キス(マツモトトモ)のネタバレと感想にその後の展開は?あらすじや試し読みもあり

kiss

この記事は約 6 分で読めます。



マツモトトモ先生の作品のキス。

 

女子高生のカエは小学生のときからずっとピアノ講師である
五嶋先生に片思いをしていました。

 

でも8歳年上の先生はいつも子ども扱いするだけで――・・・。

 

捨て身で五嶋先生にアタックするカエの恋は実るのでしょうか?

 

ピアノの音色が心地いいスタイリッシュラブストーリー。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【マツモトトモ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

キスを無料で立ち読み

 

キスのあらすじは?

 

16歳の小川カエは小学生のときからピアノ教室に通い続けていました。

 

おてんばでどちらかといえばピアノを弾くのが苦手な彼女が
5年間も続けてこられたのは五嶋先生が密かに好きだったから。

 

でも24歳の大人の男である五嶋先生は
なにかにつけてカエを子ども扱いしてきます。

 

「ねえ、先生。上手いキスってどんなの?」

 

ちょっとでも意識してほしくて背伸びしてみても
取り合ってくれない先生の態度に
カエはいつも悔しい思いをしているのでした。

 

ところが五嶋先生は彼なりにカエの成長に戸惑っていました。

 

キス
キス

 

大人びたドレス姿を見たときには“娘を持つ父親の気分だ”と
ごまかしつつカエがあのころのままの
子どもではないのだとイヤでも認識させられていたのです。

 

それもあって執拗にカエを子ども扱いしているというのが本当のところでした。

 

もちろん五嶋の複雑な心境はカエに伝わるはずもなく・・・。

 

業を煮やした彼女は強硬手段に――
五嶋のシャツを掴んで無理やりキスをしたのです。

 

キスを読んでみる

 

サイト内より【マツモトトモ】と検索。

 

キスのネタバレとその後の展開は?

 

こうして五嶋先生と恋人になれたカエでしたが
やっぱり大人な先生にやきもきさせられる日々。

 

自分はこんなに先生が好きで必死なのに先生はいつも余裕たっぷり。

 

実際にはカエの一挙手一投足になんだかんだと
振り回されている五嶋先生の気持ちも知らず彼女はムクれたり
怒鳴ったり泣き喚いたりと素直に感情をぶつけるのでした。

 

彼女を溺愛する叔父が2人を別れさせようと画策したり
カエに一方的に想いを寄せる少年が五嶋先生にピアノ勝負を挑んだり。

 

2人の恋はフラットには進まないこともあるもののその中でも
お互いの気持ちを確認してちょっとずつ関係を深めていきます。

 

カエ自身も五嶋先生の仕事の状況などを慮れるようにも。

 

そんな2人でしたがある日試練がやってきます。

 

しかもそれは今までのものよりももっと大きくて質の違うものでした。

 

キス
キス

 

以前にカエの叔父が五嶋先生に紹介した仕事がきっかけで
一介のピアノ講師にしておくには惜しい
彼の才能は業界内で広まりつつありました。

 

その縁である著名なジャズ奏者から気に入られた
五嶋先生にNY長期滞在の話が持ち上がります。

 

期間は半年~1年ですがツアーなどが入れば
それ以上伸びることも十分考えられます。

 

彼にとっては大きなチャンス――
しかし、ちらつくのはカエの顔ばかり。

 

なかなかカエに打ち明けることができません。

 

周囲の人間からは「カエちゃん、絶対泣くよ」と
からかい半分に心配されるのですが
五嶋先生が不安だったのはそんなことではありませんでした。

 

8歳も年下のかわいい恋人からNYから帰国するまでの間
「待てない」と言われるのをおそれていたのです。

 

たびたびの邪魔が入りつつ勢いのまま
事実を告げることになった五嶋先生。

 

「どうする 待てる?」

 

表情を変えずに淡々と問う五嶋先生。

 

そんな彼への答えは予想をはるかに上回ったもので――?

 

2人の恋はどんな結末を迎えたのでしょうか?

 

キスを試し読みしてみる

 

サイト内より【マツモトトモ】と検索。

 

BookLive

 

キスの感想は?

 

8歳の年の差の恋。

 

私がこのキスを読んでいたのは
カエとちょうど同じ女子高生のときでした。

 

大人の男性との恋愛に憧れたものです。

 

ただ五嶋先生と同じ24歳のときに読み返したときには
大人って当時思っていたよりも
“大人”じゃないんだなというのが率直な感想でした。

 

マンガって初めて読んだときと時間が経ってから読み返したときでは
思うことは全然違ったりしておもしろいですね。

 

当時好きだったキャラクターとは違う登場人物の方がよく見えることも。

 

キス
キス

 

キスはカエと五嶋先生がメインのお話ですが
周囲の人のスピンオフ的な物語も同時に描かれています。

 

これが結構楽しみでした。

 

私のおすすめは若かりし頃の五嶋先生と
祥子さんという大人の女性との恋愛未満のストーリーです。

 

ちょうどカエと先生とのような
関係なんですがちょっとほろ苦いんですよね。

 

ピアノが心地よく流れるようなスタイリッシュなラブストーリーを
みなさんもぜひ読んでみてくださいね。

 

キスを読んでみるならこちら

 

サイト内より【マツモトトモ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態