カーニヴァル(漫画)のネタバレと感想!アニメや舞台の原作を試し読み

carnival

この記事は約 7 分で読めます。



御巫桃也先生の作品のカーニヴァル。

 

大切な人が残した腕輪を頼りに彼を探す旅をする少年・无。

 

その最中に出会った花礫と共に旅をすることになりますが
実は无が持っていたのは
国家防衛機関「輪(サーカス)」の身分証で・・・?

 

不思議な縁によって出会った
二人に待ち受けている物とは――・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【カーニヴァル】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カーニヴァルを無料で立ち読み

 

カーニヴァルのあらすじは?

 

「嘉禄(カロク)」という人物を探し
旅をしている少年・无。

 

しかしその最中に彼は捕まり
ミネという女の屋敷に捕らわれてしまいます。

 

无を弄ぼうとしたミネでしたが彼が腕に着けている
ブレスレットを見た瞬間に顔色を変えます。

 

それは无が森で一緒に住んでいた家族
嘉禄が持っていたものでした。

 

その腕輪を頼りに彼を探していた无でしたが
実はそれは国家防衛機関
「輪(サーカス)」の身分証だったのです。

 

大陸中を飛び回り犯罪者を取りしまえる
エリート集団である輪(サーカス)
ミネ自身もその一員であるとのこと。

 

カーニヴァル
カーニヴァル

 

山奥暮らしの兄弟が持っているような代物ではない
嘉禄は腕輪を盗み輪に捕まったのだと彼女は告げますが
无はその意味を理解することができません。

 

そんな中彼女の屋敷に窃盗団が押し入ってきます。

 

部屋に閉じ込められていた无でしたが
窃盗団の一員である・花礫と共に外へ行くことに。

 

それに気づいたミネが彼らを追ってきますが
彼女の化け物じみた姿と行動にあんなやつらが
この国を守っているのかと花礫は吐き捨てます。

 

その後成り行きで无の面倒をみることとなる花礫。

 

無垢すぎるが故に様々なトラブルを巻き起こす无を
切り捨てるか否か迷いながら
一先ずは行動を共にすることに決めます。

 

カーニヴァルを読んでみる

 

サイト内より【カーニヴァル】と検索。

 

BookLive

 

カーニヴァルのネタバレとその後の展開は?

 

花礫と共に行動をすることになる无ですが
ひょんなことから殺人犯として指名手配される羽目に。

 

おまけに乗車した列車でトラブルに巻き込まれ
怪しい連中にも目をつけられてしまい・・・?

 

そんな中彼らが立ち寄った街では偶然にも
輪が一斉捜査のお詫びのショーを行っていました。

 

大ピンチという所を輪の艇闘員・與儀に
助けられた二人はそのまま輪の艇へ連れていかれます。

 

そこで无の無実は証明されたものの輪に无が探していた
嘉禄という人物は存在しないこと彼らが最初に対峙した
ミネという女は輪ではなかったことなど
新たな疑問が次々と浮かび上がってきます。

 

そしてミネは、輪が追っている犯罪者の一員でもあり
その事件にかかわった花礫は当面輪に同行させられることに。

 

カーニヴァル
カーニヴァル

 

しかし魔の手は花礫ではなく无へと伸ばされることになり
どうにか敵は退けたもののその直後无の身体に異変が・・・。

 

頭痛を訴えて意識を失った无は不思議な夢を見ます。

 

それは確かに嘉禄の声ですが彼はその人を壊したくないのなら
花礫はいらないといってあげるのがいいと无に告げて・・・。

 

拗れる无と花礫の関係、さらに検査の結果
无のとんでもない秘密が判明してしまいます。

 

なんと无は人間ではなくデータ上の数値は
「ニジ」という動物なのだというのです。

 

果たして无の正体は・・・
そして「嘉禄」とはいったい何者なのか・・・。

 

彼らの旅はまだはじまったばかりです。

 

カーニヴァルを試し読みしてみる

 

サイト内より【カーニヴァル】と検索。

 

カーニヴァルの感想は?

 

たまたまケーブルテレビで放送されていたアニメを目にして
なかなか面白かったため原作も読んでみました。

 

序盤は若干无の行動に花礫と同じくイラッとしていたんですが
段々とかわいくみえてきます。

 

イラストも初期の方が大人っぽいような・・・?

 

なんだか巻を追うごとに
どんどん幼くなっていっている気がします。

 

イラストがとても綺麗で華やか
特にカラーイラストはとても目を引きます。

 

キャラクターはもちろん衣装や作品内に出てくる
マスコットキャラクター的な
動物たちもめちゃくちゃかわいいです。

 

ストーリー自体は根底にはシリアスな設定がありながらも
かわいいギャグちっくなパートも多いです。

 

特に无と與儀の二人の存在がかなり作品に
清涼感を与えているように感じます。(笑)

 

カーニヴァル
カーニヴァル

 

逆に後々この二人がちょっと辛いことになるというか
辛い部分が見える展開があるんですが・・・
その辺は読んでいてしんどかったですね。

 

とくに與儀の過去はだいぶ重たい・・・。

 

ストーリーは割とサクサク進んでいきますが次から次に
謎が出てくるためなかなか物語の根底が見えません。

 

未だ完結していない作品ですが現在は徐々に
終わりに向かっている感じがします。

 

果たして无や花礫たちは輪の人々はどうなっていくのか・・・。

 

どっぷりと素敵な世界に浸ることができる作品ですので
ファンタジーバトルものが好きな方には特におすすめの作品です。

 

カーニヴァルを読んでみるならこちら

 

サイト内より【カーニヴァル】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態