カリスマのネタバレや結末!感想やあらすじのまとめ

karisuma

この記事は約 8 分で読めます。



新堂冬樹先生と八潮路つとむ先生そして
西崎泰正先生の作品であるカリスマ。

 

優しくて美しかった平八郎の自慢の母。

 

あることがきっかけで彼女は新興宗教の
熱心な信者になってしまいます。

 

家族に訪れた不協和音そして残酷な事件。

 

幼い頃のトラウマを抱えた少年が志した道とは――?

 

宗教のおそろしさに震える作品です。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【カリスマ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カリスマを無料で立ち読み

 

カリスマのあらすじは?おそろしい事件の始まり

 

節分の日小学校のあるクラスでは豆まきをしており
主人公である岡崎平八郎は鬼に扮してひょうきんな仕草で
クラスメイトたちを笑わせていました。

 

そこへ鬼のような形相をした女性が飛び込んできます。

 

平八郎の名を呼びながら彼の頬を激しく打ち
慌てて止めに入った担任に向かって
彼女は平八郎の母だと名乗ります。

 

平八郎の母は優しくて美しい母親として
参観会でも目立つ存在でしたが今我が子を責める
その姿は美しさとはかけ離れていました。

 

「節分なんて背教的で不道徳なことを子供たちにやらせるなんて!
そんなだから日本は悪魔に支配されるのよッ」

 

母は担任を怒鳴りつけると平八郎を引っ張って連れ帰り
布団たたきで折檻される平八郎。

 

カリスマ
カリスマ

 

母は悪魔から息子を守るためだと釈明し
母に抱きしめられながら平八郎は静かに涙を流すのです。

 

母は宗教に盲信していて生活のすべてを
『メシア』に捧げていました。

 

家事はしないので部屋は散らかりっぱなしで
夕食も大豆と野菜のみ。

 

母いわく肉食は人間を動物化させて犯罪者を生み出すもので
父の説得にも母は聞く耳を持ちませんでした。

 

学校でも平八郎の母のことがうわさになっていました。

 

人気者だった明るい平八郎もしだいに塞ぎ込んで
ひとりでいることも多くなります。

 

そしてクリスマスの日事件が起こってしまいます――。

 

カリスマを試し読みしてみる

 

サイト内より【カリスマ】と検索。

 

カリスマのネタバレやその後の展開は?

 

クリスマスの夜も母はメシアの元に出かけていて
平八郎はひとりで例の質素な食事をしていました。

 

そこへ父がクリスマスのディナーを買って帰ってきました。

 

テーブルに並ぶのは久しく食べていない
おいしそうなお肉やおかずでどれも平八郎の好物です。

 

父は母のことを精神病院に入院させようとしており
パンフレットも用意してこうするほかに母の病気は治らないと…。

 

けれど平八郎は精神病院に入院させることをよく思っておらず
入院させなくても母を正気に戻す方法はあるはずと――。

 

心を込めて描いた絵を見せれば母はもとの優しく
美しい母に戻ってくれるはずと平八郎は信じていたのです。

 

そして彼は帰ってきた母に1枚の絵をプレゼントします。

 

それはクリスマスを親子3人で過ごす楽しそうな絵で
平八郎の想いのすべてを注ぎ込んだ祈りの絵でもありました。

 

絵を見た瞬間母の顔が冷たく凍ります。

 

「こんな異教の絵を描くなんて
平八郎は悪魔に取りつかれたのだ」

 

母は抱きしめるかわりに平八郎の首を絞め上げたのです。

 

異変に気付いた父によって平八郎は助かりますが
母の狂気は止まりません。

 

母は包丁を持ち出してくると父を刺殺し
そして自らも身体を裂いて自殺したのです。

 

残酷な事件から数年後――。

 

宗教法人「神の郷」が物語に登場します。

 

救世主として君臨する神郷宝仙を名乗る巨漢の教祖。

 

見るからにいやしくうさんくさい風貌の男。

 

カリスマ
カリスマ

 

実はこの神郷宝仙こそあの平八郎だったのです。

 

幼い頃のトラウマから彼は他人にも自分と同じ経験を
させなくては気が済まなくなっていたのです。

 

信者を洗脳して金を巻き上げたり
女性信者には体を差し出させたり…。

 

目障りな信者は魂を教祖のもとに帰して
罪を浄化するのだという名目で殺害することすらありました。

 

神の郷から家族を取り戻そうと
脱会をサポートする会も登場します。

 

ただ信者を取り返すのは容易ではありませんでした。

 

神郷宝仙の洗脳は強力で正気に戻せる
確率はわずか20%だと言います。

 

ある日神の郷が運営するセミナーに
ひとりの女性がやってきました。

 

城崎麗子は息子の合格祈願のために
このセミナーに参加したのです。

 

セミナーは名目こそ立派でしたが
実際は信者集めや資金調達の場でした。

 

麗子の存在を知った平八郎は
彼女をどうしても手に入れたいと思います。

 

それは麗子が亡き母にそっくりだったからです。

 

自身の失った愛情の続きを彼女から
得られるかもしれないと平八郎は考えました。

 

洗脳されていく麗子を彼女の夫と
脱会カウンセラーたちが救い出そうとします。

 

断固として麗子を手に入れようとする平八郎。

 

そして物語はまさかの展開を迎えます。

 

まさに大どんでん返しの先に明らかになる真実とは――?

 

カリスマを読んでみるならこちら

 

サイト内より【カリスマ】と検索。

 

カリスマの感想は?

 

試し読みをした段階からこのおそろしい作品の
虜になってしまいました。

 

平八郎が教祖になるなんてまさかの展開。

 

彼は自身に起こったことの復讐をするかのように
自己本位な人生を歩んでいきます。

 

優しい母を取り戻そうとしたあどけない彼は
どこに行ってしまったんだろう。

 

カリスマ
カリスマ

 

平八郎の悪行を読みながら悲しくもなりました。

 

それにしても洗脳って本当におそろしいですね…。

 

平八郎のようにいかにも卑しい醜い男の言うことを
絶対だと思ってしまうんですから。

 

正気ならありえない状況。

 

人心掌握に長けているってこういうことなんでしょうか。

 

母に生き写しの麗子の登場によって
物語はどんどん加速していきます。

 

ラストは本当にアッと驚く展開でした。

 

ぜひ読んで楽しんでもらいたいので
結末部分についてのネタバレは伏せておきました。

 

人の心理を巧みにつくこの作品一読の価値ありです!

 

カリスマを読んでみる

 

サイト内より【カリスマ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態