月影ベイべのネタバレと感想に最終回!あらすじや無料試し読みも


この記事は約 7 分で読めます。



小玉ユキ先生の作品の月影ベイべ。

 

地域に根付いている伝統芸能の1つ「おわら踊り」。

 

地元の高校生である光は幼いころから
おわら踊りに親しんでいた。

 

授業でも扱われるおわら踊りだが東京からの転校生・蛍子が
何故かその踊りを流れるように踊れる姿を見てしまう。

 

その出会いが誰も予測することが出来なかった
複雑で切ない恋の始まりになる。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【月影ベイべ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

月影ベイべを無料で立ち読み

 

月影ベイべのあらすじは?

 

光の住む地域では伝統芸能として
「おわら踊り」が今も大切に伝承されています。

 

その地域に住むものは幼いころから
おわら踊りに慣れ親しんでおり
誰もが呼吸をするように踊ることができます。

 

あるとき東京から転校生の蛍子がやってきました。

 

伝統芸能であるおわら踊りは高校の体育の授業でも
当然のように扱われているのですが
外部者である蛍子はその踊りを
踊ることができないと思っていました。

 

教室に音源を忘れた光が1人戻ったところ
音に合わせて1人でおわら踊りを踊っている蛍子の姿が。

 

その流れるような動きしなやかな所作に
目を奪われた光でしたが
彼女が踊っている踊りが通常は披露されない
女形の踊りであることに気が付くのです。

 

月影ベイベ
月影ベイベ

 

そしてその立ち振る舞いは幼いころから
徹底的に踊りこまないと到底踊ることができない動きであり
その優美な振る舞いに光は強く心を惹かれたのでした。

 

踊っている姿を見られたことに気が付いた蛍子は
そのことを誰にも言わないでほしいと光に懇願します。

 

何やらわけがありそうなその様子を見て
光は彼女と秘密を守ることを約束。

 

そして蛍子を家族のように慕っている
円叔父さんが経営する喫茶店に連れて行ったところ
なんと2人には面識があったのでした。

 

蛍子の様子から蛍子が円叔父さんに
好意を寄せていることに気が付いた光。

 

狭い土地柄で女子高生と青年の恋は格好の噂の的。

 

大好きな叔父さんを変な噂から守るため
光は蛍子と偽の恋人関係になり
2人の仲を守ることを決めるのですが――・・・?

 

その背景にある複雑な事情を知らない
光が巻き込まれて行く先には一体何が待っているの?

 

月影ベイべを読んでみる

 

サイト内より【月影ベイべ】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

月影ベイべのネタバレとその後の展開は?

 

蛍子は自分の母親・繭子からおわら踊りを
繰り返し教えてもらい続けその踊りはいつしか
呼吸をするように骨身にしみていきました。

 

しかし東京で周りにおわら踊りを踊れる人はおらず
蛍子が踊りを踊れることは
繭子と蛍子の2人の秘密だったのです。

 

実はおわら踊りが根付いている八尾は
繭子の故郷であり繭子と円は幼馴染。

 

高校生のときに交際をしていた2人でしたが
繭子に縁談の話が持ち上がることで
2人の関係は破局してしまうのでした。

 

その後再会した2人は結婚を約束していましたが
繭子の体が癌に侵されていることが発覚。

 

そのまま命を落としてしまった繭子でしたが
その娘・蛍子はかつての母親の恋人であった円に会うために
八尾に転校することを決めてきました。

 

母親が愛した円に惹かれる蛍子。

 

月影ベイベ
月影ベイベ

 

しかし円が恋い焦がれているのは今は亡き繭子。

 

自分の叔父のことを好きだということを知りながら
蛍子への思いが溢れてゆく円の甥光。

 

4人の複雑な関係を結び付けていたのはおわら踊り。

 

人前でおわら踊りを踊ることがなかった蛍子は
人目がなければ見事な踊りを披露することができるのですが
いざ人が見ていると思うと
ぎこちない動きになってしまうのです。

 

しかし一度彼女が自然に踊る姿を見たことがある光は
彼女が人前でも踊ることができるように
特訓に協力することを申し出ることにしました。

 

おわら5と呼ばれるチームを構成するくらい
光は同級生の中でも優秀な踊り手。

 

同じく優秀な踊り手であり光の同級生でもある
理央の協力を得て3人で
おわら踊りの代表を務めることになった蛍子。

 

今までは1人でしか踊ったことがなかった蛍子でしたが
初めて人と一緒に踊る楽しさを知ることとなるのです。

 

人目を気にしなくても済むように傘をかぶり
3人は今おわら踊りの舞台に立つ――。

 

その背景で揺れるそれぞれの思いが
おわら踊りに乗って様々な形を作っていく!

 

月影ベイべを試し読みしてみる

 

サイト内より【月影ベイべ】と検索。

 

月影ベイべの感想は?

 

日本の伝統芸能がとても美しく描きだされる中
その背後で繰り広げられる複雑な恋愛模様。

 

おわら踊りは傘をかぶり顔を隠して
踊るところにその色気があります。

 

同じように恋愛もすべてをさらけ出さないところに
その色気があります。

 

踊りの中にその傘の中に隠された
4人の秘密が複雑に交差して
ほのかな色気と共に展開する複雑な恋愛模様。

 

月影ベイベ
月影ベイベ

 

それぞれの思いは強く、されどさりげなく
古き良き伝統芸能の中に
大人の恋愛事情が組み込まれていく・・・。

 

そんな不思議な魅力が丁寧に
描き出された作品だったと思います。

 

読後感としてはすっきりしない部分もあり
恋愛がメインのテーマではないように思える本作ですが
不思議とそれぞれの思惑が後を引く作品でした。

 

月影ベイべを読んでみるならこちら

 

サイト内より【月影ベイべ】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。