発症区のネタバレと感想に無料試し読み!結末やあらすじは?

hassyouku

この記事は約 9 分で読めます。



いとまん先生の作品の発症区。

 

ある日、突然手を触れずにモノを動かせるという
力を手に入れた安田敦。

 

しかしその力を手に入れたことで襲われ
暮井亜紀と名乗る同じ力を持つ者に助けられ
共同生活をするものの裏切られることに・・・。

 

重傷を負った敦を助けたのは敵だと思われた
発症者犯罪対策部―通称・発対で敦は発対の1人として
発症者たちと関わっていくことに――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【発症区】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

発症区を無料で立ち読み

 

発症区のあらすじは?

 

安田敦はコンビニのバイトをクビになりました。

 

敦は仮病ばかりで仕事を休むことは多かったのですが
診断書もなしで1週間も休んだためクビだと言われるのです。

 

しかし今回は本当に体調不良で高熱と全身の激痛で
1週間もの間寝たきりだったのでした・・・。

 

クビになったことで敦は別れの挨拶だと言って
お店のビンなどを何本も落として割ったのです。

 

ただしそれは実際に敦が触って落としたのではなく
手から見えない手が伸びているような感覚で
物に触れずに自由に操れる力を使って・・・。

 

そう、敦は1週間寝たきりで起きてみたら
この力が使えるようになっていたのです。

 

敦はこの力を使って動画を撮り再生数で
小銭を稼ごうとしました。

 

そのため力を使って犬を宙に浮かせたり
人を浮かせてみたりいろいろな動画を撮るのですが
なぜか動画はすぐに削除・・・。

 

そのときの敦はエラーなのかと思ったりしましたが
それはある者たちが削除していたのです。

 

敦が歩いていると2人の女性が自分で降ろせると思って
運送を断ってしまったけどテレビが下ろせないと
車から降ろすのを手伝ってと声をかけてきました。

 

敦は力を使えば簡単だと女性にすごいと言ってもらえると
力を使おうとするのですがひどい頭痛が襲ってきて
それどころではありません・・・。

 

すると女性の1人が大丈夫かと近寄ってきて
深呼吸をしてと言ってくるのですが
なぜかもう1人の女性は注射器を持っていて
敦に注射をしようとしてきたのです。

 

しかし注射をされそうになったその瞬間
魔物のようなものが敦を襲った女性たちを
次々に倒していったのでした。

 

そして敦の携帯を壊した瞬間、別の女性が現れ
GPSで追跡されるから壊したと言い
増援が来る前にこの場を離れないとと
敦を連れて逃げるのです。

 

発症区
発症区

 

敦を襲ったのは発症者犯罪対策部、通称「発対」の人間。

 

動画をアップしたことで襲われたのです。

 

発対は発症者たちの天敵で発症者の抹殺と情報統制が目的で
発症を確認すると問答無用で襲ってくる様子・・・。

 

敦もあの動画で目を付けられたのでした。

 

敦を助けた女性の名は暮井亜紀。

 

彼女も昔、発対に襲われ体にはその時の銃弾の跡があり
外で能力を使ったことで発対に見つかり父と母は殺され
姉も亜紀を逃がすために生死がわからないと・・・。

 

発対は一度正体がバレたら逃げ続けるしかないと言い
亜紀は敦を自分のところにこないかと誘ってくれて
家から出られないものの亜紀のおかげで
穏やかな日々を送っていました。

 

能力は訓練すればするほどより自在で精密に
長時間操れるということで修業をしていました。

 

2人でお弁当を食べたりして温かい懐かしい感じ。

 

1日中隠れ家にこもって人生最悪の状況なのに
この状況が幸せだったりもして・・・。

 

そんな中、亜紀は敦に大事な用があるからと
敦にも来てほしいと久しぶりに外に出ることに。

 

亜紀は出会った日に話した姉の話のことを口にし
実は・・・と言い出したところで誰かが家に――。

 

亜紀が言いかけたことはなんだったのか・・・
そして隠れ家にやってきたのは発対なのか・・・。

 

発症区を読んでみる

 

サイト内より【発症区】と検索。

 

BookLive

 

発症区のネタバレとその後の展開は?

