キジトラ猫の小梅さんのネタバレと感想!試し読みをするならココ

kijitoranekonokoumesan

この記事は約 8 分で読めます。



ほしのなつみ先生のキジトラ猫の小梅さん。

 

ある日、猫の小梅さんが連れてきた小雪ちゃん。

 

その2匹の猫ちゃんがかわいらしく
読んでいると和んでしまうそんなストーリー。

 

読んだあなたも癒されることまちがいなしの
大人気のニャンコの物語です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【キジトラ猫の小梅さん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

キジトラ猫の小梅さんを無料で立ち読み

 

キジトラ猫の小梅さんのあらすじは?

 

ご近所でも可愛いと評判のキジトラ猫の「小梅さん」は
「半井さん」のお家で飼われています。

 

犬も怖がらず大好きなご主人さまの「拓」を慕い
可愛さをふるまきながら日々暮らしています。

 

ある日小梅さんは子猫を拾いますが子猫は小梅さんに攻撃をし
子猫には手を出せない小梅さんはやられる一方でやり返したりはしません。

 

キジトラ猫の小梅さん
キジトラ猫の小梅さん

 

やられっぱなしの小梅さんを心配して子猫は里子に出すことにしますが
ある雨の日子猫が見当たらず餌で読んでもどんなに探しても見当たりません。

 

しかし庭でウロウロする子猫を小梅さんを見つけキレイになった
トイレへ連れて行くと子猫は安心してトイレをします。

 

トイレが汚かったから嫌で出ていったんだと理由がわかりホッとする一同。
すると子猫が小梅さんに突進してきます。

 

また攻撃かと思ったら小梅さんのお腹にくるまり寝てしまいます。

 

2匹の仲良くなった姿に安心した拓と母でしたが…。

 

キジトラ猫の小梅さんを読んでみる

 

サイト内より【キジトラ猫の小梅さん】と検索。

 

BookLive

 

キジトラ猫の小梅さんのネタバレ!

 

大きな犬も怖がらずご近所の皆さんに
ご挨拶も忘れない可愛いキジトラ猫の「小梅さん」は
高校生の息子「拓ちゃん」と2人で暮らしている日本舞踊の
先生をしている母親の「半井さん」のお宅で飼われています。

 

門の前で飼い主の拓を待つ小梅さんを見て
てっきり母の日本舞踊の教室の生徒たち(子ども)が
かまってくるのでそれが嫌なのかと思います。

 

しかし子どもたちにはどうにか我慢する小梅さんですが実は先日
小梅が拾ってきた子猫からの攻撃から逃げる為に拓を持っていたのでした。

 

雌猫(小梅さん)は男性になつき雄猫(拾ってきた子猫)は
女性になつく筈だと母は言います。

 

実は母は自分になついた猫が欲しかったので
拾ってきた子猫を自分の家で飼うことにします。

 

しかし子猫は小梅さんに攻撃することを止めません。

 

小梅さんを可哀想に思い小梅さんと子猫の為にも
新しい飼主を探す事にします。

 

ある雨の日、小梅さんはトイレが汚いと怒ります。

 

そして子猫の姿が見当たらず拓と母は食いしん坊な子猫を
餌で誘き出そうとするも出てきません。

 

子猫がどこかにはまって出られないのでは?
怪我をしたのでは?と心配します。

 

もしかして里子に出すと聞いてショックを受けて
雨の中出ていったのではと話し合います。

 

しかし雨の中庭でウロウロする子猫を見つけ小梅さんは
キレイになったトイレへ連れて行くと子猫は落ち着いて用を足します。

 

母が子猫をタオルで拭こうとするも嫌がり
自分で毛繕いをして小梅さんのところへ 猛ダッシュします。

 

攻撃するのかと思ったら小梅さんのお腹の中でスヤスヤと眠り始めます。

 

キジトラ猫の小梅さん
キジトラ猫の小梅さん

 

次の日小梅さんの悲鳴で駆けつけると鼻水を垂らして
くしゃみをしながら震える子猫がいます。

 

慌てて病院へ連れて行くと予防接種していた
小梅さんは大丈夫でしたが子猫は風邪をひいていたのです。

 

拓と母は小梅さんとも仲良くなったし子猫を飼うことにします。

 

一週間で風邪も治り「小雪」という名前をつけ
母はめちゃくちゃ可愛がります。

 

寂しそうに小梅さんは拓を見上げるので拓は言います。

 

「大丈夫だよ。僕には小梅が一番だからね。 」

 

小雪の快気祝いにと拓と母はお花見に行きますが
またしても小雪は小梅さんに攻撃を仕掛けます。

 

拓と母はこう納得するのです。

 

「風邪引きの小雪は小梅さんの毛皮で暖まりたいだけだった…。」

 

ある日拓が登校途中にふと気づくと小梅さんが着いてきて叱るも
ウルウルと瞳を輝かせた小梅さんに拓は怒れません。

 

拓の友達の上原くんは小梅さんを見て喜びます。

 

最近亡くなった猫の形見の首輪を持ち歩いていた葛西さんは
小梅さんが野良猫に間違われたら危険だと首輪を貸してくれます。

 

どうにか1限の授業を終えてから小梅さんを
自転車でテリトリーまで運ぼうと拓は考えますが
1限は恐い担任の鈴木先生です。

 

鞄の中でガサガサと小梅さんの出す音に怒られる拓を尻目に
小梅さんは鞄から飛び出し逃げたしてしまいます。

 

そして校長先生が猫嫌いの噂を聞きいた拓たちは学校中を探すも
校長室内に動物が入り暴れているという噂を聞きつけます。

 

行ってみると部屋はぐちゃぐちゃ太い尻尾が見え
小梅さんが相当興奮しているからに違いない…
と拓は捕まえようとします。

 

しかし鋭い爪で拓は顔を傷つけられてしまいますが
捕まえてみるとタヌキだったことがわかります。

 

小梅さんはすでに用務員室で保護されていました。
しかも鈴木先生は猫大好きだったことが判明します。

 

その後も小さな事件と穏やかな日常が続き
小梅さんと小雪は可愛がられて平和な日々が続きます。

 

キジトラ猫の小梅さんを試し読みしてみる

 

サイト内より【キジトラ猫の小梅さん】と検索。

 

キジトラ猫の小梅さんの感想は?

 

小梅さんが可愛いです!

 

聞き分け良いししっかりしているし飼主の拓に
目をうるうるさせて媚びる姿にめちゃめちゃ癒されます。

 

それに比べて小雪は小梅さんを苛めてばかりで…。

 

でも対象的な2匹のやりとりも可愛くて好きです。

 

キジトラ猫の小梅さん
キジトラ猫の小梅さん

 

猫ちゃん好きな方には仕草や猫ちゃんアルアルがいっぱいだし
とても可愛い描写がいっぱいなのでとてもオススメです。

 

あと半井家のやり取りも母は美人で可愛くて息子と仲良いし
拓はご飯作ってくれるし可愛いしで理想です!

 

あのくらいの年で母親と仲良くできるのはとてもスゴいです。

 

是非とも拓のしょうが焼きを食べてみたいです!

 

ほのぼのと続いていくお話しいっぱいです!

 

キジトラ猫の小梅さんを読むならこちら

 

サイト内より【キジトラ猫の小梅さん】と検索する。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態