レンタル家族 親に売られた子供のネタバレと結末!感想や試し読みも

rentalkazoku

この記事は約 14 分で読めます。



藤井三和子先生のストーリーな女たちで連載の
作品のレンタル家族~親に売られた子供~。

 

親の作った借金を返すためにレンタル家族として
働くことになった悠と智也の兄弟。

 

本当の孫に会わせてもらえなくレンタル家族として
孫としておじいさんのところにやってきた2人。

 

最初は受け入れてもらえない2人でしたが
本当の家族のようになっていき・・・。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

どこよりもネタバレしていますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【レンタル家族 親に売られた子供】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

レンタル家族 親に売られた子供を無料で立ち読み

 

レンタル家族 親に売られた子供のあらすじは?

 

二人きりでも頑張っていけるねお兄ちゃんと一緒だからと
弟の智也に話をする兄の悠。

 

そんな兄に対して男の子だから泣かないと
頑張ると智也も言うのでした。

 

2人は親の借金のために仕事をさせられようとしていました。

 

それはあるところに住むおじいさんの孫になって暮らし
いい子を演じてかわいがってもらうこと・・・。

 

そうすれば借金も早く返せて親も戻ってくると言われるのです。

 

2人はスイートホームサービスという会社で
1週間の契約でレンタルされていたのです。

 

2人を連れてきた木田という男は前金もらっているからと
2人を置いて帰っていきます。

 

おじいさんの所に孫として貸し出すように注文したのは
おじいさんの息子でおじいさんはなんのことなのかわかりません。

 

そんなおじいさんに2人は僕たちはレンタル家族だと
お客さんのなってほしい家族になって一緒に暮らしてあげる
それが自分たちの仕事だと言うのでした・・・。

 

おじいさんは息子の明に電話をしてレンタル家族をよこしてまで
自分に会わせたくないのかと聞きました。

 

息子の明は自分や母親にしてきた仕打ちを償いたいなら
遺産のほとんどを残して死んでほしいと言います。

 

更には送ってよこしたお金で孫を注文したと
あんたなんかにはニセの家族で十分だと言うのです。

 

おじいさんは2人に連れてきた男が2人の父親なのかと聞きます。

 

智也は本当の父親について答えようとしますが
兄の悠が連れてきた男が父親で家族でこの仕事をしていると
おじいさんに伝えるのです。

 

学校はどうしているかと聞かれても自分はまだ5歳だから
学校にいっていないと・・・。

 

悠はいろいろ探られると面倒だから何か聞かれたら
家族でこの仕事をしている都市もごまかし学校には
まだ行く年じゃないと言えと木田に言われていたのです。

 

そんなおじいさんに優はここでひとりで暮らしているのかと聞くと
おじいさんは家族なんてうっとおしいだけだけだから
おまえたちも必要ないと・・・。

 

そして今夜は泊まらせてやるから明日には帰るんだと・・・。

 

弟の智也はフカフカのお布団なんて初めてだし
おいしいもの食べられるしと楽しいと言いますが
悠の方は子どもながらに気付いていたのです。

 

「本当は誰がくるはずだったの・・・?」

 

おじいさんに言ったこの言葉・・・。

 

悠に言われたこの言葉や息子に言われたニセ家族で十分との言葉に
おじいさんは飲まずにはいられません・・・。

 

悠と智也の父親と母親ですが競馬などをしたりしていて
かなりの借金を作っていました。

 

そして借金が返せなくなりレンタル家族の会社が
子どもを探していると必ず迎えに来るからと
2人をレンタル家族の会社に売ったのです。

 

レンタル家族~親に売られた子供~
レンタル家族~親に売られた子供~

 

自分たちが頑張って仕事をしてお金を返したら戻ってくる
お母さんたちもどこかで頑張っていると
あの頃に帰れると寄り添いながら眠る2人。

 

次の日、おじいさんのところに近所の人がやってきました。

 

瓦のゴミ拾いの当番だからと声をかけに来たのです。

 

しかしおじいさんは付き合いが悪くいつも出てこない・・・
気難しい人だと言いますがそんな近所の人たちに悠は話しかけ
そしておじいさんの代わりに自分たちがお手伝いをするのでした。

 

