ムダ夫 死んでほしい男のネタバレと結末!試し読みやあらすじも

mudaotto

この記事は約 13 分で読めます。



まるいぴよこ先生の作品のムダ夫~死んでほしい男~。

 

結婚をした頃からムダ遣いをしていた夫・・・。

 

どんなにお願いをしてもムダ遣いは直らなく
足りなくなると姑に出してもらい妻がパートを始めると
そのパート代まで当てにするようになったのです。

 

ろくでなしの夫に振り回された結果
どんな結末を迎えたのでしょうか――?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ムダ夫~死んでほしい男~】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ムダ夫~死んでほしい男~を無料で立ち読み

 

ムダ夫 死んでほしい男のあらすじは?

 

タブレット型のPCを買って帰ってくる旦那を待つ
小6と小4の子どもがいる主婦の安田由利。

 

旦那の秀明が内緒で何かを買ってくるのは
今回だけじゃないのです。

 

この前はノートパソコンを買ったばかりで
ロクに使ってもいないのにムダ遣いを・・・。

 

ムダ遣いはやめてと言ってもムダじゃない仕事に必要なんだと
ムキになり仕舞いには自分が稼いだ金を好きに使って何が悪いと
言い出す始末なのです・・・。

 

秀明は中竪企業の会社員でムダ遣いが多く
由利は悩まされていました。

 

由利は短大卒業後会社勤めをしていたのですが
家庭を守り夫を支えるのが妻の務めだし
早く子どもを産まなきゃという秀明と姑の希望で
専業主婦になったのでした。

 

秀明のお給料は秀明が管理し家賃などは引き落とし
月々の食費などの生活費を由利はもらって
やりくりをしていたのですが・・・。

 

ある日、秀明の携帯が買い替えられており
由利は秀明が結構お金を使っているみたいだけど
貯金しているのかとお金の使い方に不安を感じるのです。

 

そして、まもなく妊娠をしたのですが
利明はこどもかとあまり嬉しくない様子・・・。

 

嬉しいと言うものの子どもっていろいろお金がかかると
ため息をつくのでした。

 

由利はどのくらい貯金があるのかと聞きましたが
いろいろ物入りであまりないと言うのです。

 

出産は病院代が保険がきかないし育児用品も揃えなきゃで
大丈夫なのかと心配しますが今度のボーナスを使えば
大丈夫だと言われ教育資金も貯めなきゃいけないし
できるだけ節約して貯金をと言うとわかったと・・・。

 

そして無事に出産を迎えた由利。

 

できるだけ節約して貯金と約束したのに利明は
最新のデジカメを買い田舎にいる姑にビデオを送ると言います。

 

実はデジカメは壊れたりしたわけではなく
前のが使える状態でした。

 

しかし出産祝いとかもらったし少しぐらい使ってもと
由利に相談もなく勝手に買ってしまったのです。

 

由利が何を言っても生返事ばかりですぐにムダ使い・・・。

 

相変わらずな感じだったのでついに由利はお給料の管理を
自分にさせてほしいと言うのでした。

 

しかしそれでも利明は自分が稼いだお金だから
自分が管理して当然とちゃんとやるからと笑顔で断り
そんな利明の態度は2人目が生まれても変わらず・・・。

 

仕事の付き合いで必要だからとゴルフセットを買ったりして
生活費をやりくりしてもギリギリで貯金なんてできないほど。

 

下の子ももうすぐ幼稚園だから自分で自由にできるお金が欲しいと
由利も働こうと決めたのですがそんなとき姑が脳梗塞で倒れ
マヒが残る可能性が大きいと介護の準備を言われたのでした。

 

そして利明は姉や弟も結婚して出て行ったし自分は長男で
施設に入れずに世話をしてやりたい。

 

更にはある事実を由利に伝えたのでした・・・。

 

それは結婚式や出産代、更には幼稚園の入園金など
いろいろと姑に援助してもらっていたのです。

 

