娘の家出のネタバレや最終回は?あらすじや無料試し読みもあり


この記事は約 6 分で読めます。



志村貴子先生の作品の娘の家出。

 

母が再婚することになったその日
まゆこはプチ家出を決行し行きついた先は父親の家。

 

ある同居人と暮らす父親の元を
まゆこが訪れた理由とはいったい・・・?

 

離婚をした親を持つ高校生の子供たちや
その周囲の人々による家出劇が幕を開けます。

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【娘の家出】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

娘の家出を無料で立ち読み

 

娘の家出のあらすじは?

 

母が再婚することになったその日
まゆこはプチ家出を決行しました。

 

行きついた先は父親の家。

 

母の再婚相手はいい人だけれど高校生のまゆこは
母親の彼氏と一緒に暮らすのは抵抗があるのだとぼやきます。

 

大学に受かるまで家においてほしいと
父親に頼むまゆこですが父親にはすでに同居人がいました。

 

それは男性で父親は実はゲイであり
オカマのしんちゃんと同居をしていたのです。

 

母親と父親が離婚したのも父親のそんな性癖のせいでした。

 

娘の家出
娘の家出

 

しんちゃんとは比較的良好な関係を築いているものの
やはり父親が出て行った時からずっと
心に何とも言えない感情を抱えながら生きてきたまゆこ。

 

しかしいざそのことを伝えるとしんちゃんは
真摯にまゆこに謝罪をし父親は声をあげて泣きました。

 

一度恨み言をきちんとぶつけてやりたいとは思っていたものの
叩きのめしてやりたいとまでは思わなかったまゆこ。

 

結局のところまゆこは父親のことが大好きで
しんちゃんのことも嫌っているわけでもないため
彼女の家出騒動はこれにてひとまず解決します。

 

しかし娘の少女たちの家出はまだまだ連鎖的に
広がりを見せていくことになります。

 

娘の家出を読んでみる

 

サイト内より【娘の家出】と検索。

 

娘の家出のネタバレとその後の展開は?

 

ひとまずまゆこの家出騒動は収束しますが
彼女の身の回りの「娘」たちもまたそれぞれ家庭に対して
思う所があり家出願望を抱えていました。

 

まゆこが高校でつるんでいるメンバーは通称チーム離婚・・・
その名の通り親が離婚している女子たちの集まりでした。

 

最近、兄と姉2人が相次いで出戻りをしてきたことで
家に気づまりを感じているニーナを元気づけるために
彼女たちはプチ家出という名の遠足にいくことになります。

 

想像以上に鬱屈とした思いを抱えていたニーナですが
他のメンバーもそれぞれ
親の離婚を発端にした問題を抱えていました。

 

家族のことを嫌いになりそうになっている自分に悩むニーナ。

 

幼いころからすぐ近くにいた既婚者と
身体の関係を結んでしまったかな
抱かれた記憶もない父親が逮捕されたぐっち。

 

まゆこは新たな恋を見つけて大層はしゃぎますが
その裏にもいろいろな思いが根付いています。

 

娘の家出
娘の家出

 

そんなある日、しんちゃんの元に
久しぶりに実の姉から電話がかかってきます。

 

ゲイだとカミングアウトして以来
両親とは勘当状態となったものの
唯一自分の味方となってくれた姉。

 

その姉が上京してきた理由はなんと彼女も
同性と関係を持つようになったからでした。

 

今までそんな素振りを見せたことすらなかった姉。

 

40代になって突然レズをカミングアウトし
家を飛び出した理由とは・・・?

 

娘の家出を試し読みしてみる

 

サイト内より【娘の家出】と検索。

 

娘の家出の感想は?

 

高校生の女の子・まゆこを中心として
彼女とかかわりのある人やその人の血縁者などの色々な事情が
オムニバス形式で描かれていくタイプの作品です。

 

一話完結の話が色々詰まっている感じですが
毎回主人公が変わるので読んでいて飽きません。

 

同じ世界観で登場人物も同一なので
出てくるキャラクターは多いですが
覚えられないということはない気がしました。

 

娘の家出というタイトルであり序盤はタイトルに相応しい
雰囲気のお話となっていましたが
家出と全然関係がない短編なんかもありましたね。

 

内容はどれもとても面白かったです。

 

娘の家出
娘の家出

 

ゲイやレズ、両親の離婚と再婚など
難しい内容をテーマにしている話も多かったですが
そこまで暗くなることもなくかといって
お気楽になりすぎることもなく読むことができました。

 

ドキュメンタリー番組などでは悲観的な演出を
させられることも多い人たちを扱っていますが
本作では葛藤や悩みはありながらも
あくまでみんなそれなりに幸せに暮らしています。

 

基本は一話完結ですがその後また
同じキャラクターをメインに据えて
話が展開されたりということもあります。

 

どの話も読み終わった後にじんわりと余韻が残る感じです。

 

すっきりお悩み解決!というよりは
そういった余韻を楽しむタイプの作品かと思います。

 

短編形式なので非常に読みやすくはあるので
是非手に取ってみてください。

 

娘の家出を読んでみるならこちら

 

サイト内より【娘の家出】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。