校舎のうらには天使が埋められているのネタバレと感想に結末!かいぼうとは?

kousyanouranihatenshigaumerareteiru

この記事は約 13 分で読めます。



小山鹿梨子先生の作品の校舎のうらには天使が埋められている。

 

引っこみじあんな女の子・理花は転校することになり
新しい小学校では新しい自分になりたいと勇気を出し
やっと友達になれた勉強も運動もできる美少女のあいちゃん。

 

そしてあいちゃんの大切な存在だった
ソラの代わりになると約束したことで
理花の運命は変わることに――。

 

ソラとはいったい何なのか・・・。

 

衝撃のエレメンタリー・サスペンスのスタート!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【校舎のうらには天使が埋められている】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

校舎のうらには天使が埋められているを無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

校舎のうらには天使が埋められているの最終回のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり

2016.10.06

 

校舎のうらには天使が埋められているのあらすじは?

 

たった一人の親友と別れ転校することになった後堂理花。

 

理花が転校したのは赤ヶ瀬小学校4年2組。

 

親友と自分から友達を作ると約束し
新しい学校で変わると頑張る理花。

 

自己紹介を元気よくしようとしますが
足が震え小さな声でしか言えない感じで
声が小さいなどと言われてしまいます。

 

しかしそんな理花に優しく声をかけてくれて
大きな声でよろしくと言えました。

 

いままで見たこともないような美少女。

 

その少女はかわいいだけじゃなく勉強もでき
学校帰りに見つけたわんこをきっかけに
仲良くなることができました。

 

少女の名前は蜂屋あい。

 

あいは前にわんこを飼っていたと話し
理花が見つけたわんこも連れて帰りたかったけど
ママに怒られて連れて帰れなかったと話します。

 

あいが持っていたわんこグッズには
ソラと書かれた首輪もありました。

 

あいと仲良くなったことで変われそうだと思った理花は
クラスの実力者である麗音奈に遊びに誘われても断りました。

 

あいにも自分の気持ちをちゃんと言えたと
勇気を出せ変わってきたと言われます。

 

しかしあいと2人のときは普通に話せるところを
麗音奈に見られ麗音奈に自分の気持ちを伝えたことで
怒らせてしまい叩かれそうに――。

 

ですがあいが理花をかばったことで
あいが叩かれてしまったのです。

 

校舎のうらには天使が埋められている
校舎のうらには天使が埋められている

 

その様子に何も言えず逃げてしまった理花は
雨の中わんこのわたあめを連れて川沿いを歩いていると
そこにまた麗音奈が現れ理花の態度にイラッとし
麗音奈がボールを投げたことでわたあめが
ボールを追いかけて川の中に・・・。

 

わたあめが溺れてしまうと思った瞬間
あいが川に飛び込み助けたのでした。

 

しかしあいは泣きながらこう言うのです。

 

「大切な存在がいなくなっちゃうのは・・・
もういやだよぉ――・・・」

 

ソラは夏休みの前にあいを残して死んでしまい
大切な存在がいなくなることが悲しかったのです。

 

そのあいの様子に理花はソラの代わりに
あいを元気にしてあげると約束したのです。

 

ずっとずっと仲良しでいようと約束し
2人の様子に麗音奈も理花を受け入れようと・・・。

 

学校では麗音奈から理花にみんなからだと
プレゼントが手渡されました。

 

転校生が来ると聞いて用意していたと
みんな理花と仲良くしたいと思っていると
あいが言い出すのです。

 

その言葉にプレゼントを開けてみる理花。

 

しかしそこに入っていたのは――。

 

プレゼントは前に飼っていた
ソラの名前が書かれた首輪でした。

 

そう、ソラとは曽良野というクラスメイトで
4年2組でわんことしてペットのようにしていたのです。

 

しかも最初からすべてがあいによって仕組まれており
わたあめも麗音奈の犬だったのでした。

 

2代目、ソラになってしまった理花。

 

4年2組での生活が今始まったのでした――。

 

校舎のうらには天使が埋められているを読んでみる

 

サイト内より【校舎のうらには天使が埋められている】と検索。

 

校舎のうらには天使が埋められているのネタバレとその後の展開は?

 

4年2組はあいの独裁国家でした。

 

2代目ソラとして4年2組のペットとして
ドッグフードを食べさせられる理花。

 

当然その首にはあのソラの名前の書かれた首輪も・・・。

 

みんなが面白がっている中、クラスメイトの優だけは
理花のことをかわいそうだと思うのです。

 

それでも自分がソラの代わりになりたくなくて
助けてあげることもできない優ですが
ケイドロでみんなから逃げ隠れている理花に
苦しそうだからと飲み物を渡すのですが・・・。

 

それをあいに見られてしまったのです。

 

ですがあいは何も優に言ってこなく友達だから
見逃してくれたのかと思いますが机の中には
あいが針で刺し殺したイモムシの入った便箋が・・・。

 

怖くなる優・・・。

 

あいがソラを殺したことを優は知っていて
自分もあいに殺されると・・・。

 

校舎のうらには天使が埋められている
校舎のうらには天使が埋められている

 

そんな優を幼なじみで互いに想い合う隼人が
2人で逃げようと言ってくれたのです。

 

結局は逃げずに家に戻りますが何があっても
優を守ると誓ってくれた隼人。

 

どんなことがあっても隼人がいるから
大丈夫だと思う優でしたが・・・。

 

4年2組は完璧なクラスで天使みたいな
いい子たちがいると
担任の木戸先生の自慢のクラス。

 

何かをするときには見張り役もいて
なにもかも気づかれないようにしていて
誰もが疑うことをしません。

 

しかし野呂先生だけはその自慢のクラスに
疑いの目を向けたのです。

 

自慢のクラスのその裏になにかが隠れていてその何かが
一人の少女に命を絶たせた原因だとしたらと――。

 

そしてついに野呂先生は突き止めたのです。

 

4年2組の3代目ソラが受けている
かいぼうのことを・・・。

 

やっと優にも味方ができたのですが
合唱コンクールである画像を流されたことで
たった1人の味方を失いかけるのですが・・・。

 

そんなとき新たな味方が現れました。

 

それは光本菜々芽。

 

優も野呂先生も悪くないと悪いのはあいだと――。

 

校舎のうらには天使が埋められているを試し読みしてみる

 

サイト内より【校舎のうらには天使が埋められている】と検索。

 

保護者失格。一線を越えた夜

 

校舎のうらには天使が埋められているの結末は?

