ムショ医のネタバレや結末!感想やあらすじのまとめ

musyoi

この記事は約 8 分で読めます。



佐藤智美先生の作品であるムショ医。

 

普段は知ることのできない女子刑務所の実情が生々しく描かれています。

 

ドロドロした女の世界と女ゆえの悲しい習性。

 

どこにいても女は女なのだと思い知らされる本作。

 

刑務所の医師である『ムショ医』になった粂川晶は
どのように現実に立ち向かっていくのでしょうか?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【ムショ医】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ムショ医を無料で立ち読み

ムショ医のあらすじ!安穏の場所を求めて…

 

主人公の粂川晶は普段は都内の救命救急センターで働く女医です。

 

上司に頼まれたことをきっかけに地元の女子刑務所で
非常勤医として勤務することになりました。

 

実家の隣町にあるその刑務所は一度も立ち入ったことのない場所でしたが
晶は常に「中の世界はどうなってるんだろう?」と興味を持っていました。

 

赴任初日、彼女は刑務所の前で記念写真を撮ります。

 

晶は救命医として働くうちに患者の命を助けることは
正しいことなのか?というジレンマを感じていました。

 

ムショ医
ムショ医

 

救急で運ばれてくる患者の中には自ら命を絶とうとした者も多いのです。

 

必死に助けても感謝されないどころか罵られたり患者の家族に責められたり…。

 

心がすり減るような日々の中で刑務所ならこんな悩みを
抱える必要がないかもしれないと思ったのです。

 

ちょっとした休息くらいの軽い気持ちでムショ医の話を受けたのですが
女子刑務所は晶が思うような安穏とした場所ではありませんでした。

 

赴任直後から彼女は受刑者同士のいざこざを目の当たりにし
さらに仲裁しようとした別の受刑者のケガの手当てをすることに。

 

元看護師だというその受刑者は
刑務所に似つかわしくない控えめな女性に見えました。

 

しかしいざ治療をしようとすると手の甲には無数の注射痕。

 

さらには騒動の原因である受刑者のひとりに
「シャブ中女!」と罵倒されるのを聞いてしまって――。

 

波乱を予感させる始まりを迎えるのでした。

 

ムショ医を読んでみる

 

サイト内より【ムショ医】と検索。

 

BookLive

 

ムショ医のネタバレとその後の展開は?

 

晶が介抱した元看護師の上野は同棲していた男から
覚せい剤を打たれ常習者になったということでした。

 

薬を買うために水商売を始め次第に薬の売買にも手を染めていった彼女。

 

つらい刑務所生活を耐えていられたのも男の存在があればこそでした。

 

出所後は男が身元引受人になってくれる予定でしたが
直前になって断られてしまったのです。

 

男は両親から上野のような女との結婚は認めないし
結婚するなら勘当すると言い渡されたと言い訳をするのです。

 

上野は男のために家族と縁を切ったのに男は自分よりも家族を選びました。

 

絶望した上野は首吊り自殺を図りますが
不穏な雰囲気を感じていた晶のおかげで一命を取り留めます。

 

彼女は死なせてくれなかったことを責めますが晶は答えるのです。

 

「自分はただの医者。だから命を助けることしかできない。
上野さんが何度自殺をしようとしても、何度だって命を助けることしかできない。
上野さんが生きようと思えるその日まで」

 

男が覚せい剤にハマる前の平凡な日々に戻りたいと願い続けていた上野。

 

晶の言葉に彼女は大粒の涙を流すのでした。

 

ムショ医
ムショ医

 

女子刑務所ではその後も次々に問題が起こっていきます。

 

獄中出産をしようとしている妊婦受刑者や詐病を繰り返す受刑者。

 

彼女たちとの関わりを通して晶は忘れかけていた
医師としての気持ちを取り戻していくのでした。

 

そして最終巻では晶の学生時代の後輩の熊倉が女子刑務所に
新たに刑務官として配属され彼女を取り巻き大騒動が起こります。

 

受刑者に対して高圧的な態度をとる熊倉。

 

それをよく思っていない暴力団組長の妻の冴木との確執が
他の受刑者を巻き込んだ争いに発展していくのです。

 

冴木は実の妹に協力してもらい熊倉の実家や
合コンしていた居酒屋の写真を刑務所に送りつけます。

 

どこからか漏れる自分の個人情報に熊倉は戦々恐々とするのです。

 

先輩である晶に相談しますが黒幕はわからないまま…。

 

しかし受刑者たちの立ち話から嫌がらせは
冴木の仕業であることを知ることになります。

 

勝気な性格の熊倉は冴木に反撃を開始することに——。

 

刑務所内で冴木が地位を失うと受刑者たちの秩序も乱れていきました。

 

それによって受刑者たちの間でいじめが始まり
流血沙汰にまでなってしまいます。

 

刑務所から見る空が晴れるようになるまで頑張ろうと決意していた晶。

 

彼女は騒動の後どんな空を見上げることになったのでしょうか――?

 

ムショ医を試し読みしてみる

 

サイト内より【ムショ医】と検索。

 

ムショ医の感想は?

 

全5巻の作品ですが続編が1巻発売されています。

 

どうやら連載半ばで打ち切りになったようで佐藤智美先生は
まだまだ描きたいことがたくさんあったそうなんですね。

 

その思いを果たすためにクラウドファンディングで
資金集めをして続編が完成したのです。

 

続編では子殺しをした母親受刑者の話が描かれています。

 

ムショ医
ムショ医

 

女子刑務所は普通の刑務所とは少し違っていて
万引き犯と殺人犯が同じ部屋に収容されているそうです。

 

はじめは同じ部屋の人が何の罪で服役しているのか分からないのですが
殺人犯など長期受刑者が集められる会に参加していることで
相手が殺人を犯したのだと気付きます。

 

子殺しは女子受刑者たちにとって1番軽蔑する対象なんですね。

 

刑務所と言う狭い世界の中で受刑者たちの
独自のルールによって制裁が加えられる様子が描かれています。

 

晶がどんな風に対処していくのか彼女の成長と合わせて楽しめる作品です。

 

それにしてもこのような重いテーマの作品は
ある程度の巻数を重ねてこそ深みが出ると思うのですね。

 

様々な受刑者たちの事情を知ることで読み手も色々なことを考えさせられるというか。

 

万人受けするマンガではないので一気に人気が出ることはむずかしかったようですが
もう少し読み続けて見たかったな…というのが正直な感想です。

 

ムショ医を試し読みするならこちら

 

サイト内より【ムショ医】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態