ゴールデンカムイのネタバレと感想!試し読みやあらすじもあり

goldenkaiyiuy

この記事は約 7 分で読めます。



冒険(バトル)と歴史(ロマン)に狩猟(グルメ)を
野田サトシ先生がぎゅっと詰め込んだ冒険活劇最高峰作品。

 

時代は激動の明治後期。

 

日露戦争の死線を何度も潜り抜け超人的な回復力により
「不死身の杉元」の異名を持つ元陸軍兵の杉元は
ある目的の為に一攫千金を目指し北海道の地を訪れます。

 

そんな彼を待っていたのは網走監獄の死刑囚達が隠した
莫大な埋蔵金の噂と彼ら脱獄犯らの背中に彫られた入れ墨の謎でした。

 

ところがヒグマに襲われた杉元は間一髪の場面で
アイヌの少女・アシリパに救われ彼女と同行することに。

 

ゴールデンラッシュに湧いた北海道の雄大な自然の中で
埋蔵金を巡り杉元と凶悪な死刑囚らのと壮絶な戦いが始まります。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ゴールデンカムイ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ゴールデンカムイを無料で立ち読み

 

ゴールデンカムイのあらすじ!不死身の杉元とアイヌの少女

 

日露戦争に従軍した元陸軍兵の杉元佐一は
その脅威的な身体能力と強運から
「不死身の杉元」と呼ばれていました。

 

杉元は顔を横切る大きな傷痕と全身に夥しいほどの
刀や銃などの古傷を持ち生き残ったとはいえ
掻い潜ってきた戦場の苛烈さが伺えるほどの人物です。

 

そんな彼は戦死した親友の妻・梅子の眼病と
彼女ら親子を養う程の大金を得るために陸軍から満期除隊後
ゴールラッシュ(砂金)に湧いていた北海道へと渡ります。

 

川で砂金採りをしていた杉元は何時も呑んだ暮れている後藤から
アイヌの埋蔵金とされる大量の金塊やその在り処を
暗号とし背中に入れ墨をされた脱獄囚の話を聞くのです。

 

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ

 

ところが酔いが醒めた後藤は急に怖気づき
杉元を殺そうとするも返り討ちに遭い
そのままヒグマに襲われ喰い殺されてしまいます。

 

しかし後藤の背中には埋蔵金を示す入れ墨が有り
杉元は金塊の存在に現実味を感じるのでした。

 

そんな折り後藤の死体を掘り返した事で
今度は杉元がヒグマに襲われてしまう事に。

 

間一髪のところで杉元はアイヌの美少女・アシリパに救われ
彼女の助けによりヒグマを倒すと
無事、後藤の背に彫られた入れ墨を手に入れることが出来たのです。

 

アシリパの弓矢の腕や自然の知識に感服した杉本は
アシリパの父やアイヌの人々が殺され金塊が盗まれた事実を知ると
梅子に掛かる金額以外は全てアイヌの人々へ渡す事を約束し
彼女へ埋蔵金探しの手伝いを頼むのでした。

 

雄大な北海道の自然を舞台に脱獄犯や第七師団らと共に
金塊を巡って繰り広げられる壮絶な生存サバイバル。

 

ゴールデンカムイを読んでみる

 

サイト内より【ゴールデンカムイ】と検索。

 

BookLive

 

ゴールデンカムイのネタバレ!個性派揃いな登場人物たち

 

杉元の親友の妻・梅子は実は昔、杉元の恋人でした。

 

ですが杉元の家族が当時不治の病に等しい結核にかかり
次々に死亡したため梅子に感染させてはと別れてしまったのです。

 

自分を残し最後の家族が結核で死ぬと
杉元は生家に火を放つと故郷を去るのでした。

 

ところで幕末の北海道と言えばこの地で壮絶に散った
新撰組副隊長・土方歳三が有名ですがこの物語では
辛くも箱館戦争を生き残った土方が登場するのです。

 

70代の老人となった彼が銀白色の長髪に
顎鬚を生やした姿で活躍します。

 

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ

 

そしてどうやら彼は物語の黒幕ともいえる
“のっぺらぼう”とは知り合いのようです。

 

アシリパの父親はアイヌの金塊を強奪される際に
殺された事になっていました。

 

ところが父親の友人・キロランケから父親は
“のっぺらぼう”と呼ばれる死刑囚として
網走監獄に居るとの情報をもたらされます。

 

実はこの“のっぺらぼう”こそがアイヌを殺害し
金塊を強奪した主犯であり脱獄囚らの背中に
入れ墨を入れた張本人だったのです。

 

アシリパの瞳の色からロシアの血が入っていると推測する土方。

 

アシリパ父親の正体やのっぺらぼうの関係が気になりますね。

 

ゴールデンカムイを試し読みしてみる

 

サイト内より【ゴールデンカムイ】と検索。

 

ゴールデンカムイの感想!雄大な北の大地で繰り広げられる壮大な冒険

 

埋蔵金と宝の地図探し。

 

何だかわくわくするような冒険が始まるそんなワードが
幾つも存在する物語がこの『ゴールデンカムイ』です。

 

物語には多くの謎やサバイバルが散りばめられ
杉元とアシリパら仲間は自身の知識や能力をフルに活かし
数々の困難やピンチを切り抜けて往きます。

 

彼らはぞれぞれ逃走に秀でた者や格闘に秀でた者
性格や経歴もバラバラなら目的や考えもバラバラ。

 

ところがそんな彼らを纏めるのが「アイヌの埋蔵金」という
1つの目的とアイヌが古くから培ってきた
自然の知識を持つ少女・アシリパの存在なのかもしれません。

 

ゴールデンカムイ
ゴールデンカムイ

 

明治末期にまだ“未開”と呼ばれていた北海道には
自然を知り尽くしていた
アイヌの人々がしっかり根付き生きていた。

 

豊かな知識と実りそして自然を敬う思想と
生活を行う彼らの生き方は現代を生きる私たちにとっては
大変なカルチャーショックとなるでしょう。

 

と同時にそんな彼らが住まう北海道は“未開”ではない事実を
この作品から知ることが出来るのです。

 

そんな魅力が沢山詰められた『ゴールデンカムイ』。

 

杉元らの冒険をめくってみては如何でしょうか。

 

ゴールデンカムイを読んでみるならこちら

 

サイト内より【ゴールデンカムイ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態