進撃の巨人のネタバレと感想!アニメの原作の試し読みやあらすじ

shingekinokyojin

この記事は約 7 分で読めます。



諫山創先生の作品の進撃の巨人。

 

巨人と人類の戦いを描いた話題沸騰のダークファンタジー!

 

アニメ化や実写映画化などメディアミックス展開の
勢いが止まらない進撃の巨人。

 

巨人と熾烈な戦いを繰り広げる主人公・エレンに
仲間たちの未来はどうなるのか・・・!?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【進撃の巨人】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

進撃の巨人を無料で立ち読み

 

進撃の巨人のあらすじは?

 

その日、人類は思い出した。

 

ヤツらに支配されていた恐怖を・・・
鳥籠の中に囚われていた屈辱を・・・。

 

順調に繁栄を築き上げてきた人類はある日突然出現した
巨人によって滅亡の危機に立たされていました。

 

巨人から逃げのびた人類は「ウォール・マリア」
「ウォール・ローゼ」、「ウォール・シーナ」という
壁と呼ばれる巨大な城壁の内側で細々と生き続けていました。

 

壁が作られて早100年、その間一度も破られなかった壁の中で
生きる人類からはいつしか巨人への脅威は薄れていました。

 

進撃の巨人
進撃の巨人

 

街の兵士たちの怠惰、家畜のように生きる人々・・・少年・エレンは
そんな雰囲気を疑問を感じながら壁の中で毎日を過ごしています。

 

そんなエレンが憧れているのが壁外調査へと出ていく調査兵団と呼ばれる兵士たち。

 

壁外に遠征し巨人と戦い外界の調査を主な任務とする彼らをエレンは
英雄と呼び憧れを抱いていますが戦死率が高く
成果も芳しくない彼らに対する人々の目は冷ややかなものでした。

 

外に出たい家畜のように生きるのは嫌だと切望するエレン
今の安寧が長く続くはずはないと危惧し
人類は外の世界へ行くべきだと考える幼馴染のアルミン。

 

壁の中にいれば安全に暮らせるのにと口にし
命がけで壁の外へと出ていく調査兵団を馬鹿にする人々にとって
エレンやアルミンは異端な存在でした。

 

しかし信じて疑わなかった壁の中の安寧は
ある日唐突に終わりを迎えることになります。

 

進撃の巨人を読んでみる

 

サイト内より【進撃の巨人】と検索。

 

進撃の巨人のネタバレとその後の展開は?

 

100年壁が壊されなかったからといって
今日壊されない保証なんかどこにもないのに・・・。

 

街に激震が走ったのは皮肉にもアルミンがそう呟いたのと同時でした。

 

凄まじい蒸気と共に50メートルの壁にかかる巨大な手。

 

現れた超大型の巨人は100年の平和を守ってきた壁を
一撃の蹴りで破壊してしまいます。

 

壁が破壊された衝撃ですでに街はめちゃくちゃ。

 

さらにそこに追い打ちをかけるように
大量の巨人が壊された壁から街へと入ってきます。

 

エレンとミカサはエレンの母親・カルラのいる家へと走りますが
彼女はがれきに挟まれて身動きが取れない状態です。

 

兵士・ハンネスに子供たちを託しカルラはいかないでの言葉を
必死に飲み込みながらエレンの目の前で巨人に喰われます。

 

人々が絶望する中、避難民を乗せた船の中で
エレンは泣きながらも立ち上がりそして決意します。

 

駆逐してやる、この世から・・・一匹残らず!と。

 

進撃の巨人
進撃の巨人

 

そうして数年後、エレンは第104期訓練兵団として解散式に参加しています。

 

相変わらず調査兵団を志望し続けているエレンに
バカバカしいといわんばかりの態度で突っかかってくる同期のジャン。

 

彼は内地での快適な暮らしのため憲兵団を志望していました。

 

訓練兵となった理由は人によって様々ですが多くのものが
ジャンと同じような動機でありエレンはやはりここでも異端な存在です。

 

そんな中でも友情を育み壁の上でささやかな決起集会をするエレンと仲間たち。

 

人類の反撃はこれからだ・・・エレンが壁の外をみながら
そんなことを考えた次の瞬間、唐突にその瞬間は訪れました。

 

そう、5年前のあの人同じように・・・。

 

エレンの眼前には5年前壁を蹴り壊した超大型巨人が。

 

狼狽える他の兵士たちを尻目にエレンはこれは好機だと叫び
巨人に5年間研ぎ澄ませた刃を向けます。

 

こうして唐突に理不尽にエレンたちと巨人の
長く険しい戦いははじまることとなります。

 

進撃の巨人を試し読みしてみる

 

サイト内より【進撃の巨人】と検索。

 

BookLive

 

進撃の巨人の感想は?

 

人類VS巨人を描いた本作。

 

主人公たちが強大な敵に立ち向かう・・・というのは
少年漫画の醍醐味ではありますが
本作は人類側が圧倒的な立場という点がポイントでしょう。

 

物資も武器も兵力も何もかも足りていないギリギリの状況。

 

そんな中で人類は巨人に立ち向かっていかなければなりません。

 

巨人化するエレンそしてかなりの戦闘能力のあるミカサや人類最強と呼ばれる
リヴァイなど人間側にも強キャラがでてくることはでてくるんですが
やはり常にどこか心もとない感じがあってハラハラさせられます。

 

進撃の巨人
進撃の巨人

 

その大きな原因となっているのが陰謀のようなものの気配が
常に作品全体を包み込んでいるからでしょう。

 

巨人はなぜ突然現れたのか人類が壁の外へ出ることを
悪だと思わせた要因はなんなのか巨人化できる人間の正体は・・・。

 

いたるところに伏線はちりばめられておりそれが今後どうやって回収されていくのか
どういった意図があるのか考察しながら読むのもまた楽しいです。

 

本誌ではまだまだ熱い展開が続いており今後とも目が離せない作品となっております。

 

進撃の巨人を読んでみるならこちら

 

サイト内より【進撃の巨人】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態