ツバキ(漫画)のネタバレや感想に結末は?無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。


押切蓮介先生の作品のツバキ。

 

山に生まれ棲むマタギの少女・椿鬼。

 

山の声を聴くことができる彼女は
人間たちの醜い所業が山を穢すたび
村田銃を手に彼らの前に姿を現します。

 

瞳に深い哀しみの色を湛えた彼女は
今日も人間たちの業を見つめています。

 

 イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク…

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ツバキ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ツバキを無料で立ち読み

 

ツバキのあらすじは?

 

山に生まれ棲むマタギの少女・椿鬼。

 

山の声を聴くことができる彼女は
人間たちの醜い所業が山を穢すたび
村田銃を手に彼らの前に姿を現します。

 

そんな椿鬼が訪れたのは
多くのコマタギを弟子に持つ隻腕の男でした。

 

かつては白蝶落としの喜十郎と呼ばれていたその男でしたが
腕を失って以来山への信仰心もなくなり
ただ弟子たちを好きに山で殺生させていました。

 

マタギとしての信仰を弟子たちに教えていない
殺生を楽しんでいるだけの子どもたちに憤りを感じる椿鬼。

 

しかし喜十郎は山は土と木
獣は獲物だと割り切っている様子です。

 

ツバキ
ツバキ

 

椿鬼はそのことに呆れながらも
コマタギの中で唯一の女である少女
ツツジのことを気にかけます。

 

女であるという理由だけでこれまで散々
馬鹿にされてきたのだというツツジ。

 

その気持ちは椿鬼もわかるところはありましたが
喜十郎と関わるのはよくないと助言します。

 

彼女は師を馬鹿にされたことに憤りますが
事実喜十郎は酒に溺れ
ツツジを1人の女として見ていました。

 

間一髪のところで椿鬼に助けられたツツジですが
彼女から山はそして女は命を生み出すものだと説かれ
結局マタギの道は諦めることに。

 

しかしツツジにそう説いた椿鬼は
女の身でありながら自分は
この道で生きて行かねばならないと
また新たな山へ向け旅立つのでした。

 

ツバキを読んでみる

 

サイト内より【ツバキ】と検索。

 

ツバキのネタバレとその後の展開は?

 

ある日、滝の下で椿鬼は1人の少女と出会います。

 

記憶を失っているカサネという少女は
母が泣いているビジョンだけがおぼろげに残っていますが
それ以外のことは思い出せません。

 

しかしやがて思い出したことは
彼女は自分が両親に見捨てられ
人身御供として滝に落とされたことでした。

 

実は既に彼女は死んでおり椿鬼は彼女を静かに
あの世へ送ってあげようとしていましたが
乱入者の登場により結局それもかないませんでした。

 

そうして彼女のことを救うという約束を果たすため
椿鬼はカサネに銃を向けます。

 

ツバキ
ツバキ

 

山の声を聴くことができる
強い彼女でしたがやはり1人の少女。

 

人が作った罠にかかり動けなくなってしまう
未熟さも持ち合わせています。

 

足を負傷し動けなくなった椿鬼は
小さな村の婆たちに助けられますが
彼女たちはみんな一様に
どこか不気味さを持ち合わせていました。

 

現にその村の実態は人を狩る恐ろしい村であり
そんな業に山が愛想をつかし御山の色も声も感じられない
神不在の地となった場所でした。

 

村で虐げられていた女たちの助けもあり
なんとかその村から脱出することに成功した椿鬼。

 

その女たちの背にも既に小さいながらも
業の炎が燻っていることに気付いている椿鬼は
ただその炎が他に飛び火しないことを祈りながら
次の場所へ旅を続けていくのでした。

 

ツバキを試し読みしてみる

 

サイト内より【ツバキ】と検索。

 

今夜、NOとは言わせない…外国人上司のケモノな本性

 

ツバキの感想は?

 

奇才・押切蓮介先生の猟奇系の作品ということで読んでみました。

 

「ハイスコアガール」はラブコメで
この作品はこの作品で面白いんですが
押切蓮介さんの真骨頂はやはりこういった
人間模様を痛烈に描いた作品だと思います。

 

「ミスミソウ」と似たような系統の作品と思いきや
こちらは少し話に救いがあるような、ないような・・・
世の理不尽さや人間の業などがありのまま描かれている作品。

 

なので勧善懲悪的な話で読み終わって
多少スッキリするものもありますが
どうしようもなく救いがない話もあります。

 

ツバキ
ツバキ

 

また絵柄は独特でグロ要素もかなり濃いので
この点だけは好き嫌いが別れるでしょうか。

 

山の神などの要素もでてくるので
ちょっとファンタジー要素もありますかね。

 

ただ椿鬼が物凄い異能力を持っているわけではないので
程よいハラハラ感もありつつ読むことができます。

 

全3巻で話自体はどれも1~2話完結の短編なので
話の濃厚さに反してあっという間によめてしまいます。

 

短いけれど読みごたえがある作品を読みたいのであれば
うってつけの作品ではないでしょうか。

 

ツバキを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ツバキ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
お前のおクチを塞(ふさ)がないとな?~彼に教わるMの品格~
 

動画配信だけじゃない!最新コミックも無料で楽しめる

 

動画配信で有名なU-NEXTやFOD(フジテレビオンデマンド)
そして音楽配信で知られているmusic.jpはとってもお得!

 

U-NEXT

FOD(フジテレビオンデマンド)

music.jp

 

声優が漫画を読んでくれるおもしろサービス

 

docomoユーザー以外でも利用ができ
格安で動画を楽しむことができるdTV。

 

そんなdTVでは話題の漫画を本物の声優さんが
読み上げてくれるムービーマンガの登場です。

 

dTV

お見合い相手は教え子、強気な、問題児。 今夜、NOとは言わせない…外国人上司のケモノな本性