 

2人がいる隠れ家にやってきたのは
ちょっと目つきの悪い発症者の男。

 

予定が早まったと2人を迎えに来たのです。

 

家の前にはトラックが用意されていて荷台には
その他にも5人の発症者が集まっており
このトラックは発対の支部に向かっていると・・・。

 

発対に捕まった発症者たちがどこに収容されているのか
その詳細全てが記されているデータを取ることが目的。

 

発対は生け捕りにした同胞を実験動物にして
電極だらけで切り刻まれ薬漬けの生き地獄にされていて
その者たちを救い出すと言うのです。

 

亜紀も収容者リストに姉がいるかどうか
生きているなら会いたいと・・・。

 

しかし敦はこの者たちと協力するのはと思っていました。

 

案の定、発対に支部に侵入し戦いを繰り広げると
発症者たちはオモチャみたいに
発対の者たちを殺していく・・・。

 

まともじゃないそんな状況でこんな人たちと組んじゃいけない
自分がなんとかしないとと思った敦でしたが
発対の人間を助けたことで裏切り者として今度は自分が
命を狙われることになってしまったのです。

 

それは亜紀も同じで敦が何を言っても聞き入れてもらえず
亜紀の手によって敦は体を一突きにされたのでした――。

 

発症区
発症区

 

侵入者の1人だった敦でしたが発対により
敦は一命を取り留めたのです。

 

発対も発症者なのか傷を治す者もいたり
バリアの能力を使う者もいました。

 

ただ染谷という発対の者に関しては救いようのない発症者の血を飲み
その力を自分のものにしていたりして・・・。

 

そして発症者の敵だと思われていた発対でしたが
それも首謀者が発対に罪を着せた陰謀だったのです。

 

亜紀やあの発症者たちの首謀者の狙いはなんなのか・・・。

 

それは千葉の大半を住民ごと封鎖した謎の伝染病も関係していたようで・・・。

 

柏木千里という少女は発症者で殺人ウイルスを生み出す能力があり
謎の伝染病と言われていましたがそれは殺人ウイルスが原因。

 

発症者たちの首謀者は発対に保管されていた
柏木千里の脳の一部を盗んでいたのです。

千葉を地獄に変えた発症者・柏木千里の脳の一部を
一体何に使おうとしているのか――。

 

発症区を試し読みしてみる

 

サイト内より【発症区】と検索。

 

発症区の感想は?

 

最初読んだときは発対が敵で発対と戦っていくのかと思ったら
亜紀や他の発症者が悪い奴だったのにはビックリ。

 

発症者の首謀者や亜紀以外の5人はその首謀者たちに
家族を皆殺しにされているなんて・・・。

 

発対がやったことだと自分たちの敵だと思って
憎んで戦っているなんてかわいそうですね・・・。

 

本当の仇はすぐそばにいるのかもしれないのに・・・。

 

そして亜紀の目的はいったいなんなのでしょう・・・。

 

発症区
発症区

 

敦に言った過去は作り話のようで
名前自体も嘘のようです。

 

更にあの男が発対の支部から奪って行った
柏木千里の脳の一部。

 

きっとまた殺人ウイルスを伝染病のように広げて
千葉を地獄に変えたように同じようなことを
またしたいのだと思いますがなぜまた同じことをしたいのか・・・。

 

本作はまだまだ謎が多い感じでこれからの展開も
全く読むことができない感じです。

 

ですが読めば読むほどその後の展開が気になる感じで
今後の展開や結末が気になる本作を
読んでみてはいかがですか?

 

発症区を読んでみるならこちら

 

サイト内より【発症区】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態