繕い裁つ人(漫画)のネタバレと結末は?映画の原作の感想や試し読みもあり

tsukuroitatsuhito

この記事は約 8 分で読めます。



池辺葵先生の作品の繕い裁つ人。

 

町の小さな洋裁店の二代目である女性・市江。

 

彼女の服に惚れ込んだ青年・藤井は市江の服を
ブランド化しようと彼女にアピールを続けますが・・・。

 

祖母から受け継いだ南洋裁店で
彼女は今日も服と町の人々の想いを紡ぎます。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【>繕い裁つ人】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>繕い裁つ人を無料で立ち読み

 

繕い裁つ人のあらすじは?

 

南洋裁店の店主・南市江。

 

彼女の服は卸せば即日完売。

 

遠方からのオーダーもある人気っぷりですが
扱っている店は親友の洋服店一つだけ。

 

彼女の服を愛する百貨店勤務の青年・藤井は
市江の服をブランド化してネットショップで扱う案を出していますが
彼曰く「頑固じじい」である彼女はその提案をすげなく断る日々です。

 

彼女は祖母・志乃から店を引き継いでいる謂わば二代目でですが
自分の美しさを自覚している人に私の服は必要ない
着る人の顔が見えない洋服なんて作れないという
強い意思と信念をもって南洋裁店で服を作り続けています。

 

彼女の服を愛するが故にもっと多くの人に
知ってもらいたいと考える藤井は
何度も交渉のために市江の元を訪れます。

 

繕い裁つ人
繕い裁つ人

 

しかし彼女の人と密着した服作りや服飾に対する姿勢や
考えを目にするうちに藤井の考えも変わっていくことに。

 

結局企画からは手を引くことになりますが彼はその後も
事あるごとに市江の店へと足を運ぶようになります。

 

優れた技術を持つ市江でしたが二代目の
そして老舗の洋裁店特有の苦労もあります。

 

祖母の代から客層の世代交代ができておらず
ドレス関連はお直しばかりとなってしまっていたり
若い子からは古めかしいと言われてしまったり。

 

お直しばかりで物足りないのだろうと指摘する藤井ですが
祖母の信念である「お墓まで持って行ける服を作る」という
信念を全うすることも二打目の仕事なのだと市江は告げ
この日も遅くまでミシンへと向かいます。

 

繕い裁つ人を読んでみる

 

サイト内より【繕い裁つ人】と検索。

 

BookLive

 

繕い裁つ人のネタバレとその後の展開は?

 

南の服は着ているところが一番きれいなのに
そう藤井に漏らすのは大きめの体格であるため服は市江の店で
オーダーメイドで購入している学生のゆきでした。

 

その言葉に何かを思いついた藤井は数日後
祖母の代から南洋裁店が主催をしている夜会の光景を
彼女やその友人たちを見せます。

 

集まった自分の親や祖父母が纏う
美しく仕立てられたドレスを見た彼女たちは
自分たちにも洋服を作ってほしいと市江に頼みます。

 

そんな言葉を聞いた老人の一人がひと月すれば
服を捨ててしまうような者たちには南の洋服の良さはわからない
まだ早いと告げ周りもそれに賛同します。

 

しかし市江にとって最高の賞賛である言葉にもかかわらず
彼女の顔は浮かないものでした。

 

自分は未熟だが祖母のような仕立て屋でありたい。

 

市江は夜会に集まっていた人々の前でそう告げ
自分にドレスを作らせてほしいと頼みます。

 

藤井の助力もあり若者たちのドレスを仕立てることになった市江。

 

繕い裁つ人
繕い裁つ人

 

しかしその中の一人である直子は採寸の際に
やっぱり自分はドレスはいらないと帰ってしまいます。

 

あくる日、再び店へとやってきた彼女は自分ではなく
母親にドレスを作ってほしいと市江に頼みます。

 

町のクリーニング店で毎日働いている母親の姿を見ていた直子。

 

人々の服を綺麗にする仕事をしている母は
いつも古いブラウスにズボンという姿をしていました。

 

そんな母に華やかな格好をさせてあげたいという思いから
市江に母のドレスをオーダーする直子でしたが
市江の答えは冷たいともとれる反応で・・・。

 

「そんなの必要かしら、華やかなのが美しいとは限らない」

 

母親の客に対する態度を見てずっと
思うところがあった直子ですが
市江の言葉やアドバイスを受け結局彼女は
ドレスではなくブラウスの仕立てを頼みます。

 

しかし直子がブラウスを受け取りに行くとそこには
ブラウスと一緒にグレーのジョーゼットのツーピースが。

 

布が余ったからついでに作ったという市江。

 

直子は彼女にお礼を告げ
母親にそのツーピースをプレゼントします。

 

そのツーピースを纏った直子の母親は
慎み深く高潔な淑女のような姿でした。

 

繕い裁つ人を試し読みしてみる

 

サイト内より【繕い裁つ人】と検索。

 

繕い裁つ人の感想は?

 

まず表紙のおしゃれさに目を引かれます。

 

完全に表紙買いだったんですが
数年前に実写映画化もされていたんですね。

 

独特な絵柄で描かれる町の小さな洋裁店のお話。

 

決して凝った絵柄でも現代風な絵柄でもないんですが
洗練されたおしゃれさが滲み出る
素敵な絵で私はとても好きでした。

 

ただキャラクターの描き分けがあまりできていないので
途中あれ?となる場面も・・・。

 

メインとなるキャラクターは少なめなので
そこまで混乱することはないんですが町の人が
わっとでてくる回などはちょっと混乱しました。(笑)

 

あと個人的に大き目の体格でお店ではサイズが合わないから・・・
と市江の店にくるゆきちゃん・・・
全然大き目の体格に見えないんですよね!

 

なので最初はサイズがないってどういうことだろう?と混乱しました。

 

繕い裁つ人
繕い裁つ人

 

読んでいたらなるほど横幅が大きいってことかと
いうことはわかったんですがどの絵を見ても
とても太っているようには・・・
そこだけが私は異様に気になってしまいました。(笑)

 

一つのことに強い信念を燃やしわが道をいく市江。

 

そんな彼女と服とそこにかかわる人々の
暖かくてたまに少し切ない話がメインとなっています。

 

あとは彼女の服を愛する青年・藤井との絶妙な距離感がたまりません。

 

友人のようなそれ以上のような・・・その方面も楽しみなんですが
感情の起伏が少ない者同士なのでなんとも先が読めません。

 

全6巻で完結済みの作品なので手軽にさくっと読めますよ。

 

繕い裁つ人を読んでみるならこちら

 

サイト内より【繕い裁つ人】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態