黒伯爵は星を愛でるのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

kurohakusyakuhahosiwomederu

この記事は約 7 分で読めます。



音久無先生の作品の黒伯爵は星を愛でる。

 

笑顔を忘れずに過ごしていた孤独な少女・エスターを
迎えに来た王子様・レオンはなんと吸血鬼ハンター!

 

レオンの花嫁となったエスターを待ち受けていたのは
レオンからの甘すぎる愛の囁に満ちた日々でした。

 

毎回ドキドキさせられっぱなしの妻は
甘すぎる日常をどうやって切り抜ける――!?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【黒伯爵は星を愛でる】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

黒伯爵は星を愛でるを無料で立ち読み

 

黒伯爵は星を愛でるのあらすじは?

 

ロンドンの下町で花売りをしている
16歳の少女エスターは幽霊が見える体質でした。

 

そんな彼女は病で母親を失いその1か月後に
双子の兄・アルジャーノンが貴族の養子になってしまい
一人きりの生活を送っていました。

 

笑顔を忘れないでねという母の教えを守り
毎日明るく過ごしているエスターでしたが孤独な生活が
一生続くかもしれないという恐怖に内心では怯えていました。

 

黒伯爵は星を愛でる
黒伯爵は星を愛でる

 

笑顔を忘れなければいつか金髪の王子さまが迎えに来てくれると
信じていた彼女の前にやがて本当に金髪の伯爵レオンが現れます。

 

レオンはエスターを花嫁にするため迎えに来たのです。

 

いつも笑顔の君をずっと見ていたという彼の告白に
言いつけを守っていたら夢のようなことが起こったと喜ぶエスター。

 

庶民の自分と伯爵様では立場が釣り合わないと戸惑いながらも
エスターは彼とともに馬車で伯爵邸に訪れることになるのですが――?

 

黒伯爵は星を愛でるを読んでみる

 

サイト内より【黒伯爵は星を愛でる】と検索。

 

黒伯爵は星を愛でるのネタバレとその後の展開は?

 

レオンに花嫁として迎えられたエスターの日常は一変。

 

伯爵邸でエスターは自身の出生の秘密と能力について知らされます。

 

彼女が今まで幽霊だと思っていたものはなんと吸血鬼で
しかも彼女の父親は吸血鬼だったことが判明。

 

吸血鬼と人間のハーフであるエスターは
吸血鬼のいる場所を感知できるダンピールだったのです。

 

レオンが吸血鬼ハンターだったこともあり彼には
ダンピールの能力を求められているだけだと思い込むエスター。

 

2人は協力関係となり表向きには夫婦となります。

 

レオンは心の底からエスターを愛しているので
何度も愛を告げるのですが伝わりません。

 

エスターもレオンに好意を持っており彼のために
役立ちたいと思っているのにうまくかみ合わない2人です。

 

黒伯爵は星を愛でる
黒伯爵は星を愛でる

 

またレオンはかなり嫉妬深い性格で
エスターに近づく男には容赦しません。

 

彼が特に警戒しているのは吸血鬼の王である
クリスティアン(通称クリス)。

 

クリスはエスターの能力や生い立ちを知っており何かと彼女に執着します。

 

実はエスターの双子の兄アルジャーノンは
クリスから妹を守るために彼の家の養子になっていたのです。

 

立場的にも微妙なエスターはレオンの親族
リチャードから快く思われていません。

 

リチャードはダンピールの血を吸血鬼ハンターの家系に加えることに反対し
そのためエスターを追い出すために罠を仕掛けてきます。

 

遠回しに出ていくよう言われたエスターはレオンのために伯爵邸を抜け出し
結果、クリスのもとに身を寄せることになってしまいました。

 

クリスはエスターを口説き手に入れようとしますが
レオンを愛していると自覚したエスターは惑わされません。

 

愛する妻を取り戻しに来たレオンは改めてプロポーズし
彼の本心を知りプロポーズを受け入れるエスター。

 

すれ違っていた2人はようやく両思いになり正式な夫婦となりますが
アプローチがさらに熱烈になったレオンを前にエスターは――?

 

黒伯爵は星を愛でるを試し読みしてみる

 

サイト内より【黒伯爵は星を愛でる】と検索。

 

BookLive

 

黒伯爵は星を愛でるの感想は?

 

音久夢先生といえば『花と悪魔』で知られる漫画家の先生です。
 

可愛らしい絵柄とほのぼのしたストーリーの中に
シリアスを織り交ぜるのがとても上手い方です。

 

この作品も可愛らしい絵柄と一見ほのぼのとした夫婦の
イチャイチャものかと思いきやシリアスな背景があります。

 

ストーリーだけ追っていると重そうですが
キャラ同士の掛け合いが面白くて全然重たい感じがしません。

 

シリアスだけどほのぼのとした気持ちで読めますし
ヒーローとなるレオンですが性格がわかりやすくていいです。

 

黒伯爵は星を愛でる
黒伯爵は星を愛でる

 

掴みどころがなくて浮名を流しまくっていたそうですが
エスターを花嫁に迎えてからはそれもぴたりと無くなります。

 

エスターはレオンが言葉と行動で好意を示しても
全くそれに気づかないくらい鈍感です。

 

いっそレオンが哀れなくらいでエスターがレオンを追いかけているというよりも
レオンがエスターを振り向かせるために奮闘している感じです。

 

非の打ちどころのない完璧なイケメン紳士がたった一人の少女に
振り回されているのでエスターではなくレオンを応援したくなります。

 

黒伯爵は星を愛でるを読んでみるならこちら

 

サイト内より【黒伯爵は星を愛でる】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態