利明がムダ遣いをしていたのにやってこれたのは
全部姑のおかげだったのだと気づいたのでした。

 

介護費用は年金を使えばいいし自分も手伝うと頼み
ムダ遣いはやめて節約し貯金をすると約束したのですが
姑の預金通帳から介護費用をくれるだけで手伝うどころか
結婚前に買ったものだと知らない時計をしていたのです。

 

姑のお金を使っているのではと思う由利。

 

どうしてあんなにムダ遣いができるのかと
お金にだらしなくて介護もまかせっきりで
こんな人だったなんて・・・。

 

姑に文句を言われながら育児と介護の両立。

 

更には援助のことも由利がやりくり下手と姑に言われる始末。

 

それから2年後、姑は亡くなってしまったのですが
姉や弟には介護も葬式の手配もうちがしたからと
遺産を少し多めにもらい遺産を頭金にして
今度は家を買うことに・・・。

 

住宅ローンを組んで何千万もの借金をするなんて
払えないと家を手放すことになって頭金も無駄になると
由利は反対をするのですが利明は大丈夫と・・・。

 

なんとか子どものための貯金をしてほしいと
子ども名義の通帳に100万を入れて由利に預けてくれましたが
それでも家だけではなく家具や電化製品も買い替え
由利は不安になりパートに出たいと持ちかけたのです。

 

年収103万未満の配偶者控除が受けられる
扶養範囲内で働くことで了承してくれました。

 

職場では話の合う知人もでき働くのも楽しくて
できるだけ子どものために貯金をしようと考えていた由利。

 

しかし利明は今月はいろいろ物入りで
ローンの支払いがきついと生活費をパート代からも
出してもらえないかと当てにするようになったのでした。

 

もうムダ遣いをしないって言ったのにと言うと
スーツもスマホも新しくしたいし会社の付き合いで
飲み会とかあって仕方がないんだと
ムダ遣いなんかじゃないと文句を言ってきたのでした・・・。

 

ムダ夫 死んでほしい男を読んでみる

 

サイト内より【ムダ夫】と検索。

 

ムダ夫 死んでほしい男のネタバレやその後の展開は?

 

それからも何かとムダ遣いばかりで
文句を言えば逆切れ・・・。

 

利明は自分のことばかりで家族のことなんて考えないし
由利はローンが払えなくなったらどうするのと思うのです。

 

そんな利明との出来事を職場の話が合う知人に話しました。

 

由利がそろそろ子どもたちを塾にも通わせたいし
高校や大学にも行かせたい貯金もロクにできないと話すと
扶養を出て働いたらどうかと子どもたちの年なら
働く時間を増やしても大丈夫じゃないかと言うのです。

 

実は由利の働くパート先は正社員登用もあり
配偶者控除や扶養手当なんて利明の手取りを増やすだけ
家族のためにお金を使わないなら得するのは利明なだけで
扶養内で働く意味がないと言われたのです。

 

しかも年金は厚生年金分増えるし扶養を出たら
立場は同じだし自分で稼いだお金は自分で使うと
言ってやればいいとアドバイスをしてくれたのでした。

 

そのときは考えてみると答える由利でしたがそんな中
利明が今の車は中古の軽だからいい車が欲しいと
ボーナスを頭金にしてローンを組むと言い出してきたのです。

 

もちろん由利は今の車で十分だしローンをこれ以上増やすのは
無理とムダ遣いをする余裕なんてないと反対します。

 

子どもたちにもまだまだお金がかかるし
子どものために貯金をしてとお願いをするのですが・・・。

 

利明は相談すれば反対するじゃないかとまたまたキレだし
貯金ができないのは由利のやりくりが下手で
養ってやっているのに文句を言うなと言うのです。

 

しかも自分はいろいろ我慢してローンを払ってやっていて
自分のおかげで今まで暮してこれたんだろうと・・・。

 

そんな利明の言葉についに由利も我慢の限界。

 

夫が家族を養うのは当然のことで我慢してきたのは
自分の方だと更には自分が家事も介護もしてきたから
この家も買えたし暮せてきたんだと伝えたのです。

 

それでもやはり利明には由利の言葉は届きません。

 

とにかく車は買うからと・・・。

 

ムダ夫 死んでほしい男を試し読みしてみる

 

サイト内より【死んでほしい男】と検索。

 

BookLive

 

ムダ夫 死んでほしい男の気になる結末は?

