスクープしそのお祝いをした3人。

 

神木アラタと松山シュンそして花村カオリは
同じ施設で育った同い年。

 

トップ記事を取ったことや最近よくやってることから
ある頼みがうまく行けばそのお手柄として
正社員の話も取り付けてくれるとのこと。

 

その頼みというのは都市の死神
ベロニカの真相に迫ること――。

 

都市伝説的なサイトがありそのサイトに
恨みを書き込めば死神が
恨みを晴らしてくれるというもの。

 

ただしベロニカの真相に迫る者は
消されるという話もあり・・・。

 

それでも正社員になるために
なんでもやってやると言うアラタ。

 

次のお店に行くぞと乗り気なアラタでしたが
カオリは次の日が早いから先に帰ると
朝帰りしても許すと言うのです。

 

そう、カオリとアラタは3年くらい付き合っていて
1年ほど同棲もしていたのです。

 

正社員になったらカオリにプロポーズをしようと
意気込む感じのアラタでしたが・・・。

 

アラタの携帯に知らない番号から
着信がありました。

 

それは病院からでカオリが
何者かに襲われたというのです。

 

病院に行ってみるとひどい姿のカオリが・・・。

 

犯人はまだわかっていないとのことで
犯人に繋がる情報を警察に求めるアラタでしたが
捜査上の都合で教えてもらえません・・・。

 

やっと実力が実って
幸せにしてやるはずだったのにと
犯人を見つけてこの手で
ブッ殺してやると言うアラタ・・・。

 

アラタは犯罪データなどを洗ったりしましたが
何も手がかりを見つけることができず
どんな方法でもいいから犯人を見つけたいと
そう思ったとき思い出したのがあのサイト・・・。

 

サイトに恨みを書き込めば死神が
恨みを晴らしてくれる――・・・。

 

アラタはそのサイトに書き込みをしたのです。

 

そしてそのすぐ後に1本の電話が。

 

こんな時間になぜ電話がと思いながら出ると
それはベロニカからの電話で指定された場所に行くと
1人の女が現れたのでした。

 

その女こそがベロニカ本人でベロニカは
恨みを晴らしてというアラタに1億円を要求。

 

1億円が払えないならそれに見合う
対価を要求するのです。

 

アラタは1億円の代わりになるモノなんてと
一度は諦めようとしますがカオリのことを思い出し
自分の命を差し出すのでした。

 

しかしベロニカにとってアラタの命は
1円の価値もないと言います。

 

ですが彼女をそこまで想う男というのも
嫌いじゃないと特別に誰が犯人なのか
教えてくれると名前を教えてくれたのでした。

 

犯人の手掛かりをつかみ犯人に近づくアラタ。

 

犯人に襲い掛かろうとしたそのとき
トラックが犯人を引き殺したのです。

 

そしてあのベロニカが現れ願いは叶えられたと・・・。

 

更にはこれでアラタの命は
自分のモノだと言うベロニカ・・・。

 

そして死神に取り憑かれたが最期
契約をはたすまでは
決して逃げられないと言われ――・・・。

 

契約を終わらせるためにアラタが
ベロニカに出されたものとは・・・。

 

ベロニカを読んでみる

 

サイト内より【ベロニカ】と検索。

 

ベロニカのネタバレとその後の展開は?

 

カオリを襲った犯人だと言われた男は
アラタの目の前で亡くなり本当にその男が
犯人だったのかそしてベロニカは
何をさせようとしているのかと怖くなるアラタ。

 

カオリの眠る病室でそう考えていると
シュンがやってきました。

 

シュンもどこの誰が何があろうと犯人は
絶対に許してはおけないと言い
自分にも力になれることがあるなら
何でも言ってくれと言うのです。

 

するとアラタの携帯に非通知の着信が――。

 

まさかと思いながらトイレに行き
電話を出てみるとそれはやはりベロニカ。

 

そしてベロニカはカオリを襲った犯人の裏に
それを指示した男がいたらどうするかと
アラタに言い始めたのです。

 

そしてアラタの携帯にその男の
写真をメールしました。

 

その男は別の仕事と一緒とのことで
1億の対価として今日中にその男を
殺してもらうと――・・・。

 

その男とはアラタの親友であるシュン。

 

そんなことするはずがないと言いますが
ベロニカハ親友同士で憎しみ殺し合うのが
楽しみだと言い更にはプレゼントだと
包丁を渡したのでした。

 

別の仕事ということでシュンが誰かに
恨まれるようなことをしているのかと疑い
ベロニカが自分たちを弄んでいるだけと
そう思おうとしたアラタ。

 

しかしトイレにやってきたシュンの
鏡に映る顔はいつものシュンではなく・・・。

 