 

菜々芽が優を助けようとした理由。

 

それはみんなが自分のことを避けていても
優だけは自分のことを構い続け更には
学校で飼っていたうさぎが殺されてしまったときも
優だけは菜々芽ではないと言い
優しい子だと言ってくれたのです。

 

そのとき菜々芽は優を大切にしたいと思ったのです。

 

そして誰にも気づかれないように見守ろうと
そう思っていたのですが優がかいぼうされ
ソラのようにしないために動いたのでした。

 

白い悪魔を討つと――・・・。

 

ついにソラこと曽良野が死んだ時のことがわかるのです。

 

曽良野は自分が書いた絵本に登場する
ピーターパンと死ぬつもりでした。

 

そのピーターパンとは・・・。

 

そして命を狙われることとなる菜々芽。

 

それでもあいと戦うのです。

 

そして訪れた赤ヶ瀬美術館。

 

スタッフしか入ることができない部屋には
天使のようなあいの肖像画が飾られており
あいもそこにいました。

 

更には曽良野のピーターパンも・・・。

 

赤ヶ瀬美術館は元々あいのおじいさんに家で
よく人がいなくなって見つからない
人食い屋敷と言われていたところ。

 

菜々芽を殺すためにクラスメイトの関大地が
ナイフを持って襲い掛かりますが
曽良野のピーターパンは菜々芽を守り
刺されてしまうのでした――。

 

そして自分がすべてを終わりにすると
あいにナイフを向けたピーターパンでしたが
あいを守り今度は関が刺されることに・・・。

 

互いに刺し刺され倒れる2人ですがそんな中でも
あいは微笑んでいるのです。

 

やっと菜々芽と2人っきりになれたと――。

 

校舎のうらには天使が埋められている
校舎のうらには天使が埋められている

 

そんな中、菜々芽を殺すことに失敗した更田千尋は
もうおわりだと火をつけたのでした。

 

燃え盛る火の中、関たちは助けられましたが
肖像画の中に隠された通路を入っていくあいと菜々芽。

 

その奥には拷問部屋のような
あいのお父さんのアトリエがありました。

 

あいのお父さんはあいをモデルに
絵を描きだしてから変わってしまい
あいには色がないとブツブツ言うようになって
かわいがっていた犬に仲良しのメイドさん
その次はお母さんが消えたのです。

 

人が壊れていくのを楽しむあい。

 

心がゆれると色が変わって楽しいと・・・。

 

ですがあいは自分の色だけは見えなく何をしても
黒く変わらない菜々芽の色が欲しいと言います。

 

菜々芽とまじりあったらきっと世界で一番
きれいな色になるとひとつになろうとキスを――。

 

すると菜々芽は身体に力が入らなくなり意識がなくなり
地下深く落ちていくのでした・・・。

 

あいがいなくなったことで少しずつ
2組の空気は変わっていきました。

 

そして菜々芽はというと海岸に打ち上げられ
1ヶ月もの間眠り続けましたが
優によって目を覚ましたのです。

 

それからは菜々芽と優は一緒に学校を下校するのでしが
2人を見つめる姿が――。

 

それはいなくなったあいの姿に似ていて――・・・。

 

校舎のうらには天使が埋められているを読んでみるならこちら

 

サイト内より【校舎のうらには天使が埋められている】と検索。

 

校舎のうらには天使が埋められているの感想は?

 

とってもかわいらしい表紙のイラストで
タイトルも気になる感じで読み始めた本作。

 

あいが本当に美少女って感じで
転校してきたばかりの理花と仲良くなったりと
本当に心の優しい子だと思ったのもつかの間
本当のあいの姿が・・・。

 

わたあめが麗音奈の犬ですべての出来事が
あいによって仕組まれたものだとわかったときには
かなりビックリしました。

 

良い意味で裏切られた感じです。(笑)

 

女王蜂として君臨していたあい。

 

それからの出来事はかいぼうも含め
悲惨な感じで誰が止めるのと思ってしまったほど。

 

かいぼうって何?って最初は思いましたが
あまりにもひどいもの・・・。

 

かいぼうとは服を脱がせていろんなことをすることなんですが
股を開かされて画像にまで撮られてしまうなんて
トラウマになってしまいますよね・・・。

 

校舎のうらには天使が埋められている
校舎のうらには天使が埋められている

 

そして今作で面白かったのは理花が主人公なのかと思ったら
次は優に変わり誰が主人公?って思ったりするところです。

 

きっと菜々芽が主人公なんだろうと思いますが・・・。

 

最後にあいのような姿がありましたが
実際はどうなのでしょうか・・・。

 

何度読んでもあいがどうなったのか気になるところです。

 

そんな一度読み始めると続きが気になってしまう本作を
読んでみてはいかがですか?

 

校舎のうらには天使が埋められているを試し読みするならこちら

 

サイト内より【校舎のうらには天使が埋められている】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態