約束のネバーランドのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

yakusokunoneverland

この記事は約 18 分で読めます。



白井カイウ先生・原作、出水ぽすか先生・作画の作品の
約束のネバーランド。

 

当たり前の日常に小さな幸せ――。

 

しかしここでの暮らしは永遠ではなく
12歳になるまでには里親を手配され巣立っていく。

 

そんな施設では行ってはいけない場所が2つ。

 

そこにはある秘密が隠されていて・・・。

 

夢は終わりを告げ始まりの鐘がなる――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

【関連記事はこちら】

約束のネバーランドの1巻の発売日は?結末が気になる人気作品

2016.09.17

 

約束のネバーランドのあらすじは?

 

ある女性を母と慕い暮らしているエマ。

 

共に暮らす少年少女は姉弟ではない・・・。

 

グレイス=フィールド ハウスという孤児院で
共に暮らしている者たちはみんな孤児。

 

エマたちは皆そう思っていました。

 

施設の朝は6時の鐘の音で始まります。

 

エマはこの施設で10年もの間暮らしており
気が付けば最年長になっていました。

 

現在は38人もの兄弟がおりみんなのお姉さんのように
靴の紐を結んであげたりしていました。

 

性格も年齢も肌の色もさまざまで
当然、血のつながりなんてありません。

 

それでも大好きなママやみんながいて
血のつながりはなくても大切な家族
施設はエマにとって家だったのです。

 

全てエマや兄弟たちの普通。

 

10年間疑ったことすらなかった当たり前の日常――。

 

フカフカのベットにおいしいごはん。

 

白ずくめの制服に首筋の認識番号・・・。

 

そして将来のためだと学校の代わりだと
ママに言われて受けるテスト。

 

毎日のテストは各門10秒以内に答えなければいけなく
次から次へと出題される問題を答えていきます。

 

みんな半分はいったかななんて言っているなら
エマとノーマンにレイの3人だけは満点。

 

特にエマはママが褒めてくれるから嬉しいと
テストが嫌いではなかったのです。

 

そしてテストが終わればおもいっきり遊べる。

 

みんなで木登りにかくれんぼ鬼ごっこと
小さい頃から森で遊んでおり森は子どもたちの庭。

 

施設の敷地は広く思う存分遊べる感じですが
近づいてはいけない場所が2つ・・・。

 

それは外へと通じる門と森の柵の向こう・・・。

 

施設にいる限り守るべき規則だったため
理由は気にしていなかった子どもたち。

 

外へ出てはならないためエマは
外へだたことがありませんでした。

 

しかしエマは一度だけ内緒で門へ行ったことがあります。

 

普段は閉じていて誰もいない廃墟みたい・・・。

 

ママには門と森の奥の柵へは近寄ってはダメと言われ
子どもたちの中には一体何から自分たちを
守っているんだと言う子も・・・。

 

エマたちの首に付けられている認識番号や
普段は閉じられている門などいったいどんなことが
隠されているのか――。

 

約束のネバーランドのネタバレやその後の展開は?

 

施設で暮らしている子どもたちは
誰一人外の世界を知りません。

 

ですが絵本や小説に学術書など
図書室に並ぶ本で外の世界を知っています。

 

今まで施設を出ていた兄弟たちは誰一人手紙を送ってこなく
きっと施設のことなんて忘れちゃうぐらい楽しいことで
いっぱいなんだと皆は思っていました。

 

そんなある日、施設で暮らすコニーが
施設を巣立っていく日がやってきました。

 

新しい服を着てママが自分のために作ってくれた
ウサギのぬいぐるみを抱きしめここを出ても頑張ると・・・。

 

大人になったらママみたいなお母さんになりたい
絶対に子どもを捨てたらりしないと皆に言うのです。

 

施設の子たちは皆、実の親の顔も
生まれた場所も知らない。

 

新しい家族ができることや旅立ちは嬉しいこと。

 

でもやっぱり別れは寂しいのです。

 

10年間ずっと見送る側だったエマ。

 

次はもしかしたら自分かもしれない・・・。

 