2人はおじいさんの孫としてお手伝いをしましたが
おじいさんは自分には家族は必要ないとさっさと帰れと
2人に冷たく接しました。

 

しかし悠は嘘だと本当は会いたい人がいるんでしょと・・・。

 

悠は誰だって独りぼっちじゃ嫌だしさびしくて当たり前と
おじいさんに言いますがうるさいと言われてしまいます。

 

しかし智也がこう言うのです。

 

「おじいちゃんさびしかったの?
だからいつもそんなコワイ顔しているの?
すっごく泣きたいとき泣かないぞってがんばってると
コワイ顔になるでしょう、だからなの?」

 

悠は自分たちではダメなんだとおじいさんに必要なのは
別の子どもなんだとおじいさんの元を去ろうとします。

 

しかし智也の自分にはおじいちゃんがいなかったから
ちょっとこわかったけど嬉しかったという言葉に
おじいさんの心は開いたのです。

 

契約は1週間であと6日ある。

 

自分も孫というのは初めてだから扱いに自信はないけど
ここにいてもいいと・・・。

 

それからおじいさんは2人のためにご飯を作って
一緒にご飯を食べるのです。

 

3人で食べる小k時はなんだかおいしい感じがすると。

 

おじいさんの笑い声は外まで聞こえてきて
近所の人は信じられないとお孫さんのおかげだと
そんな風に言っている人もいました。

 

それからのおじいさんは怖い顔をしなくなり
智也はおじいさんはさびしくなくなったのかなと
この仕事は自分たちも嬉しくなるし楽しいと言います。

 

遊園地に行ったり3人でお風呂に入ったりして
とても楽しい時間を過ごしました。

 

しかし智也の一言から木田が
2人の父親でないことがバレます。

 

借金のカタに働いていること借金を返せば
2人もそして両親も自由になれると知ったおじいさんは
なんと2人のために借金分のお金を出してあげると――。

 

おじいさんはかなりのお金持ちでした。

 

若い頃から好き放題生きてきて家族のことなど顧みず
家を飛び出して放蕩三昧であるとき株が大当たりし
おもしろいようにお金が入ってきました。

 

しかし気が付いたら一人で妻も息子も
もう振り向いてくれなかったのです。

 

孫がいると風の便りで聞いてひと目会いたいと思い
息子に連絡をしてみたものの許してはもらえなかった・・・。

 

昔のバチが当たったんだと当たり前だと言うのです。

 

そしておじいさんは捨てられたもの同士
助け合っても良いじゃないかと
2人には幸せなひと時をもらったお礼がしたいと
血は繋がってなくても孫は良いものだと・・・。

 

明日お金をおろして借金を返しそしたら
お母さんのところに行くのもいいし
ここでしばらく暮しても良いとおじいさんは言います。

 

それから3人は寄り添いながら幸せに眠りました。

 

本当に孫ができたようだったと
おじいさんはそう思いながら――。

 

レンタル家族 親に売られた子供を読んでみる

 

サイト内より【レンタル家族】と検索。

 

レンタル家族 親に売られた子供のネタバレとその後の展開は?

 

幸せなひと時を過ごした3人。

 

次の日はおじいさんと銀行に行ってお金をおろし
借金を返済に行く約束をしていました。

 

しかしおじいさんはそのまま起きることはなかったのです。

 

おじいさんは脳溢血で寝ている間に亡くなってしまい
お葬式にはおじいさんの息子や本当の孫が来ました。

 

おじいさんのことを悲しむでもなく
弟の方はゲームをしています。

 

近所の人たちは孫ってあんな子だったかなと
そんな風に言う人もいました。

 

遠くからおじいさんのお葬式を見る2人・・・。

 

レンタル家族~親に売られた子供~
レンタル家族~親に売られた子供~

 

木田は行かなくていいのかと言いますが
悠は本物の家族がきているみたいだからと・・・。

 

智也はぼくたちが行かなくても
もうさびしくないし良かったねと言います。

 

やっと会いたかった人たちに会えたおじいさん。

 

ずっと会いたかったんだとおじいさんのことを考え
悲しくなる悠に木田は次の家族がおまえたちを待っていると
そう言って3人は歩いて行くのでした。

 

僕たちはいつ会えるんだろうと思いながら――。

 

レンタル家族 親に売られた子供を試し読みしてみる

 

サイト内より【レンタル家族】と検索。

 

BookLive

 

レンタル家族 親に売られた子供の結末は?

