少女不十分のネタバレや感想に結末は?実話って本当なの!?

syojofujyubun

この記事は約 8 分で読めます。



西尾維新先生とはっとりみつる先生の作品の少女不十分。

 

ある事件を目撃したことで少女に拉致監禁された
作家志望の平凡な大学生。

 

その監禁生活は1週間に及ぶもの…。

 

少女はいったい何者で監禁生活の行方はどうなったのか――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【少女不十分】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

少女不十分を無料で立ち読み

 

少女不十分のあらすじは?

 

どこにでもいる作家志望のとある若者は
文章を書くのは早いけれどもそれだけの男。

 

大学でのレポートや論文の試験は得意で
小さい頃から作文を書くのは誰よりも早く
ものを書くのが得意なだけで小説を書くのが
得意なわけではないので賞に応募しても返事は…。

 

何社かの編集者と会っても対人スキルがないので
絶好の機会を逃してしまう…。

 

そんな若者はあの出来事がなければ本当に
作家どころか何にもなることができなかった…。

 

だから彼は少女に感謝しなければならないのかも…。

 

少女不十分
少女不十分

 

あの日、彼の前を歩いていた少女。

 

友達と2人で学校の帰りなのかゲームをしながら
歩いていたのですがその瞬間――!

 

少女たちにトラックが突っ込んできたのです。

 

当然後ろにいた彼もビックリでしたが
2人とも轢かれたかと見に行ってみると
轢かれたのは1人だけでした…。

 

一瞬目が合いちょっと驚いた少女。

 

しかしそれ以上に彼の方がビックリするのです。

 

それは友達がすぐ後ろで死んだというのに
少女はゲームをしていたのです。

 

そしてプレイしていたゲームをセーブし
ランドセルにしまってから友達の所へ行き
泣き叫んだのでした――。

 

それが彼とUとの出会いだったのです――。

 

少女不十分を読んでみる

 

サイト内より【少女不十分】と検索。

 

BookLive

 

少女不十分のネタバレとその後の展開は?

 

あれから何日も家にいた彼。

 

そろそろ講義に出なきゃと字電車で出かけますが
あの少女と出会った場所の前を通ると
彼女のことを思い出したのです。

 

そしてしばらくの間このルートで大学へいくのは
やめようと思った次の瞬間、彼は自転車から落ち
一回転してしまったのです。

 

何が起こったのかわからなかった彼でしたが
自転車の後輪にリコーダーが突き刺さっている…。

 

普通であれば自転車に乗っていてこんなものが
突っ込んでくることはありえない…。

 

そのリコーダーには4-1と書かれていて
あの少女のリコーダーにもと思うのでした。

 

そして家に帰ると今度は家のカギがない。

 

転倒したときに落としたのかと
新しいカギを付け替えてもらい
小説に使えそうと思ったりしますが
そんなことを考えていられるのも今だけ…。

 

家に入りワープロの電源を上げた次の瞬間
ふくらはぎに何かが刺さったような痛みが…。

 

机の奥にはなんと少女が隠れていて
彫刻刀で足を刺していたのでした…。

 

彼女の名前はU・U。

 

少女不十分
少女不十分

 

もちろん本当の名前ではありません。

 

彼が事件だからと非公開にし付けたもの。

 

Uは彼の家のカギを持っており
それを使って侵入していました。

 

あのときのリコーダーはUのもので
彼が倒れたときに抜き取ったのです。

 

Uは一緒に来てくださいと彼の背中に
彫刻刀をくっつけながら道を歩く…。

 

あの日、彼はUを見たから連れて行くと…。

 

逃げようと思えば逃げられるかもしれないのに
1%でもリスクがある限りできない彼。

 

そして着いたのは少女の自宅。

 

そこは立派な家でしたが誰もいなく
玄関近くの物置に閉じ込められてしまう。

 

少女は彼を閉じ込めて飼うしかないと言い出します。

 

閉じ込められても携帯があり脱出することは可能なのに
小学生に誘拐された大学生と知られたくないこと
両親が帰ってくればすぐに助けを呼べることから
そのまま携帯で助けを呼ばないのです。

 

しかしUの両親は何時になっても帰ってこない。

 

玄関近くの物置に閉じ込めたのは
自分が同じことをされたからだろうと
お仕置きされたんだろうと思う彼。

 

しかしお仕置きの典型的な一例でもあると同時に
虐待の典型的な一例でもあるのですが
その時の彼にはわからなかった…。

 

ずっとご飯ももらえず朝を迎えUが学校に行っている間も
物置にずっと閉じ込められやっと帰ってきたUは
ビニール袋に直に入れられた給食を持って帰ってきます。

 

焼きそばもそのままビニール袋に…。

 

それでも贅沢を言ってられないと食べようとしますが
パンを取ろうとすると彫刻刀の持つ部分で
足を叩かれすごい剣幕のU。

 

「ごはんを食べる前にはいただきますでしょう」

 

普段は生きているのかも死んでいるのかもわからない
そんな正体不明の少女が挨拶にだけは強いこだわりがあり
それを肌で実感した瞬間でした。

 

そしてUと初めて話したときのセリフも「初めまして」だったと
その時彼は思い出したのでした――。

 

少女不十分を試し読みしてみる

 

サイト内より【少女不十分】と検索。

 

少女不十分の感想は?

 

少女不十分の表紙に惹かれて読んでみました。

 

最初は少女が誘拐?って思ったら
大学生が小学4年生に誘拐されて
更には監禁という設定にビックリ。

 

しかも少女の家に入るときなんてカギを開ける間
放置状態で逃げようと思えば逃げられるという…。

 

彼女の家に着くまでも着いた後も
逃げようと思えば逃げられる。

 

今も携帯電話を持っているので
助けを呼ぶことだってできちゃいます。

 

少女不十分
少女不十分

 

少女があのようになってしまったのは
親の虐待が原因だったりしそうですね。

 

ご飯を食べるときなどの挨拶がしっかりしていて
ちゃんと挨拶しなければすごい感じになったり
きっと親にそんな風にされていたのかも…。

 

今はまだ少女の親が登場していませんが
親が登場したらやばいことになりそうな…。

 

もう続きが気になって気になって…。

 

この作品は実話なのかと言われていますが
実話ではないようです。

 

ただ実話ではないのかと思ってしまうような感じも
受けてしまう作品ですね。

 

これから面白くなっていきそうな少女不十分を
読んでみてはいかがですか?

 

少女不十分を読んでみるならこちら

 

サイト内より【少女不十分】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態