キリンちゃんのネタバレや結末!感想やあらすじのまとめ

kirin

この記事は約 8 分で読めます。



さかたのり子先生の傑作ミステリーのキリンちゃん。

 

公園のキリンの遊具に現れる女の子の幽霊は
昔そこで殺されたことからキリンちゃんと名付けられ
そのキリンちゃんが見えるのは殺人者だけだと…。

 

過去の罪の意識からキリンちゃんが見える母親。

 

そんな母親たちにキリンちゃんは裁きをくだしていくのです。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【キリンちゃん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

キリンちゃんを無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

キリンちゃんのネタバレと結末!犯人の正体や殺されたいきさつ

2016.03.16

キリンちゃんのあらすじは?

 

章子は引っ越してきたばかりで
キリンちゃんの噂を知りませんでした。

 

2丁目の公園のキリンの遊具のところにいるから
キリンちゃんと呼ばれる昔殺された女の子の幽霊のことを…。

 

そんなある日コンビニ買い物に出かけた章子は
公園でキリンちゃんを見てしまうのです。

 

「ねぇどうして?
どうして殺したの?」

 

キリンちゃんにこう聞かれた章子は
どうして自分には見えたのだろうと…。

 

そして旦那さんに人を殺したことがあるかと聞き
自分はころしたことがあると答えるのです。

 

ただしそれは夢で夢の中で弟を殺したと…。

 

キリンちゃんは昔本当にあった殺人事件の被害者で
公園にいたところを誰かに連れていかれ近くの雑木林で
惨殺な死体で見つかったのです。

 

そして犯人は今も見つからず無念であのキリンに
とり憑いて犯人がもどってくるまで待っていると…。

 

そんなある日、章子は息子の翔太を連れて散歩に行きますが
公園から助けてと逃げてきた男性が目の前でトラックに引かれ
なくなってしまうのを目撃します。

 

そこにはキリンちゃんの姿も…。

 

その男は強盗殺人で指名手配中の男で
以前も公園で亡くなった人は自宅に遺体を隠していて
これもキリンちゃんの呪いではないかと噂になっていました。

 

キリンちゃんを見てしまうのは殺人者?

 

章子がミキオを殺したという夢は
夢ではなかった?

 

弟のミキオが生まれてからお母さんの体調が悪く
寝込んでばかりで家の中はよどんでおり
ミキオの鳴き声ばかり響いていました。

 

ミキオのせいでのんきで朗らかだった母親が変わってしまい
ミキオがいなくなればいいとミキオが泣くとうるさいからと
布団で顔を抑えたりする日もありました。

 

章子が夢でミキオを殺したという日は
章子が熱を出していた日でした。

 

ミキオがいつものようにうるさく泣いていて
うるさくて頭が痛いと起きるのですが
そこにはお母さんの姿がなくうるさいからと
ミキオが死ねば元のお母さんに戻れると
布団をミキオの顔にかけてしまう夢――。

 

さかたのり子傑作ミステリー キリンちゃんを読んでみる

 

サイト内より【キリンちゃん】と検索。

 

キリンちゃんのネタバレとその後の展開!

 

章子が夢から覚めると布団で眠っており
いつの間に布団に戻ったんだろうと…。

 

そしてミキオが亡くなった事実を知るのです。

 

お母さんは粉ミルクが切れていたから
ミキオが良く眠っていたからそのまま置いて
買い物に行ってしまったと…。

 

その間にミキオは寝返りをしてうつぶせになり
お母さんが帰ってきたときには息をしていなかったと…。

 

章子はその話を聞き自分がやったのではないと
あれは夢だったと思うのでした。

 

そして章子はお母さんに電話をして何か隠していないか
ミキオが死んだのは本当は自分が…と話しているとき
息子の翔太が泣き出してしまって電話を切りました。

 

章子が翔太を見に行くとうつぶせになっていました。

 

慌てて翔太を抱きかかえるとキリンちゃんのように
どうして殺したの?と…。

 

恐ろしくなった章子は翔太をベットに落としますが
それから翔太はすごい感じで泣き続けるのです。

 

そして章子は私に殺されると思って
泣いているんだと言い出します。

 

またキリンちゃんが自分を殺人者だと言っているとも…。

 

キリンちゃんは殺された女の子で殺人者が
のうのうと生きていることを許さない…。

 

さかたのり子傑作ミステリー キリンちゃんを試し読みしてみる

 

サイト内より【キリンちゃん】と検索。

 

キリンちゃんの結末!章子は殺人犯?

 

しかし章子が思っていた事実は違いました。

 

章子のお母さんが章子の電話が気になって
家にやってきたのです。

 

そこで明かされる真実。

 

章子はお母さんに連れらられてキリンちゃんが現れる
あの公園に連れていかれました。

 

そして自分がミキオを殺したんじゃないかと思っていたから
へんなものを見ちゃったんじゃないかと。

 

章子はミキオを殺してはいないから大丈夫だと
キリンちゃんがいるところを見ろと言うのです。

 

そして見てみるとキリンちゃんがいない。

 

良かったとミキオを殺したというのは
夢だったのだと喜ぶのでしたが
その代わりお母さんにはキリンちゃんが見えるのです。

 

実はミキオを殺したのはお母さんでした。

 

ミキオが死んだあの日お母さんはミキオが寝返りをしたとき
本当は家にいたのです。

 

寝返りを打ったのを見てそのままにし
買い物に出かけたのでした。

 

そこにはある事情がありました。

 

実はミキオはお父さんの子ではなく
おじいちゃんの子だったのです。

 

おじいちゃんはお酒を飲み過ぎると人が変わり
人をケガさせたりよその畑を荒らしたりする人で
しかも酔っていたときの記憶はないのです。

 

そして章子のお母さんを犯し生まれたのがミキオで
ミキオの耳の形がおじいちゃんに似ていたことから
愛せずしんでくれればいいとずっと思っていたと…。

 

一生誰にも言わないつもりでいたお母さんでしたが
章子に無実の罪を背負わせるわけにはいかないと
本当のことを告げたのでした。

 

それから章子がキリンちゃんを見ることはなくなりました。

 

殺人者がのうのうと生きていることを許さない
キリンちゃんはお母さんをどうしたのか…。

 

お母さんは5年後ガンで亡くなりました。

 

手術も治療もいっさい拒否して
痛み止めだけで最後は眠るように…。

 

それがキリンちゃんのせいなのかはわかりません。

 

ただまたこの公園では誰かがキリンちゃんを
見ることになるのです…。

 

さかたのり子傑作ミステリー キリンちゃんを試し読みするならこちら

 

サイト内より【キリンちゃん】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態