君は唇から毒を盛るのネタバレや感想!あらすじや無料試し読みも

kimihakuchibirukaradokuwomoru

この記事は約 7 分で読めます。



どれだけ恋になれても本当に愛を感じるキスは特別で
そんな気持ちを集めた読み切り短編です。

 

短編の達人でベツコミ実力派作家の尾崎衣良が贈る珠玉の一冊。

 

ほんのり優しい気持ちになれる作品集です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【君は唇から毒を盛る】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

君は唇から毒を盛るを無料で立ち読み

 

君は唇から毒を盛るのあらすじ!好きでも無いのに付き合うの?

 

絢佳が夢見るのは彼氏と愛し愛される生活で
そのための努力は本当に惜しみません。

 

だけど今まで付き合って来た人と思っていたような関係が
築けているとは思えずどんどん臆病になります。

 

大学のサークルが一緒の八幡君から告白されて
付き合うようになってエッチもする関係だけど
無口な彼の本心が今ひとつつかめず悩ましい日々。

 

彼はモテるけどチャラチャラしてなくて
話したことはあまりなかったけど
誠実そうだなと思って付き合ったのです。

 

絢佳は他の女子から「男が途切れない」
「とっかえひっかえじゃん」などと
陰口を囁かれるタイプ。

 

君は唇から毒を盛る
君は唇から毒を盛る

 

自分ではそんなつもりはないけれど求められれば嬉しいしと
素直な気持ちで答えて付き合ったからには一所懸命尽くします。

 

けれど頭の片隅では自分はいつも遊ばれてるのかなという
不安がこびりついてます。

 

そんなある日無口で表情のない八幡君が
女の子と談笑しているのを見てしまい・・・?

 

君は唇から毒を盛るを読んでみる

 

サイト内より【君は唇から毒を盛る】と検索。

 

君は唇から毒を盛るのネタバレ!本当の好きはしびれる

 

同じサークルの八幡君と付き合っている絢佳。

 

彼とはほとんど話をしたことがなかったけれど
告白されてOKをしました。

 

そこそこモテるし誠実そうだし。

 

だけど付き合ってみたら無口すぎる彼の考えていることがわからなくて
本当に自分のことを好きなのか不安に揺れます。

 

自分と一緒の時はニコリとも笑わない単語しか話さない。

 

遊園地に誘ってもなんでそんなところに行くのか聞き返される始末。

 

その上自分がいないところで女の子と談笑する姿を目撃してしまい
絢佳は更に不安をつのらせます。

 

どうして八幡くんは自分に付き合ってと言ったのだろうと
不安で胸が押しつぶされそう。

 

そんなある日、絢香は女子数人に空き教室に呼ばれます。

 

「八幡君と付き合っているの」「八幡君のことが好きだったの」と詰め寄られ
正直に「そうじゃない」と答える絢佳。

 

でも八幡君に告られて嬉しかったし好きになれるかもって思ったからと伝えます。

 

その答えに「マミはずっと八幡君のことが好きだったのに!」と女子たちブチキレ。

 

続けざまに酷いことを沢山言われます。

 

「こういう女がいるからまじめに片想いしてる子が悲しい思いする」
「あんたの前カレは、あいつはすぐにやらせてくれるって言ってたよ」

 

絢香は薄々わかっていたことを言われてショックを受けます。

 

ただ気持ちに応えたくて自分の気持ちにも応えて欲しかっただけなのに。

 

君は唇から毒を盛る
君は唇から毒を盛る

 

自分にとっては気持ちが大事で身体なんてどうでもよかった
だからエッチすることには抵抗はなかった。

 

涙目になった絢佳を更に追い詰める女子たちの言葉が胸に刺さります。

 

ちょうどその時教室の扉が開いて八幡君が部屋に入ってきて
話を聞かれていたか不安になる絢佳。

 

こんな時も何も言わずに絢佳を連れて教室を出ていこうとする八幡君。

 

その八幡君にマミが「本当に好きだったの」と告白しますが
すると八幡君は「だから何?」とバッサリ一言。

 

好きでもないやつと付き合うのがオカシイなら
俺は永遠にあんたと付き合えないと。

 

自分の時だけ好きでもない人と付き合うことを
期待すんなよと気持ちいい一言。

 

更に純情を盾に人の男を取る方がよっぽどビッチだとトドメの一撃。

 

そして2人きりになった後、ビッチな自分でごめんねと言うと
八幡君はとつとつと自分のことを話ながら本当に
とってもとっても絢佳が好きなことを伝えるのでした。

 

君は唇から毒を盛るを試し読みしてみる

 

サイト内より【君は唇から毒を盛る】と検索。

 

BookLive

 

君は唇から毒を盛るの感想!雨降って地固まる?

 

枝光絢佳は告白されると好きじゃなくても付き合うモテる女の子。

 

でも適当な気持ちで付き合っているわけじゃなくて
ちゃんと好きになれると思った相手と付き合っています。

 

でもそれがなかなか理解されないのかすぐにやらせてくれるとか
男とっかえひっかえとかそういう心ない噂が立ってしまいます。

 

好きな人と想い想われお互いをいたわり合うのは
女子だけじゃなくてみんな共通の理想。

 

そんな理想を夢見て前のカレも前の前のカレも身体目当てだったなと
薄々気がついているのに変わらずまっすぐ努力する絢佳とそれをずっと見ていて
ちゃんとそれに気がついていた八幡君はとても素敵なカップルです。

 

君は唇から毒を盛る
君は唇から毒を盛る

 

何より絢佳を呼び出してひどいこと言いまくる
女子たちへの八幡君の一言が気持ちいい!

 

無口でわかりにくい八幡君ですが
実は他の女子には痛烈に厳しいカレだと分かりました。

 

絢佳もただのモテる女子ではなくって彼女なりに一所懸命努力しているのが
ストーリーを通してちゃんと伝わってきます。

 

純情でただ性格のいい主人公じゃないけれどかっこ良くて
彼女に尽くしてくれる王子様タイプのカレじゃないけど
でも想い合う気持ちは本当でその気持をすっごく応援してくなる!

 

それが表題作「君は唇から毒を盛る」でした!

 

君は唇から毒を盛るを読んでみるならこちら

 

サイト内より【君は唇から毒を盛る】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態