 

そして迎えたボーナスの日・・・。

 

利明は頭金を入れてきたと由利に話しました。

 

しかもこれからは生活費は全部由利が出せと言うのです。

 

偉そうなことを言ったんだしそれくらいできるだろと
お金が欲しかったら土下座でもして頼むなら養ってやると
ニヤつきながら言うのでした。

 

すると由利はポケットの中から離婚届を出し
利明がそういうつもりならもう一緒には暮らせないと
離婚を言い渡したのでした。

 

以前、利明が子ども名義の通帳に入れた100万円は
子どもたちの養育費としてもらい家と車のローンは
利明が払っていってと伝えます。

 

当然、利明はパートごときでどうやって暮すのかと言いますが
由利は正社員登用試験に合格し本社の事務で働くことに。

 

由利は結婚前は経理をしていて簿記の資格もあり
パソコンも利明がムダ買いしたパソコンで練習し
会計ソフトも使えるようになっていました。

 

しかも結婚前の貯金もあったのでムダ遣いをしなければ
十分暮せると家族のことを考えない夫なんて
いるだけムダだと伝えるのでした。

 

しかし由利は自分のいうことを聞くなら考え直してもいいと
いくつかの提案をし反省して頼むなら離婚しないであげると。

 

利明は自分が悪かったとやり直してくださいと
土下座をして謝るのでした。

 

それからの利明や由利はというと――。

 

由利がお弁当を作り言ってきますと笑顔で仕事に行く利明。

 

由利も正社員として共働きをして生活をしています。

 

由利は子どもたちが自立するまでは家も夫の稼ぎも
あったほうがいいと離婚はしばらく利明の様子を見て
考えようと思っているのです。

 

それまでは自分の将来のためより有利に働けるよう
資格などの勉強をしたいと思いながら・・・。

 

ムダ夫 死んでほしい男を読んでみるならこちら

 

サイト内より【ムダ夫】と検索。

 

ムダ夫 死んでほしい男の感想は?

 

こんなにムダ遣いばかりする男性もいるんですね・・・。

 

うちの旦那も結婚前まではお給料を全部使っていたみたいですし
旦那の友達も今も貯金なんて考えず使ってる感じですが
独身だからできることですよね・・・。

 

家族ができたら子どもが生まれたら
そんなに使うことはできないです。

 

うちはお金の管理は私がしており
女性がするものだと思っていましたが
家によっては夫婦別々で割り勘のようなところや
利明のように旦那さんが管理して生活費だけを
奥さんに渡しているところもあります。

 

当然、奥さんはどのくらい貯金があるのか知らないようです。

 

理想としてはどちらかが管理するにしても
貯金の状況とかお互いがわかっているのがいいのかも。

 

それにしても利明がどのくらい稼いでいるのかわかりませんが
何年も好き放題にやっていけたなんてお姑さんが
かなりお金を持っていたんでしょうね・・・。

 

お姑さんも由利にちょっと冷たい感じでしたが
利明があんな風になったのもお姑さんが利明を
甘やかせて育てたことが原因の1つでしょう。

 

これから利明がどこまで変われるかわかりませんが
変わらないと家族を失ってしまう感じなので
娘たちのためにも変わってもらいたい感じがします。

 

ムダ夫 死んでほしい男を試し読みしてみるならこちら

 

サイト内より【死んでほしい男】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態