そんなときコニーが大事にしていた
ウサギのぬいぐるみを見つけました。

 

すでにコニー入ってしまった後でしたが
遠くの門にまだ灯りが付いているのが見えると
見送りに行ったママも戻ってきてないし
まだ出発していないかもとエマとノーマンは
ウサギのぬいぐるみを届けることに。

 

しかし施設のドアはドコモ鍵がかかっていて
外に出ることができません。

 

ですがノーマンはとても頭が良く
知恵の輪レベルだと言ってドアを簡単に開け
コニーのいる門まで行くのでした。

 

普段は閉まっている門ですがこのときは開いており
中には車が1台ありました。

 

車の中にはコニーはいなく荷台に載せておけばわかるかと
荷台にウサギのぬいぐるみを置こうとしたエマ。

 

しかしその荷台にはコニーの亡骸があったのです。

 

そして誰かいるのかと声がしなかったかと
やってきた者たち・・・。

 

その者たちは食人鬼――。

 

食人鬼の1人はコニーの指の先だけでも食べたいと言いますが
もう1人は大事な商品で自分たちには手の届く代物じゃないと。

 

更にはこの農園の人肉は全部金持ち向けの高級品だと言います。

 

そう、エマたちはずっと食べられるために生きてきたのです。

 

食人鬼たちはそろそろフルスコアの3匹も
摘めるように仕上げておけと言い出しました。

 

それは断トツの頭脳を持つ天才ノーマンと
唯一互角に渡り合える博識で知恵者のレイ
そして抜群の運動神経と驚異的学習能力で
常に2人に追随するエマのこと。

 

食人鬼に指示をされているのは
エマが大好きなママでした。

 

いつも優しいママがと信じられないエマ。

 

ここは農園で自分たちは食料。

 

ノーマンは外がどうなっているかはわからないけど
生き延びるには逃げるしかないと
エマに逃げようとここを出ようと言いました。

 

エマとレイとノーマンの3人なら
きっと逃げられると言いますが
エマはこれ以上家族が死ぬのは嫌だと
みんなで一緒に逃げようと言うのです。

 

頼れる大人はいない・・・
あの化物からどう逃げる?

 

これは鬼ごっこと一緒だと自分たちが
生き残る方法を見つけなければ――。

 

始まりの金がなる・・・。

 

エマたちは無事この農園から逃げ出せるのか――?

 

BookLive

 

約束のネバーランド2話!真実はいつも残酷に・・・

 

エマたちが置かれている現実の正体。

 

ここは農場で自分たちは鬼に飼われる
食用人間のためいつかは殺される・・・。

 

もう誰も殺させない――。

 

いつもと変わらない朝を迎えたエマ。

 

ママは笑顔で朝ごはんの用意をし
笑顔で子どもたちの相手をしエマやノーマンも
笑顔で挨拶をしていてまるで全部が夢のよう。

 

しかしこれは夢ではないのです。

 

ノーマンはエマニ普段通りに振る舞うように言いました。

 

規則を破って門へ行ったけど何も見なかった。

 

リトルバーニーを見つけてママは不振に思うだろうけど
だからと言って誰の仕業かまではわからない。

 

行ったことや知ったことそして逃げることなど
何一つこちらから明かすことはないと。

 

顔に出せばママは気づくから今は誰にも言わずに
自分たちだけでここから逃げ出す方法を見つける――。

 

エマは今朝初めて気が付いたことがありました。

 

それはハウスの格子窓が内側からは届かない位置で固定され
更にはネジ穴が潰してあるというのです。

 

それは檻のように。

 

好き嫌いなく食べられるおいしい餌も汚れが目立つ白い服も
規則正しい生活もすべて商品の品質を保つため。

 

しかし食用に教育は必要はないむしろ鬼にとっては危険なはず。

 

年齢やテストの成績が肉の等級に関係しているのも
なぜかとわからないことばかり。

 

ハウスを知っていたつもりで何も知らなかった
外は未知なため知らなければと情報を整理する2人。

 

そして今までの周期から次の出荷は最短で2ヶ月後。

 

それまでに全員で脱出できる方法を考え出さなければ・・・。

 

