しょじじょうにつきのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

shojijonitsuki

この記事は約 6 分で読めます。



森キャベツ先生のデビュー作であり
引退作でもあるという「しょじじょうにつき」。

 

デリヘル嬢たちの日常をゆるーくシュールに描いた本作は
性を扱う職業でありながらエロはほとんどないという珍しいマンガ。

 

肩の力を抜いて気楽に楽しんでください♪

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【しょじじょうにつき】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

しょじじょうにつきを無料で立ち読み

 

しょじじょうにつきのあらすじは?

 

日本には実にバラエティ豊かな性風俗店があります。

 

たとえばファッションヘルス、デリヘル、性感マッサージ…などなど。

 

その数は大手ハンバーガーチェーンをはるかに上回るといいます。

 

つまり、性風俗とは日本の一大産業なのです!!

 

このマンガの主人公たち3人もデリバリーヘルスで働くデリヘル嬢で
自身の体を武器に男たち相手に戦っているのです。

 

しょじじょうにつき
しょじじょうにつき

 

とはいうものの彼女たちはいたってマイペースで
デリヘル嬢にありがちな重い過去や悲壮な雰囲気なんて一切なし!

 

割と楽しんでいるようなのです。

 

金髪ガングロギャルのさとり(源氏名)は見た目に反して理屈っぽく
ニーチェに傾倒しているギャップ系女子。

 

ヤンキーの本場・神奈川から上京したリューコ(源氏名)は
3人の中ではツッコミ役ですぐにキレて暴力に訴える元ヤン系女子。

 

ロリータファッションに身を包むアリス(源氏名)はなにかと出血しがちで
眼帯や包帯が異様に似合ってしまうメンヘラ系女子。

 

デリヘルの待合室を中心にシュールな3人の会話が展開するギャグマンガで
デリヘルが舞台なのにエロはほとんどないという異作です!

 

しょじじょうにつきを読んでみる

 

サイト内より【しょじじょうにつき】と検索。

 

しょじじょうにつきのネタバレとその後の展開は?

 

そんな個性がありあまっている3人が働いているデリヘルには
変わったお客様も多いようで…。

 

骨折したのに助けてくれる友達も恋人もなく
包帯を巻きなおしてくれたリューコを“天使”と褒めたたえるさみしい男。

 

アリスに裸エプロンで手料理を作ってもらおうとするアニヲタ男。

 

さらには究極のSMを目指していたもののリューコの暴行によって
真のSMのなんたるかに気付く、一見紳士なドM変態男。

 

なぜかゴリラの着ぐるみでさとりを出迎えた人間関係に疲れ果てた哲学男。

 

ありとあらゆる性癖を持った男性たちが集まって
話題には事欠かない職場でもあるのです。

 

彼らに時に寄り添い時に叱責しながら接するデリヘル嬢3人組は
意外にも愛ある接客で人気を得ています。

 

しょじじょうにつき
しょじじょうにつき

 

そんな男たちの中でもとりわけ異彩を放っていたのが
セーラー服をこよなく愛する瀬良でした。

 

お店のホームページでさとりとリューコのセーラー姿に目を留めた彼は
ホームページ更新してすぐに2人を指名してきたというちょっと怪しいにおいのする男…。

 

ホテルの部屋に向かう途中、覚悟を決めるリューコと楽観的に構えるさとり。

 

ですが2人を待っていた瀬良は案外物腰が柔らかくて穏やかそうな男性で
ヤバイ客じゃなかったと安心するさとりとリューコなのでしたが――。

 

2人がセーラー服に着替えて振り返るとまさかの格好をした瀬良が立っていたのです!!

 

パンツが見えそうなほど短いスカートとキラキラのブレスレッド。

 

そう…瀬良はセーラー服マニアでもなんでもなく自身がセーラー服を着て
女子高生になりきっちゃうセーラー服おじさんだったのです!?

 

制汗剤とお弁当のにおいで昼下がりの教室を完全に演出して
自らを「セーラちゃんって呼んで欲しいナ…」と言う斜め上のヤバさ。

 

さすがのさとりもドン引きするキャラだったわけですが
彼は今日を限りにセーラーおじさんを引退すると言うのです。

 

そこには悲しい理由があって…。

 

しょじじょうにつきを試し読みしてみる

 

サイト内より【しょじじょうにつき】と検索。

 

BookLive

 

しょじじょうにつきの感想は?

 

まさにいろんな人たちの諸事情を描いたしょじじょうにつき。

 

シュールな笑いがだんだんクセになって思わずクスッと笑ってしまいます。

 

最近疲れが溜まってるな~というあなたにこそ贈りたい
脱力できちゃうギャグマンガです。

 

しょじじょうにつき
しょじじょうにつき

 

森キャベツ先生は本作が商業デビュー作でありながら
本業の都合につき引退作でもあるというこれまた“諸事情につき”な作家さん。

 

せっかくこんなにおもしろいマンガが描けるんだから
続けて欲しかったなぁと残念です。

 

ただツイッターではいろんなイラストが見られるので
マンガを気に入った方はこちらもチェックしてみてくださいね。

 

かわいい女の子からおじさんまで
幅の広いイラストがこれまた森キャベツ先生らしいですよ。

 

しょじじょうにつきを読んでみるならこちら

 

サイト内より【しょじじょうにつき】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態