蜜の島のネタバレと結末(最終回)!感想や無料試し読みにあらすじもあり

mitsunoshima

この記事は約 9 分で読めます。



小池ノクト先生の作品の蜜の島。

 

復員兵南雲は戦友の最後の頼みのため
娘のミツを連れ戦友の妻の故郷の島へ向かう。

 

目指すは地図にも載っていない幻の島・石津島だった。

 

ミツを故郷に石津島に訪れた南雲でしたが
そこでは次々に島民が殺されていき――。

 

孤島を舞台に謎だらけのサバイバルホラーの幕開!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【蜜の島】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

蜜の島を無料で立ち読み

 

蜜の島のあらすじは?

 

昭和22年、復員兵の南雲佳哉は幼い少女・ミツと一緒に
船に乗り込み彼女の母親の故郷である石津島へ行く途中でした。

 

食料もなく二人はお腹が空いていて周囲の人たちが
食事をしているのをミツは無作法に見つめてしまいます。

 

幼い女の子がお腹をすかせているのを
不憫に思ったおばあちゃんがふかしイモを分けてくれます。

 

航行の途中、船が停止して船内が騒がしくなり南雲が呼ばれます。

 

男に石津島に何の用だと言われて女の子を故郷に返すだけというと
一緒についてくるようにと男は告げます。

 

そして石津島へ行く通常の交通手段は無いため小舟に乗り換えます。

 

男の名前は瀬里沢といって南雲にどうして石津島の存在を
知ったのかと地図にない島の情報収集は難しく
その名前を知っていること自体がおかしいというのです。

 

蜜の島
蜜の島

 

南雲はかつて軍人として戦場に行き負傷した戦友の貴船が瀕死の床で
南雲にこう頼んだのでした。

 

「あんまりかわいいから、東京へ連れ帰ってしまった。
頼みがある。妻と子を故郷の島に送り届けてくれ」

 

今の日本では生きていけないからと言われ崩壊した東京の街では
母親は生き残っておらずミツだけが見つかりました。

 

戦友の最後の願いを叶えるために
南雲はミツを連れて石津島を目指していたのです。

 

何もない海の上での乗り換え・・・。

 

通常の交通手段はなく存在するはずがない島だと言われる石津島。

 

瀬里沢が何を言っているのかわからないまま
ミツと一緒に石津島へ行く南雲でしたが――。

 

蜜の島を読んでみる

 

サイト内より【蜜の島】と検索。

 

蜜の島のネタバレとその後の展開は?

 

定期航路が整備されていなくやってきたのはオモチャのような舟・・・。

 

帰りはどうする・・・この貨物船も不定期で
次がいつくるかもわからない状態なのです。

 

出直そうとする南雲でしたがミツに言われて
オモチャのような舟に乗ることにしました。

 

荒波の中なんとか無事に良し津島へ到着した南雲とミツ。

 

しかしその存在しないと言われている石津島の村人たちは一見普通。

 

言葉も通じますし何百人単位と人が住んでいて
集落もありますが何か違和感があります。

 

それは部外者に対して異様なまで馴れ馴れしいのです。
孤島に住む村人なら警戒心があってもいいはずなのですが・・・。

 

そして普通ならあるはずの村長も
組織や指揮系統もなくお墓もありません。

 

蜜の島
蜜の島

 

その代わりに奇妙な物があります。

 

それは家の中に放置されたミイラで
その目の前には新しい食事がありました・・・。

 

南雲はこの村を知れば知るほど違和感がどんどん広がっていきます。

 

そんな中で起きた村人の突然の死。

 

土の中に埋められ手だけ出ている状態・・
そんな状況でも何ら変わりない様子の村人たち。

 

南雲がますます違和感が広がり村人たちへの恐怖心も大きくなるばかり・・・。

 

こうして孤島を舞台に謎だらけのサバイバルの幕開け――。

 

蜜の島を試し読みしてみる

 

サイト内より【蜜の島】と検索。

 

BookLive

 

蜜の島の気になる結末は?