 

スイートホームサービスはマンションの一室を
事務所にしています。

 

レンタル家族は家族が欲しい人のところに行って
その代わりをしてあげるもの。

 

悠や智也の他にも女性がいて
妹として結婚式に出席したり・・・。

 

悠や智也が行った次の仕事は絵本に出てくるようなお家で
依頼主はそこの旦那さんでした。

 

子どもを事故で亡くし次の子どもを妊娠しても
育たないうちに亡くしてしまうという・・・。

 

もう子どもは無理と諦め養子縁組申請をし
子育ての予行演習のつもりで2人をレンタルしたのです。

 

悠や智也がいると子どもがいた頃のようだと
2人のために料理をしたりケーキを一緒に作ったり
公園ではキャッチボールをするなどまるで本物の家族のよう。

 

子どもがなくなってからは笑わなかった奥さんも
笑うようになり近所の人はあんな風に笑う人だったのかと。

 

そしてついに養子縁組やめ2人を養子にと考えるように。

 

レンタル家族~親に売られた子供~
レンタル家族~親に売られた子供~

 

智也はすぐに喜びました。

 

自分はお母さんにご飯を作ってもらったり
優しくおやすみなんて言ってもらったことがない
あんなに優しいお父さんとお母さんだったらと。

 

しかし2人がお父さんやお母さんに
なることはありませんでした・・・。

 

それからも2人は不倫をしている男性の子どものフリをし
相手の女性にパパを取らないでと別れさせる役をしたり
父親が再婚をしようとしている家で娘の弟役をしたりします。

 

その娘は生まれてすぐにお母さんが亡くなって
本当のお母さんを知りません。

 

お父さんが大好きなのにお父さんは再婚しようとしていて
大好きなお父さんを取られると思っていました。

 

何かあるたびに悠や智也にいじわるをし
叩いたりつねったりすることも・・・。

 

でも本当の彼女の気持ちを知った智也は
一緒に家から逃げようとしました。

彼女は2人に出会ったことで素直になり
再婚相手ともちゃんと話してみて
仲良くなってもいいかなと思うのです。

 

そして2人のほっぺにおなじないだとキスをし
早くお母さんに会えるようにと祈ってくれるのでした。

 

レンタル家族 親に売られた子供を読んでみるならこちら

 

サイト内より【レンタル家族】と検索。

 

レンタル家族 親に売られた子供の感想は?

 

最初に木田を見たときは悪い人と思いましたが
悠や智也の両親の残した借金のために
2人を働かせてはいますが悪い人ではないようです。

 

そして2人が出会った人たちはいろいろな形で
幸せになっていました。

 

最初のおじいさんは本当の家族には
生きているうちに会うことも家族として
接することもできませんでしたが2人のおかげで
血は繋がっていなくても幸せなひとときを過ごしました。

 

次の家では子どもを亡くしてから
妊娠してもきちんと育たずに
もう自分の子を諦めていた夫婦でしたが
2人がやってきて妊娠していました。

 

不倫をしひどい形でフラれた女性も
本当の愛を見つけることができました。

 

自分たちは親から愛をもらえず捨てられたのに
人を幸せにし心の優しい2人。

 

レンタル家族~親に売られた子供~
レンタル家族~親に売られた子供~

 

一緒に暮らしていたときも良い母親ではなかったのに
それでもやっぱり実の母親がいいと一生懸命働いて
両親が迎えに来てくれるのを待っている・・・。

 

もしかしたら2人のことなんて忘れているかもしれないし
借金がなくなっても迎えになんて来ないかもしれません・・・。

 

レンタル家族として仕事をしながら
いろいろな人たちに出会っている方が
もしかしたら幸せなのかもしれません。

 

それでもやっぱり2人はいつか出会えることを夢見ながら
両親を待っているのです・・・。

 

2人の願いがかなう日が来ると良いなと思います。

 

レンタル家族 親に売られた子供を試し読みするならこちら

 

サイト内より【レンタル家族】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態