妖しのセレスのネタバレと結末(最終回)!感想や無料試し読みも

ayashinoceres

この記事は約 7 分で読めます。



渡瀬悠宇先生の作品の妖しのセレス。

 

妖は些細な反抗期を迎えながらも双子の兄の明と
両親と平凡ながらも幸せに暮らしていました。

 

しかし16歳の誕生日、彼女の運命は大きく変わることとなります。

 

突如天女の生まれ変わりと言われた妖は
両親や明と引き離され命を狙われることになるのです。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【妖しのセレス】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

妖しのセレスを無料で立ち読み

 

妖しのセレスのあらすじは?

 

貴方はこの先、暗黒の星に支配を受けることになります・・・。

 

16歳の誕生日の前日、よく当たると評判の占い師から
告げられた酷い占い結果に少女・御影妖はご立腹です。

 

少しギャルで派手な外見ながらも友人や双子の兄の明
両親とごく平凡な日々を送っている妖。

 

その日もカラオケの帰りに友人や明と帰っていましたが
その最中ひったくりと遭遇。

 

それを捕まえようと勢いあまり
妖は歩道橋の上から転落してしまいます。

 

しかし不思議な風のようなものと謎の男に助けられたことにより彼女は無傷
ですがその男性は妖がお礼を言うよりも早くその場から立ち去っていました。

 

その日の夕飯の席、いつものようにじゃれあう妖と明は
両親から翌日の誕生日はまっすぐ家に帰ってくるように告げられます。

 

妖しのセレス
妖しのセレス

 

友達とパーティーの予定があると渋る二人ですが
両親は険しい表情で頑として譲りません。

 

翌日、笑顔で彼女たちを出迎えたのはいつもと変わらぬ祖父の姿でした。

 

しかし広間に通されると親戚たちが神妙な顔をして勢揃い
おまけに彼らは全員真っ黒な服を着ています。

 

そして不審に思う妖と明の前にプレゼントとして
差し出された謎の箱の中に入っていた手のようなものをみた瞬間
妖の脳裏に血まみれの映像と衝撃が走ります。

 

そして兄である明も全身から血を流し苦しんでいて・・・。

 

そして明が死んでしまう救急車を呼んでみんなおかしいと叫ぶ妖に
祖父は近づきこう告げるのでした。

 

死ぬのはお前だと・・・。

 

妖しのセレスを読んでみる

 

サイト内より【妖しのセレス】と検索。

 

BookLive

 

妖しのセレスのネタバレとその後の展開は?

 

優しかった祖父が豹変し連れていかれる明と両親・・・
呆然とする妖を親戚たちは押さえつけためらいもなく殺そうとします。

 

死にたくないと妖が念じた次の瞬間、再び先程のような
衝動が身体を走り部屋の窓ガラスが粉々に砕け散ります。

 

幼い頃、祖父の家の庭にある松の木に登り叱られ
家に代々伝わる大切なものだと言いつけられたことを思い出す妖。

 

気づけば彼女はその松の木の上にいました。

 

突然自身の身に降りかかった事態にパニックになる妖でしたが
前日彼女のことを助けた男と別の少年・梧雄飛と
その姉である納涼により一先ず窮地を脱します。

 

それでも明が心配だから戻らなくてはならないと喚く妖に
納涼は昔話の「天女の羽衣」の話をします。

 

妖しのセレス
妖しのセレス

 

昔、水浴びする天女を見初めた漁師の男が
その天女の羽衣を隠し天に帰れなくした。

 

そしてその天女は仕方なく男と夫婦になり子どもまで産まされた・・・。

 

その天女の子孫はあちこちにいるが妖もまたその一人であり
特に御影家はその血を濃く受けついているのだと涼は告げます。

 

天女の血を力を継ぐ者は皆殺されてきた
家に戻るのならば殺されるか戦うかを選べ・・・
そう告げられる妖ですがその前日まで
ごく平凡に生きてきた彼女はそのことが受け入れられません。

 

明のことが放っておけない彼女は
自分は普通の人間だと祖父の家へ戻ります。

 

しかしそこで親族や祖父からは変わらず殺すと言われ
自分を庇った父親も死んでしまいます。

 

その後、親族たちの策略により母から殺されそうになった妖は
ついに天女としての力を開放してしまいます。

 

「セレス」と名乗る黒髪の美女へと変貌した妖の運命は
天女の力とはいったい・・・!?

 

妖しのセレスを試し読みしてみる

 

サイト内より【妖しのセレス】と検索。

 

妖しのセレスの感想は?

 

「ふしぎ遊戯」で知られる渡瀬悠宇さんの作品です。

 

「ふしぎ遊戯」も大概暗く少女漫画とは思えないような
展開が多かったですが本作もなかなかにえげつなかったですね。

 

双子の兄と両親と幸せに過ごしていた少女の妖が
突如今まで優しくしてくれていた親戚や
あまつさえ策略による誤解が原因とはいえ
母親からも殺されかけるという。

 

おまけに父親も自分を庇って死に兄である明とも後々
前世からの因縁が原因で対立することになっていきます。

 

妖しのセレス
妖しのセレス

 

本作の心臓にくるところがとにかく悪いのは
すべて前世からやご先祖さまたちであり
妖本人は何も悪くない・・・というところなんですよね。

 

親族たちは全て敵、自分の中に眠っている天女「セレス」も
彼女の人生を大きく狂わせ兄である明を殺そうとするなど
ある意味敵のような存在・・・妖がかなり不憫に思えてきます。

 

割とギャグテイストなノリやコミカルなシーンも挟まれるんですが
本編が基本ずっと重たい展開なのでむしろこの要素は
ない方がいいのでは?と途中からは思えてきました。(笑)

 

なんだかコミカルなタッチが挟まることにより
妖の悲痛さが軽く見えてしまうことが多々あるんですが・・・
それが狙いなのでしょうか?

 

少女漫画ではありますが前世からの因縁や愛蔵が入り乱れる
かなりどろどろとした内容の作品となっています。

 

読み応えは十分ですし内容も面白いので胸キュンだけはない
少し重ための少女漫画を読みたいという方にはお勧めの作品です。

 

妖しのセレスを読んでみるならこちら

 

サイト内より【妖しのセレス】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態