脱出手段として考えられたのは昼間の遊び時間を利用し
森から逃げるという方法でした。

 

出荷時間以外は門は閉まっているし開くときは鬼がいる
出荷の夜では誰か1人は犠牲になるし年少者が夜に
起きていられるか心配とのことで決められた方法。

 

森を抜けて外に出れるか確認をする2人でしたが
高い塀があったもののロープ1本あれば2人なら登れる。

 

でも全員を連れ出せるかと悩むノーマンでしたが
この農園は逃亡を前提には造られていないと考えるのです。

 

そんなとき昼間の遊びの時間が終わる
ママの鐘の音が響き渡りました。

 

急いで戻り事なきを得た2人でしたが
森で兄弟であるナイラが見つからないと・・・。

 

もう日が暮れるし真っ暗だからと子どもたちは心配しますが
ママは時計のような物を見ながら大丈夫と言います。

 

みんなはここから動かないでと言い探しに行くママ。

 

少しして戻ってくるママの腕にはナイラがおり
疲れて眠っちゃったとケガ1つないとママは言い
それを喜ぶ兄弟たちでしたがノーマンだけは違います。

 

早すぎる・・・ママはまるでナイラがどこにいるか
わかっているみたいだと言うのです。

 

昔からママは自分たちを見つけるのが得意で
どこにいても見つかってしまう。

 

そう。ママが持っているのは時計じゃない・・・
発信器ではないかと2人は思うのです。

 

自分たちの体のどこかに埋められているのかもと・・・。

 

だとすれば脱走の決行どころか
計画がバレた時点ですべてが終わり。

 

ママはわざとわかるように見せていました。

 

それはリトルバニーがコニー以外の誰かの手で
持ち込まれたということを気づいているから・・・。

 

ママは誰であろうと逃がさない
そう言いたいのだろうと2人は思うのです。

 

宣戦布告――。

 

どんなときもそばにいた最愛の彼女は
母であり死神だったのでした。

 

約束のネバーランド3話!永遠の子どもたちよ立ち向かって生き残れ

 

ママは同じ人間で自分たちを愛していると
心のどこかで信じていました。

 

でも優しかったママは全部ウソで何もかも
鬼に食べさせるための芝居。

 

親でも人間でもなくママは鬼・・・。

 

もうあの日には戻れない・・・。

 

最愛の母のその姿は今は遠くそして宣戦布告――。

 

エマたちに残された期限は2ヶ月。

 

それまでに全員で脱出できる方法を考えなければいけない。

 

この農園の人肉は高級品で発信器を付けて監視するほどの。

 

エマたちの価値・・・鍵は年齢と成績。

 

6歳から12歳になぜ出荷されるのか
そして成績が何に関係しているのか・・・。

 

導き出した答えは6歳以降の成績の低い順に収穫され
12歳になれば無条件に出荷されるということでした。

 

年齢は肉の等級で成績順なのは脳の大きさを意味していました。

 

人間の脳は6歳までに90%成長すると言われていて
12歳までに100%とも言われている・・・。

 

鬼たちの狙いは人間の脳で脳が一番おいしく
それもより発達した脳が旨い・・・。

 

そのためにいかなるリスクもコストも厭わない
だから高級品だということに気付いた2人。

 

エマたちはハウスに戻りロープを探すことにしました。

 

発信器があるのではないかと心配しますが
ノーマンはハウスの中にはそれらしきものは
なかったと答えます。

 

それと同時にハウスじゃなくて食品(自分たち)の方に
細工がしてあるなんてとも・・・。

 

エマは自分たちが塀まで行ったことをママにばれているかと
心配しますがノーマンは自分たちの居場所を
常に把握しているわけじゃなく確認して初めて位置を知ると・・・。

 

もしかしたら門へ行ったこともそこで知ってしまったことも
逃げようとしていることもバレているかもと思うのですが
少なくても誰かの特定はできていないはずだと・・・。

 

そう、ママはまだ誰かは特定できていませんでした。

 

なのでみんなのいつもの様子と違わないか反応を見ていました。

 

