巨蟲列島のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり

kyocyuretto

この記事は約 8 分で読めます。



藤見泰高先生・原作、RED ICE・作画の作品の巨蟲列島。
修学旅行へ向かう睦美達。

 

途中、何らかのハプニングによって飛行機が墜落した島は
巨大な蟲たちが住んでいた・・・?!

 

人間を捕食する蟲たちとの恐怖のサバイバルが今始まる・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【巨蟲列島】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

巨蟲列島を無料で立ち読み

 

巨蟲列島のあらすじは?

 

飛行機を操縦するパイロット。

 

副操縦士は前方に何かを見つけ機長に知らせようとしたその時・・・
飛行機はいきなり爆発し乗客達は外に放り出されてしまいました。

 

日差しの暑さで目が覚めた睦美は手元に完全防水のゴマ夫さん
(アザラシ型のリュック)が無いことに気づき飛び起きました。

 

ゴマ夫を見つけるとここが知らない場所だということに気づき
ふと前方に目を向けるとそこには飛行機の残骸が・・・。

 

修学旅行で乗っていた飛行機が墜落したようです。
恐怖で後ずさる睦美の手にある物が触れました。

 

それは手首までしか残っていない誰かの手で
悲鳴を上げ森の中へと走り出す睦美。

 

木の根にひっかかり倒れた睦美はばちばちと自分の頬を叩き
冷静さを失ったら生きて帰れないんだからと落ち着きを取り戻します。

 

そして今おかれている状況を整理し生き延びるために
とりあえず食料を確保することにしました。

 

エビカニのような味のするフジツボやカメノテを
岩から剥がそうとしていると後ろから誰かに声をかけられました。

 

声をかけてきたのはソフト部キャプテンの松岡歩美でした。

 

松岡は海岸沿いを1時間以上歩いて来たけど誰にも会わず
民家はあっても人は居なかったのだと話します。

 

睦美は救助が来るまでの最長で3日生き延びようと言います。

 

巨蟲列島
巨蟲列島

 

とりあえずまずは食料の確保が優先。

 

睦美では取ることが出来なかったフジツボやカメノテを
松岡が取り調理しようとしますが
松岡が見つけたライターは水に濡れていてつきません。

 

睦美は5円玉を使い水につけてレンズを作り火をつけました。

 

他にも睦美はサバイバルの知識を沢山持っているようで
非常食を作ったりハエの生態を良く知っていたり・・・。

 

お腹の膨れた松岡はお互いの呼び名を睦美とキャプテンに改めると
他に生存者がいないか島をもう一度探索に出かけました。

 

睦美はその場でベースキャンプを作ることになり
睦美は友人である千歳の身を案じながら
元の生活に戻れることを祈るのでした。

 

一方、森の中では生き残った他の同じ学校の仲間達が探索していました。

 

道の途中に自販機を見つけ柘植寛と甲斐和彦が
自販機を壊して中の飲み物を配ります。

 

白川美紀やアイドルの三浦真美、身体を使って
教師までも手玉にとる神野美鈴などが受けとる中
委員長だった千歳は受けとりません。

 

神野は千歳が知る限り最低の人物。

 

真美に無理やり言うことを聞かせようとしているのを見て
千歳は止めに入ります。

 

そんな揉めている時にワンダーホーゲル部で
この島の地図を作ろうとしている伊能愛が追いつきました。

 

自分の歩幅を使って地図を作る為に歩数を数えていたのです。

 

伊能にも突っかかる神野。

 

神野の言葉など気にしない伊能は茂みの中に用を足しに向かい
用を足しているとアゲハ蝶を見つけました。

 

「きゃぁぁぁぁ!」

 

急に悲鳴をあげる伊能。

 

それを聞いて駆けつけた千歳達が見たものは・・・?!

 

巨蟲列島を読んでみる

 

サイト内より【巨蟲列島】と検索。

 

BookLive

 

巨蟲列島のネタバレとその後の展開は?

 

千歳達が駆けつけた先には人間よりも巨大なアゲハ蝶の姿が・・・。

 

アゲハ蝶達は伊能に近づくとそのストロー状の口を近づけ
伊能の体に差し込み、みるみるうちに
伊能の体は水分を失っていき生き絶えました。

 

そして真美の元にも・・・それを見たオタクな小田は
真美を助けるために蝶に向かって走り出します。

 

標的を小田に変えた蝶達は小田に口を差し込み
小田もその餌食となってしまいました。

 

そこに悲鳴を聞きつけた睦美達が現れます。

 

睦美は蝶を見つけるとサイズは違うけれど
ミヤマカラスアゲハだと気づきました。

 

巨蟲列島
巨蟲列島

 

キャプテンはナイフで蝶に切りつけますが
ナイフの刃が折れてしまいます。

 

ナイフでも太刀打ちできずにあせるみんなを尻目に
睦美はスプレーとライターを使い蝶達の弱点である
羽と微毛を燃やしなんとか撃退することに成功。

 

あまりの事態に動揺するみんなは言い争いを始めます。

 

そこにババババババッとヘリらしき音が聞こえてきました。

 

救助が来たとみんなが騒ぐ中
千歳はその正体に気づき睦美を押しのけました。

 

その音の正体とは・・・人間よりも巨大化したジガバチ。

 

ジガバチは千歳の体を掴んで空高く舞い上がると
尻尾についた針で千歳を刺しそのまま
千歳を連れてどこかへ飛び去っていきました。

 

やっと出会えたはずだったのに連れ去られてしまった千歳。
果たして睦美は千歳を助け出すことができるのか・・・?!

 

巨蟲列島を試し読みしてみる

 

サイト内より【巨蟲列島】と検索。

 

巨蟲列島の感想は?

 

普段目にしている昆虫が人間サイズにまで巨大化した島・・・。

 

昆虫が人間サイズになったらこんなにも手強くて
こんなにも恐ろしいのかと実感させられるそんな作品です。

 

普段私達が目にしている昆虫は小さいから
そんなに恐怖の対象にならないというだけで同じサイズだったら・・・
もしこんなことが実際にあったらと考えるだけで背筋が寒くなります。

 

巨蟲列島
巨蟲列島

 

主人公である睦美は山や虫のことにとても詳しく
その知識があったからこそ助かる場面が多々あり
知識って大事だなぁ・・・と思わず考えてしまいました。

 

パニックホラー系の作品なのでグロテスクな表現がありますし
少々エロ要素もあります。

 

ですが虫についての知識は勉強になりますし内容もとても面白いで
そういったものが苦手でなければぜひ一度読んで頂きたい作品です。

 

巨蟲列島を読んでみるならこちら

 

サイト内より【巨蟲列島】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態