さくらんのネタバレと感想に結末は?映画の原作を無料試し読み


この記事は約 8 分で読めます。



安野モヨコ先生の作品のさくらん。

 

遊郭・江戸吉原――・・・
そこは男と女、女と女が騙し合う色の街。

 

江戸吉原の「玉菊屋」に売られてきた
気の強い少女・きよ葉。

 

問題児だった彼女は様々な経験を経て
のちに伝説の花魁と呼ばれるまでに成長していく。

 

きよ葉の型破りな生き方、吉原の遊女たちの生き様や
悲劇的な人生を描いた破天荒花魁ストーリー!!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【さくらん】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さくらんを無料で立ち読み

 

さくらんのあらすじは?

 

8歳のころに身寄りをなくし吉原の遊女屋である
「玉菊屋」に売られた気の強い娘・きよ葉。

 

ふてぶてしく、ここに来てから何度も
問題を起こしている彼女でしたが
これでもナンバー3の座についています。

 

女だらけの世界に嫌気がさし遊女という将来に
何も見いだせないきよ葉は度々脱走を試みたりしますが
その度に捕まり折檻を受ける日々。

 

中でも店のナンバー1である高尾という花魁とは
そりが合わず何度も諍いを起こしている始末。

 

高尾が贔屓にしている客を殴ったり客を取るために
見世に出たきよ葉をあざ笑う高尾と喧嘩を始めてみたり・・・。

 

この気性の荒さがなければきよ葉は
トップに躍り出るほどの美貌の持ち主だったので
周囲の人間は残念に思っていました。

 

見世番の清次という青年は問題ばかり起こすきよ葉に
説教をしますが逆にきよ葉は色仕掛けで彼に迫ります。

 

さくらん
さくらん

 

しかしそんな方法は清次には通用せず・・・
しっかり働くように注意をしてその場をあとにするのでした。

 

一方、高尾は客の光信に入れ込んでいましたが
光信はきよ葉のこともちょっと気になっている様子でした。

 

そんな光信に対して高尾は彼との情事の最中に
とんでもないことを考えるのです。

 

他の客に取られるくらいならいっそ殺してしまおうかと――。

 

そして高尾はその想いを実行に移すのですが
逆に首を切られて殺されてしまいます。

 

当然その事件は大問題となりますが犯人である光信は
逃げてしまったため足取りはつかめず・・・。

 

周囲が高尾の死を悲しむ一方できよ葉だけは
彼女に同情する気持ちは少しもありませんでした。

 

吉原はホレたハレたはご法度の世界。

 

それを一番よく知っているはずの花魁が
こんなことになるなんて言語道断――・・・。

 

トップを失った玉菊屋は次の店の顔に
問題児のきよ葉を抜擢します。

 

そこからきよ葉の運命が大きく変わることになりますが・・・。

 

さくらんを読んでみる

 

サイト内より【さくらん】と検索。

 

BookLive

 

さくらんのネタバレとその後の展開は?

 

吉原の遊女屋である「玉菊屋」のトップである
高尾が亡くなり次のトップに選ばれた問題児・きよ葉。

 

しかし当の本人は一向にやる気がなく・・・
見世番の清次に諭されて
しぶしぶ引き受け花魁となるのです。

 

そんなきよ葉の過去・・・。

 

幼少期に父親を亡くし天涯孤独になってしまったきよ葉は
玉菊屋に売られることになります。

 

そして最初は「とめき」と名付けられ
当時一番人気だった粧ひという
花魁の禿(遊郭に住む童女をさす)となるのです。

 

彼女はその当時から気が強く何度殴られようとも
一度も泣かないという可愛げのない子供でしたが
器量はとても良かったため将来を嘱望されていました。

 

しかしこのまま花魁になっていくのが
怖くなったきよ葉は何度も脱走を試みますが
すべて失敗し連れ戻されて折檻を受けるのでした。

 

自分の面倒を見てくれた粧ひが身請けされ
吉原を出るのをきっかけとしてきよ葉は
花魁として生きていく覚悟を決めます。

 

そして美しく成長したきよ葉は客をとるようになりますが
そこで惣次郎という男性と出会い恋に落ちます。

 

二人は互いに惹かれ合いますが
きよ葉のことをよく思わない吉原の人間に邪魔をされ
引き裂かれてしまいます。

 

そんなことがあってからしばらく経ち
玉菊屋のナンバー3の座にまで上り詰めたきよ葉。

 

さくらん
さくらん

 

高尾という玉菊屋の顔を亡くし次の花魁に
抜擢されたきよ葉は店の主人たちの強い要望もあって
仕方なく引き受けることになるのです。

 

そんな彼女の前に現れる倉之助という男・・・。

 

きよ葉に金の援助をしようという彼はきよ葉の上客となり
きよ葉に惚れ彼女を身請けしようと決意します。

 

しかし彼女は父親が誰かわからない子を妊娠していました。

 

それを知っても倉之助のきよ葉を
身請けしたいという気持ちは変わらず・・・。

 

次第に近づいてくる身請けの日。

 

きよ葉が玉菊屋に来た頃から咲いたことのない桜の枯れ木に
一輪の桜が咲いているのを目にした彼女は――・・・。

 

自分をずっと支えてくれていたのは誰?
きよ葉の選んだ道とは一体?

 

気になるラストはぜひ
ご自身の目で確かめてみて下さい!!

 

さくらんを試し読みしてみる

 

サイト内より【さくらん】と検索。

 

さくらんの感想は?

 

「働きマン」などで知られる安野モヨコ先生のこの作品。

 

今回は江戸の遊郭で働く女性たちにスポットを当てた
また違ったテイストの作品になっています。

 

儚く、美しい、彼女たちの日常が
独特の画風で見事に表現されていると思います。

 

2007年には実写映画化されたことでも知られています。

 

やはり主人公のきよ葉は魅力的で何にも染まらず
自分の世界観で生きている個性的なキャラクターです。

 

相手が誰であろうとも自分の言いたいことを
通すという場面は爽快でした。

 

さくらん
さくらん

 

そんな彼女がいかにして吉原という
知られざる世界で生きているのか――。

 

懸命に奮闘しているきよ葉の姿をぜひ見て頂きたいと思います。

 

また彼女が下す決断にも注目。

 

決して明るい話ではないですがその雰囲気や世界観を
存分に堪能できる作品だと思います。

 

女性だけでなく男性でも十分に楽しめる作品ですので
ぜひともチェックして頂きたい作品です。

 

さくらんを読んでみるならこちら

 

サイト内より【さくらん】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態