コニーの絵を見ていたエマに話しかけ元気がないと首を触り
脈を測りながら正常値かどうかもチェック。

 

鋭い目つきでエマの反応を見ていますが
エマは笑顔でいつも通りを装いあえてコニーの話を。

 

更にはハウス好きかという質問に対して
ハウスもママも大好きと抱きつくのです。

 

それに対しママも平然と迷いも隙もない
まるで鉄壁のように・・・。

 

普段通りにしようとしていてもそのままの様子に
顔に出てしまいそうなときレイに助けられたのでした。

 

しかしエマやノーマンがその場を立ち去ろうとしたとき
ママはこう言うのでした。

 

「あなた達二人昨日門へ行った?」

 

エマたちは規則だしいかないと答えますが
ママは標的が二人だと判っていたのです。

 

発信器の信号は個人を特定できないためだから探していた――。

 

期限は2ヶ月もない・・・。

 

ママに計画を悟られる前にママを出し抜き脱獄し
そして全員で生き延びる。

 

エマたちがロープがあるならこの部屋だと探しているとき
ママもまた誰一人逃がさないと言うのです。

 

生き残るのは自分だと――。

 

鏡に映ったままの首にはエマたちと同じ認識番号が・・・。

 

ママに隠された秘密とはいったい――?

 

約束のネバーランド4話!闇を差す一筋の希望

 

ロープがあるならここだと物置部屋に忍び込んだ2人。

 

ロープなんてハウスの生活には必要がないため
ロープ自体はなかったのですが代わりの物が・・・。

 

それはテーブルクロス。

 

テーブルクロスを切り刻みロープにした2人は
それを森の木の中に隠しました。

 

これで塀を越える準備はできたものの
難題は発信器と全員を連れ出す方法。

 

エマはレイには話しても大丈夫ではないかと言い
レイならパニックにならないし物知りな分
機械にも詳しいから戦力にもなるとノーマンも言います。

 

冷静で的確なレイ。

 

常に先を読んで最善の判断を下すため
全員で生き延びるためにもレイの協力は不可欠。

 

そうノーマンはわかってはいるのですが
なにか気になることがあるようで・・・。

 

そのためノーマンは自分から話すとエマに伝えますが
2人のそばにはレイがすでに居て今話せと言うのです。

 

レイはコニーに渡すと2人が門に行ったのに
間に合わなかったと言いながらも手ぶらで
何かあったのだと問い詰めようと思っていたのでした。

 

そしてついにレイにも話をすることにしたのです。

 

鬼のこと農園のこと・・・そしてママが敵だということ
すべてをレイに話しました。

 

しかし頭の良いレイはすぐにのみこみこう言うのです。

 

実際に逃げるとなると全員は無理で
実現可能なメンバーに絞ろうと・・・。

 

ですがエマは全員で逃げたいとレイに告げました。

 

頭の良いレイは大半が6歳未満で37人全員が
ママ、鬼、発信器という脱走の難易度がはね上がる中
無理だと言うのです。

 

そしてハウスから出るだけではダメだという
事実も告げたのです。

 

それはノーマンが自分からレイに話すと
言ったことにも関係していました。

 

外がどうなっているかわからず
農園があるということは出荷される先がある。

 

外に待つのは鬼の社会で人間の生きる場所なんて
最悪どこにもないということでした。

 

全員で逃げれば全滅は見えていると
置いて行くのが最善だとレイは言います。

 

しかしエマは無理でも全員で逃げたいと言い
更には外に人間の生きる場所がないなら
世界を変えようとまで言うのでした。

 

理想論ばかり言うエマに無茶だと思うレイでしたが
やろうと決めてできなかったことは一度もないと言う
ノーマンに放っとけないだろうと言われ
レイも力を貸すことにしたのでした。

 

ハウスにある本は30年前のもの。

 

30年前までは本を出版できる世界だった・・・。

 

外に人間社会がある可能性もゼロではないものの
勝算のないバクチではダメだと外を知り敵を知り
策を打ち生き延びてやるからには勝つと言うのです。

 

闇を差す一筋の希望。

 

はたして外には人間社会があるのだろうか――?

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態