ヴァージンリッパーのネタバレと感想に最終回!あらすじや無料試し読みもあり


この記事は約 8 分で読めます。



藤田まぐろ先生の作品のヴァージンリッパー。

 

新人死神のヒカリはその優しさと前向きさゆえに
死神たちの中では少し浮いた存在。

 

許しの時をまつ彼女は優しい上司・リョウマに
淡い心を抱きながら毎日を過ごしていました。

 

そんなある日、運命を司るアカシックレコードが
何者かによって盗まれてしまい・・・。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ヴァージンリッパー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ヴァージンリッパーを無料で立ち読み

 

ヴァージンリッパーのあらすじは?

 

命を終えた魂が行き着く先、黄泉城。

 

冥界の入り口にそびえ立つそこは
死神たちの司令塔でもありました。

 

死神として日々働いている寿ヒカリ。

 

明るく元気な彼女でしたが死神の鎌をスプーン型に改造し
能天気に振る舞う彼女は死神たちの中では酷く浮いた存在でした。

 

それは死神たちは全員、前世でとある罪を犯し
死んでいたからでした。

 

その罪とは自殺――。

 

本来即地獄いきである自殺者ですが
特定の条件を満たしたものだけが死神となり
その罪を償うことが許されます。

 

しかし業務を怠り問題を起こせば
即刻地獄へ落とされる立場であるが故に死神たちは
皆一様にピリピリとした雰囲気を纏っているのです。

 

ヴァージンリッパー
ヴァージンリッパー

 

そんな中でもヒカリが笑顔でいられるのは
死神の仕事を全うすればいつか天国へいけると信じているから
そして尊敬する上司・リョウマがいるからでした。

 

セクハラまがいな言動が多いリョウマですが
閻魔大王の息子という本来死神たちとは
一線を画す存在でありながらも対等な目線で接してくれる。

 

ヒカリにとっては素敵な上司であり
そして恋心を抱いている相手でもありました。

 

しかしそんなある日、ヒカリたちの世界を
揺るがす大事件が起こります。

 

それは黄泉城にある最重要機密、アカシックレコードの盗難。

 

全ての生命の過去や未来を記憶している
データバンクであるそれが
何者かによって盗まれてしまうのです。

 

アカシックレコードとシンクロしたヒカリが
その相手を追うと盗みを働いたのは自殺した「猫」が
死神となったナギという存在でした。

 

しかし彼はあくまで盗み方を教わっただけ。

 

そしてその盗み方をナギに教えた相手こそ
ヒカリが尊敬するリョウマだったのです。

 

ヴァージンリッパーを読んでみる

 

サイト内より【ヴァージンリッパー】と検索。

 

ヴァージンリッパーのネタバレとその後の展開は?

 

手に入れたアカシックレコードで
人の命を弄んでみせるリョウマ。

 

おまけに彼はヒカリの言葉に耳を貸すことなく
彼女を攻撃してきます。

 

増援が現れたことによりその場は撤退するリョウマ。

 

捨て際に彼が言い放ったこれからアカシックレコードで
世界をめちゃくちゃにするという言葉を残されたヒカリは
ただ呆然と聞いている事しかできませんでした。

 

その後アカシックレコードとシンクロしていることもあり
リョウマとレコードの確保のため協力をすることになるヒカリ。

 

しかし彼女はリョウマを殺すのではなく
彼にあって罪を償わせたいと考えていました。

 

その後リョウマの幼馴染でもあるドクター・愛禅の協力もあり
どうにかリョウマに会おうと奮闘するヒカリ。

 

ヴァージンリッパー
ヴァージンリッパー

 

しかし何度会っても彼の本心も
目的もわからず、彼女は迷い苦しみます。

 

おまけに彼が連れて行った10人近い死神たちが
彼女の前に立ちふさがるようになり
次第いリョウマと会うことすらできなくなっていくヒカリ。

 

彼女が保護したナギが無事に元気になったのもつかの間
ヒカリはリョウマについていった
双子の死神により精神崩壊させられそうになります。

 

刻一刻と悪化していく状況
そして少しずつ明らかになっていくヒカリの正体。

 

魂の形が人と異なるヒカリ
その理由は彼女の生前にありました。

 

彼女は実は元々生まれて数年と経たないうちに
殺される運命として作られた存在だったのです。

 

「蛍」という少女のために作られたただのパーツだけの存在・・・
ヒカリはもともと「光」という名のクローン人間だったのです。

 

そのため生き方も価値観も
他の死神とも人間とも異なっている彼女。

 

自分が何者かすらしらないヒカリですが
リョウマは生前から彼女のことを知っていたようで・・・?

 

ヒカリの存在とはそしてリョウマの
本当の目的とはいったいなんなのか。

 

ヴァージンリッパーを試し読みしてみる

 

サイト内より【ヴァージンリッパー】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

ヴァージンリッパーの感想は?

 

「ケロケロちゃいむ」で有名な藤田まぐろ先生の作品。

 

絵柄は相変わらずとてもかわいかったですが
フレイヤコミックスで連載されていたものなので
ちょっと以前より大人向けな雰囲気の作品となっていました。

 

死神の世界が舞台となっているということで
少しダークなお話です。

 

絵柄的に藤田先生はかわいいラブコメディのような
お話を描く人かと思っていましたが
こういった作品も描かれるんですね。

 

ヴァージンリッパー
ヴァージンリッパー

 

とはいっても思い返せば確かに「ケロケロちゃいむ」も
原作はちょっとダークな雰囲気に仕上がっている部分もあったので
根本はあまり変わらないのかもしれません。

 

物語の性質上、グロ要素は強くないですが
人が死んだり殺されたりという描写があります。

 

あと結構人間関係がドロドロしていますね。

 

なぜリョウマがアカシックレコードを盗んだのか
果たしてヒカリは何者なのか・・・
その辺りがもの当たりの肝になってきます。

 

序盤からリョウマは訳ありだろうなとは思っていましたが
その辺りの事情が明らかになる過程は非常にドキドキさせられました。

 

全10巻で完結済みの作品です。

 

テーマや中盤の雰囲気からもしかして
ハッピーエンドではないのでは・・・
と心配していましたがきちんとハッピーエンドだったので
その点は安心して読まれてください。

 

ヴァージンリッパーを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ヴァージンリッパー】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。