MAJOR(メジャー)漫画のネタバレや感想は?最終回が気になる

MAJOR

この記事は約 8 分で読めます。



MAJORは小学館漫画賞の少年部門を受賞した野球マンガ。

 

更にサムライジャパン野球文学賞からベストナイン受賞もはたし
まさに“本物の野球選手”にも認められた名作。

 

満田拓也先生といえば本作以外にも高校バレーを題材にした
『健太やります!』などスポーツ漫画には定評があります。

 

満田先生の作品にはスポーツに懸ける情熱と共に
人との温かな繋がりも描かれだからこそ
読む者の胸に深く響くのかもしれません。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【メジャー】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

MAJORを無料で立ち読み

MAJORのあらすじ! 父の思いを胸に抱いて夢見た未来は…

 

この『MAJOR』は野球に捧げた男の半生を描いた物語です。

 

主人公の茂野吾郎(旧姓:本田吾郎)は幼い頃に母親を亡くし
物心ついた頃には父親とふたりっきりの生活をしていました。

 

父の本田茂治はプロ野球選手でしたが試合中に
相手選手のジョー・ギブソンが投げた球を頭部に受け
翌日それが原因で亡くなってしまうのです。

 

天涯孤独となった吾郎でしたが父の婚約者であった
星野桃子に引き取られ後に桃子の結婚相手である
茂野姓になるなど複雑な少年期を過ごすのでした。

 

MAJOR
MAJOR

 

またプロ野球選手だった父親譲りかすでにリトル時代から
吾郎の野球センスはズバ抜けてその高い身体能力や
野球への情熱に周囲は驚かされるばかりでした。

 

そんな吾郎に対し反感を持つ者もいましたが
彼に惹かれる者は大勢いたのです。

 

吾郎のプレイで奮起させられた弱小チームの仲間やライバルたち
そして少女の様な容姿の佐藤寿也は勉強を教えてくれ
清水薫は幼い頃からずっと吾郎に思いをよせます。

 

肉親に恵まれることはなかった吾郎でしたが
多くの人たちに支えられながらたくましく成長してゆくのでした。

 

しかし野球の才能に溢れる吾郎でしたが
その道は平坦では有りませんでした。

 

リトル時代に肩を壊し中学では弱小野球部に所属。

 

高校は野球名門校に入学しながらも度重なる妨害により
野球部さえない高校へと転校することになるのです。

 

こうして甲子園どころか勝利とは無縁なままに
吾郎は学生時代での野球を終えるのでした。

 

ところがある日、父親を死に追いやったギブソンが
いまだメジャーリーガーとして活躍し
更には自分との対戦を待っていると知った吾郎は
全てのドラフト指名を断ってしまいます。

 

そして何のあてもないまま単身アメリカへと旅立つと
吾郎は実父の憧れでもあったメジャーリーガーを目指すのでした——。

 

MAJORを読んでみる

 

サイト内より【メジャー】と検索。

 

MAJORのネタバレ!吾郎が背負い続けた苦悩と挫折

 

才能が有りながらも日本の野球では散々苦渋を
なめ続けてきた吾郎でしたがアメリカに渡った後も
多くの苦難や挫折が待ち受けます。

 

イップスと呼ばれる心因性動作支障に陥ったり
ケガや故障に苦しめられたうえ
球種の弱点なども指摘されてしまうのでした。

 

ですが吾郎は持ち前の気の強さや野球への思いでそれらを乗り越え
ようやく憧れのメジャーリーガーとして活躍するようになるのです。

 

ところが度重なるケガなどにより所属していた
メジャー球団から解雇通告をされてしまいます。

 

MAJOR
MAJOR

 

その頃の吾郎は薫と結婚し子どもも授かり
父親として家族を養わなければいけません。

 

ですが野球を諦めきれない吾郎は家族と共に日本へ戻ると
再起を賭けたトライアウトに挑み見事横浜のチームに入団するのです。

 

さらにその後の公式戦では家族が見守る中で吾郎は
自分よりも若い大物メジャーリーガーから本塁打を放つのでした。

 

幼い頃から吾郎の野球に対する思いは誰よりも強く
その情熱は綿々と今に至るまで引き継がれてきました。

 

リトル時代に肩を壊し右投げから左投げへと転向しますが
本来右利きであるため左投げではキレがないからと
それを克服する中で今度はジャイロボールを身に付けてしまうのです。

 

普通リトルで肩を壊したのなら将来を考え
リハリビに専念したり最悪野球を諦めるものなのに
吾郎は右投げを左投げに変えてまで野球を続けようとします。

 

またその間にも投手から外野へとポジションを替えたり
バッターへと専念しながら何度挫折を繰り返そうが
その度に吾郎は奮起し野球を続けるために立ち上がるのです。

 

吾郎がトライアウトに挑戦した時はすでに34歳
かなり崖っぷちな年齢でした。

 

一度はメジャーリーグに身を置きW杯の主力選手になりながらも
球団を解雇通告されてしまった彼は
それでも夢や野球を諦めることができなかったのです。

 

そして次に続く物語の冒頭では42歳になっても
現役で野球を続けている吾郎の姿が描かれていたのですから――。

 

MAJORを試し読みしてみる

 

サイト内より【メジャー】と検索。

 

BookLive

 

MAJORの感想!野球は家族や人生さえも見つけてくれた存在

 

野球の試合で父親を亡くしてしまいましたが
母親がいない吾郎にとって父親は唯一の肉親
つまり“野球”の所為でひとりぼっちになってしまったのです。

 

そんなとても辛い“野球”だったはずなのに
吾郎にとって大切な人との“つながり”でもありました。

 

吾郎を引き取った桃子は数年後
父親がプロ野球時代に友人だった茂野と知り合い結婚します。

 

吾郎の義父となった茂野でしたが
野球関する多くのアドバイスや応援もしてくれました。

 

そしてメジャーを目指すためにアメリカへと旅立つ際には
そんな無謀な挑戦をする吾郎の背中を
義父母である茂野たちは押してくれたのです。

 

MAJOR
MAJOR

 

またリトル時代からずっと吾郎を見つめていた薫は
不安な異国であたたかな家庭や血を分けた子ども
つまり吾郎が失っていた肉親も与えてくれました。

 

何度も怪我や故障に泣き多くの障害や困難に阻まれ続けてきた吾郎。

 

すぐれた野球センスを持ちながらも彼の野球人生の多くは
順風満帆なものではなくその人生も決して
平穏とは呼べないものだったのです。

 

そして野球は吾郎から多くのものを奪いました。

 

ですがそれ以上に抱えきれないほどの素晴らしい物
尊い者たちをもたくさん与えてくれたのです。

 

自分の人生全てを捧げるほどのめり込めた野球
不器用な自分に人との繋がりを築かせてくれた野球
そして亡き父と同じ憧れや夢を見ることが出来たのも
“野球”だったのですから…。

 

この作品には魔球や必殺技がほとんど登場しません。

 

少年漫画でありながら勝利を経験できないでいた
主人公の茂野吾郎のリアルな人生が
一杯に詰まった熱い野球マンガなのです。

 

野球好きな方もそうでない方もどんどんと続きが
気になりだしてしまう『MAJOR』の世界
一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

MAJORを試し読みするならこちら

 

サイト内より【メジャー】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態