 

全ての原因は石津島には死がないこと・・・。

 

最初の死であるハナは今村に恋をしており
今村もまたハナに恋をしていました。

 

ハナが崖から転落した晩、港の方に向かうハナは
誰かと一緒にいました。

 

小柄なハナよりもずっと小さくそれは子ども。

 

2人はおそらく今村のいる小屋に訪れるつもりでした。

 

浜小屋の見える崖の上に到着し浜小屋の灯りが見え
恋するハナの目にはその灯りが今村の存在そのもののように
輝いて見えたことでしょう。

 

しかしもう1人も今村に恋をしていたのです。

 

今村に会える予感に舞い上がっているハナ背中を見て
行かせないとふと思い魔が差した感じで
ふとハナの背中を押してしまったのです。

 

そして今村の死はハナの両親によるものでした。

 

今村を憎んで殺したとかではなくハナの埋葬をとめるため
大切な娘を生き埋めにする今村から娘を守るために
今村の頭部へ鉄製の農具で殴打したのです。

 

島民はしなないように今村も死なない・・・。

 

今村が再び作業をすることを阻止するために
作業に必要な手を切り離したのです。

 

肝心な今村の遺体はハナを崖から突き落とした
今村に恋をする者が運び去りました。

 

今村の体はキレイに拭き清められ
そこには2人きりの世界があったのです。

 

蜜の島
蜜の島

 

そしてアンジ・・・。

 

彼もまた苦労して捕った鮪を無償で村中に振る舞ったことで
島の中で特別な存在になろうとし島最大の禁忌に触れたのです。

 

集まりに参加した全員に殺されることに――。

 

アンジの首はアクシデントで島のタブーである
遺体を焼くことになってしまいました。

 

しかしロクもまた首が焼かれました・・・。

 

それは模倣で同じような状況を作ることで
一連の殺人事件に見せるための小細工。

 

それは石津島の長い歴史の中で初めて起こった
殺人事件だったのです。

 

ロク殺しには動機があり明確な殺意がありました。

 

ロクの家に訪れた犯人はロクがアンジ殺しの
犯人であることを知ったのです。

 

アンジは犯人にとって極めて大切な人だったため
復讐心に突き動かされた犯人はロクを襲い
首を切り落としロクがアンジにしたのと
同じ仕打ちをすることにより意趣返したのです。

 

しかし島民が忌み嫌っている身体を焼く行為をしたことで
島民じゃない人間・・・この島の外部の人間の仕業だと
わかってしまったのです。

 

その人物とは・・・。

 

そしてハナや崖から落とした人物とは――?

 

蜜の島を読んでみるならこちら

 

サイト内より【蜜の島】と検索。

 

蜜の島の感想は?

 

島民は馴れ馴れしくまた女は夜這いをしたりと
ちょっと変わった感じの石津島。

 

それでもみんな幸せに暮らしていました。

 

2人の女性が1人の男性を好きになり
嫉妬したことで始まった出来事・・・。

 

でも石津島に死がないことが1番の原因です。

 

ちゃんと人は死ぬということや死んだらどうするのかとか
いろいろなことがわかっていればこのような出来事は
免れたのかもしれません・・・。

 

そして最後は石津島や島民と共に消えたミツ。

 

蜜の島
蜜の島

 

それが1番なのかもしれませんが南雲とミツの
別れのシーンはちょっと切なかったです。

 

最後に南雲がどうなったのかは描かれていませんが
きっと島民で唯一助かったトヨが言うことが
南雲のその後なのかもしれませんね。

 

ハナを殺してしまったのは誰なのか
そして石津島の長い歴史の中で初めて起こった
殺人事件の犯人は誰なのか・・・
読んでみていただけたらと思います。

 

蜜の島を試し読みするならこちら

 

サイト内より【蜜の島】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態