ハイキューのネタバレと感想!アニメの原作の試し読みやあらすじ

haikyu

この記事は約 6 分で読めます。



古舘春一先生の高校バレーを題材にした作品のハイキュー!!

 

「小さな巨人」に憧れバレボールを始めた主人公が
天才セッターや仲間たちと共に全国を目指す物語。

 

作者である古舘先生の地元・宮城を中心に舞台としているため
作中では体育館や駅など東北の地名や名所が多く登場し
実在の高校や大会などもモデルとして使用されています。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ハイキュー!!を無料で立ち読み

 

ハイキューのあらすじ!小さな巨人を目指す少年

 

小学生の頃から「小さな巨人」に憧れていた日向翔陽は
小柄ながらも飛びぬけた運動神経と跳躍力を持つ少年でした。

 

ようやくメンバーを揃え中学最後の公式戦に挑みますが
「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄ようする
対戦校に惨敗してしまいます。

 

影山へのリベンジを誓う日向は「小さな巨人」がいた
烏野高校に入学し男子排球(バレー)部への入部を希望する際
宿敵である影山と再会してしまうのです。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

当初は反発していた二人でしたが互いの力を認め合いつつ
コンビとしても成長しトスを見ない日向に影山が合わせる
クイック攻撃・通称「変人速攻」を生み出します。

 

日向と影山の攻撃を軸に月島や山口など新一年生の加入や
一時はバラバラになっていた西谷や東峰といったメンバーが揃うことで
烏野男子排球部は徐々に地力を増してゆくのでした。

 

そんな彼らの前には多くの強豪校が立ちはだかります。

 

鉄壁を誇る伊達工や全国屈指のセッター・及川率いる青城など
彼らとの戦いを経て全国を目指す「劇的青春」
バレーボール漫画がこの『ハイキュー!!』なのです。

 

ハイキューを読んでみる

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

BookLive

 

ハイキューのネタバレ!コート上の王様と大王様

 

中学の頃から天才セッターと噂された影山は
チームメイトからは「コート上の王様」と称されていました。

 

それは決して誉れ高い賞賛の意味ではなく仲間や相手のことなど
考えない自己中心的なプレイによるものだったのです。

 

そのため公式戦でありながらチームメイトは
影山が上げたトスを無視し孤立した影山は結果として
中学最後の公式戦でベンチへと下げられてしまいます。

 

そうしたトラウマを抱える影山でしたが自分同様に
バレーへの情熱を持つ日向との衝突を繰り返し烏野の仲間たちに
支えられながら少しづつ「コート上の孤独な王様」を脱却するのでした。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

この物語の主人公は間違いなく日向ですが
もう一人の主人公は天才セッターと呼ばれながら
人として不器用な影山飛雄でもあるのです。

 

そんな影山が目標とし手本とさえしていた存在が
青葉城西高校バレー部主将・及川徹です。

 

及川は影山の2つ上で中学では同じバレー部に所属し
更には同ポジションの“セッター”でもありました。

 

ですが貪欲までに技術を吸収し自分の後ろを追いかける影山に
いつしか及川は脅迫概念にも似た危機感に神経を磨耗させてしまいます。

 

しかし幼なじみでありチームのエースを担う岩泉の檄により
及川は自分のバレーの方向性やセッターとしての役割に気付かされるのでした。

 

二人の天才セッターこと影山と及川。

 

彼らはそれぞれのチームで自分が持つ力を十二分に出し合い
いく度と無くその雌雄を決しあう事となるのです。

 

ハイキューを試し読みしてみる

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

ハイキューの感想!高校の部活であるバレーボール

 

高校バレーを題材としたこの作品はスポーツとしての
バレーボール以上に“高校の部活”としての面が丁寧に描かれている作品です。

 

最初はバレーが好きで入部した部活でも練習がきつかったり
仲間との衝突が原因でサボったり休んだり最悪退部したりもするでしょう。

 

これは普通の高校生ならよくある感情でズル休みをした後に
部活に顔を出すバツの悪さや後ろめたさそんな“当たり前”を
高校生の等身大の感情として作中に盛り込まれているのです。

 

ハイキュー!!
ハイキュー!!

 

戦力となる後輩にそのポジションを脅かされる先輩も多く登場します。

 

特に高校最後である3年生の菅は自分のポジションである
セッターを影山に奪われてしまいますがクサるどころか反対に影山を応援し
更には自分にも“何か”が出来るはずと努力を怠りません。

 

そうした菅の前向きな姿勢は後に花開き
チームの勝利に貢献することにもなるのです。

 

また部活やバレーに対してどこか醒めた思いの月島は
気弱な幼なじみ・山口により自身の中で燻っていた闘志に火を点けます。

 

高校時代のただの部活がいつしか今現在において最も夢中になれる熱いもの。

 

そんな彼らのバレーにかける青春をこの『ハイキュー!!』を読みながら
一緒に感じてみてはいかがでしょうか。

 

ハイキューを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ハイキュー】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態