愚者の皮チガヤ編(ストーリーな女たち)5話のネタバレと感想!

storynaonnatachi3

この記事は約 7 分で読めます。



両眼の視力を失ってしまった千茅…。

 

そして千茅のことを想い泣く刈萱…。

 

千茅のために生まれ変わると言ったセキは
どうなったのか…。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【愚者の皮 チガヤ編】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

愚者の皮 チガヤ編を無料で立ち読み

 

【愚者の皮チガヤ編1話はこちら】

愚者の皮チガヤ編(ストーリーな女たち)のネタバレ!結末が気になる

2016.02.16

【愚者の皮チガヤ編最新話はこちら】

愚者の皮チガヤ編(ストーリーな女たち)8話のネタバレと感想!

2016.06.24

 

愚者の皮チガヤ編(ストーリーな女たち)5話のネタバレ!

 

セキは病院にも通いやすいし
白杖を持って歩く練習をするにも
街育ちの千茅には勝手がつかみやすいと
千茅のために都会で暮らしていました。

 

しかし千茅は見えない目で家を抜け出し
つまずいては転んだりしていました。

 

それを見つけお前には危険な1人歩きの練習は
必要ないだろうというセキ。

 

お前には俺がいるし一生手を引いてやると
千茅に手を差し伸べるのです。

 

しかし千茅はあなたの手だけは借りたくないと
手を差し出そうとしません…。

 

そしてセキはあの病院の伊集院師長に相談をするのです。

 

妻が心を開かない…
もっと俺に頼って欲しいのに…。

 

街中に家を買い不自由のないように家政婦も雇い
他に何が足りないというのだと。

 

それに対し伊集院市長はスキンシップが足りないと…。

 

夫として完璧で富も名誉もあり千茅のことを
深く愛しているセキのことをわからない千茅には
頭ではなく体で理解させた方が良いと言います。

 

そして心と体をリラックスさせるマッサージを
自分が教えてあげると…。

 

上着を脱がされたセキはマッサージを――。

 

ストーリーな女たち
ストーリーな女たち

 

その夜セキはいつもの寝室ではない部屋に
千茅を連れて行きました。

 

今夜からは面白い遊びを始めようと――。

 

それは部屋を仕切った3つのカーテンがあり
その向こうには3種類のベットが隠されていると言うのです。

 

1つは金細工をちりばめたベット。

 

2つ目は革を使ったベット。

 

3つ目は竹で組んだベットです。

 

そして3つのカーテンの中から今夜眠るベットを
千茅が選ぶのですがベットはその日によって変わり
1度選んだら夜明けまでは変更できないと…。

 

更にベットにはそれぞれ意味がありました。

 

金細工をちりばめたベットを選べば
欲情にまかせて千茅を抱く。

 

革のベットなら千茅の元にセキは行くけど
抱いたりはしない…。

 

1人で寝たいのであれば竹のベットを選ぶしかなく…。

 

1度は断ろうとする千茅でしたが日々の糧を
セキに依存していることに負い目をもっている千茅は
セキの申し出に従うのでした。

 

そして千茅が選んだのは革のベットで
最悪の結果だけはまぬがれたと思う千茅でしたが――。

 

セキはアロマオイルを持ってきて
千茅の体に塗っていくのです。

 

千茅の肌に歓びと昂ぶりを与えるのだと――。

 

千茅は油断したと思いました。

 

最初からこれが目的だったのかとも…。

 

マッサージをしながらセキは体だけではなく
気高き心もすべて欲しいと言いました。

 

必ず千茅をときほぐしてみせると…。

 

それから1週間――。

 

千茅が選ぶベットはなぜか革のベット。

 

絶対変だと思いセキに訴えるも両隣のベットを触ると
金と竹のベット…。

 

ベットは常に3種類あると言うのですが
眼が見えない千茅にはそのからくりを
解くこともできないのです…。

 

白杖で歩くことも上達せずこのままセキへの
依存からも抜け出せず心も体も
セキのものになんかなりたくないのに
どうしたらいいのかと悩んでいると
頭の中に言葉が浮かび上がります。

 

「ホスウニ チュウイ」

 

それは刈萱という男が千茅に送ったメッセージでした。

 

個展の準備もそっちのけで氷で作ったハンコ。

 

それを1つずつ目に当ててメッセージを送っていました。

 

その言葉に隠された意味とは――?

 

愚者の皮チガヤ編を読んでみる

 

サイト内より【愚者の皮 チガヤ編】と検索。

 

BookLive

 

愚者の皮チガヤ編(ストーリーな女たち)5話の感想は?

 

伊集院師長が何を考えているのかがわかりません…。

 

看護婦たちが千茅のケガなどの様子から
セキを疑ったときもみんなを言いくるめていました。

 

そして今回もセキのことをわかろうとしない千茅には
頭ではなく体で理解させた方が良いとセキに
入れ知恵をしていました。

 

セキのことを思ってなのかなにか企みがあるのか…。

 

ストーリーな女たち
ストーリーな女たち

 

本当に生まれ変わりたいと思っているのかわかりませんが
千茅のためにいろいろしようとしているセキ…。

 

でも伊集院師長のアドバイスのせいで
予期せぬ方向に進んで行ってますね…。

 

今まで愛を知らないセキにとっては
伊集院師長のアドバイスしか
頼る方法がなかったのかもしれませんが…。

 

前はセキに気持ちがあったとはいえ
今は気持ちもない相手に毎晩
体を触れられるなんて千茅がかわいそう…。

 

普通にアロママッサージをするのではなく
それ以上の触り方な感じでしたし…。

 

どうすることもできないのかと思ったところで
あの刈萱という男が千茅にメッセージを…。

 

刈萱という男は千茅と同じで眼が見えない感じですが
特別な力があるような感じですね。

 

眼が見えなくても心で見ることや
感じることができるのでしょうか…。

 

そしてそれを伝える力があるというのも
すごい感じですが刈萱と千茅はこれから
出会うことがあるのでしょうか…。

 

もう続きがどうなるのかと続きが読みたいです。

 

愚者の皮チガヤ編を試し読みしてみる

 

サイト内より【愚者の皮 チガヤ編】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態