そんな中、警察がやってきて容疑者の男が
亡くなったと写真を見せるのですが
それはやはりあの亡くなった男・・・。

 

ベロニカの言っていることは本当なのか・・・
だとしたらそれを指示したのは・・・。

 

そう思ったときあのシュンの顔を思い出し
病院から走り去ったアラタ。

 

警察は当然アラタを怪しみ追いますが
アラタの前に現れたのはシュン。

 

そしてシュンは自分にカオリを
譲ってくれないかと申し出たのです。

 

ずっと誰よりもカオリを見ていたのに
こんなにも愛していたのに自分を見てくれないと
リセットしてあげたと言い出すシュン。

 

壊れたカオリと自分による
新たなる世界の始まりだと言うシュンに
アラタはベロニカに用意された包丁を
シュンに向けるのですが――。

 

アラタはどんなにシュンがおかしくなっても
それでも一生の絆を信じていると伝え
殺すことはしなかったのでした。

 

ベロニカのいいなりになってたまるかと
そう言うアラタでしたがベロニカの名前を聞き
シュンの様子がおかしくなっていきます。

 

あの女に近づいてはいけないんだと・・・。

 

そして正気を取り戻したシュンでしたが
すまなかったとだけ伝えアラタの持つ
包丁に自分から刺されに行くのでした――・・・。

 

シュンもベロニカのことを知っていた
はたしてシュンもベロニカの被害者なのだろうか・・・。

 

ベロニカを試し読みしてみる

 

サイト内より【ベロニカ】と検索。

 

BookLive

 

ベロニカの気になる結末は?

 

シュンが死んだことでベロニカとの
契約は完了し自由になったものの
警察に追われることになったアラタ。

 

それでも親友の身になにが起きたのか知るため
地の果てまでも追い詰めてやると
ベロニカの居場所を突き止めることを決め
手がかりを見つけるためシュンの部屋に。

 

そこはいつからこんな部屋になったのか
部屋中にカオリの写真が貼ってありました。

 

さらにはカオリのDVDなども・・・。

 

そしてシュンにこんな趣味があったのかと
そう思ってしまうようなウサギのぬいぐるみも。

 

そのぬいぐるみに隠されていた手帳を見つけ
ベロニカを追っていくことになるのですが
ウサギのぬいぐるみに隠してあること自体に
意味があることに気が付いたのです。

 

そう、アラタたちがいた児童養護施設の
寮章がウサギでそれはアラタたちしか
わからないメッセージでした。

 

そして自分たちしか知らない秘密の場所にある
タイムカプセルからあるリストを見つけるのです。

 

そのリストに載っていた男の子たちは
すべて行方不明になった者たち。

 

このリストの真相を知ったことでシュンは
ベロニカに狙われたということなのかと
アラタはその真相を探るのです。

 

そして知った真実――・・・。

 

代議士の秘書として就いだシュンはある日
その代議士に重大な仕事を任されました。

 

決して口外しないと約束され・・・。

 

秘密を共有する者同士のここでの会話が
国を動かすこともあるのだと
ヒミツの花園に踏み入れる羽目に。

 

醜悪な秘密を知ってしまったシュンは
死を恐れずそれを告発しようとしたため
死神であるベロニカに依頼が・・・。

 

シュンはベロニカによって理性を狂わされ
親友の恋人を襲わせることとなったのです。

 

ついにベロニカを追い詰めたアラタ。

 

しかし炎の中、ベロニカは逃げ
アラタはそれを追い――。

 

ベロニカを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ベロニカ】と検索。

 

ベロニカの感想は?

 

死神・ベロニカの真相を掴めば正社員になれ
彼女と結婚しようとしていたアラタ。

 

やっと幸せにできると思っていたところで
カオリに訪れた出来事・・・。

 

大切な人を傷つけられたことで
復讐を決めたアラタでしたが
それを裏で操っていたのは自分の親友。

 

様子のおかしいその親友はベロニカによって
理性を狂わされていたのです。

 

しかもベロニカのボスのような存在の
御大をベロニカは殺そうとしていました。

 

御大とベロニカの関係はほとんど
描かれてはいませんでしたが
警察の上層部とも繋がっていて・・・。

 

最後の最後までどうなるのかと
ハラハラしながら読ませてもらいました。

 

残念だったのがその後のアラタや
カオリのことが描かれていなかったこと。

 

私的にはその後の2人がどうなったのか
すごく知りたいところでもあります。

 

ですがベロニカによって御大たちは
倒された様子でした。

 

それにしてもベロニカはほんと死神という
名にふさわしい感じで人を操り
最後まで楽しませてもらいました。

 

ベロニカとアラタの戦いを
覗いてみてはいかがですか?

 

ベロニカを試し読みするならこちら

 

サイト内より【ベロニカ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態