緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐のネタバレと感想に結末!試し読みやあらすじもあり


この記事は約 9 分で読めます。



藤森治見先生の作品の
緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~。

 

ある日、一族を守るために
和解の契りとして敵の花嫁として
差し出されてしまったラジア。

 

しかし性奴隷として扱われ仕舞いには――・・・。

 

残酷な運命をたどることになった
ラジアの結末はいかに――。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~を無料で立ち読み

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐のあらすじは?

 

キャラバンの隊長と一夜を共にする娼婦。

 

男は場末の娼館の娼婦にしては上玉だと言い
よそ者だからこんな粗末な部屋を
あてがわれているんだろうと・・・。

 

そしてどんな事情で落ちぶれたか知らないが
こんな掃き溜めに埋もれるには惜しいと言うのです。

 

しかし娼婦は目的のために自ら掃き溜めに
身を投じる子もいると言い
夢物語を男に聞かせるのでした。

 

それは遠い遠い場所からきた女の子の話――・・・。

 

女の子の名前はラジア。

 

旅先案内人の娘でラジアには兄や弟に妹がいます。

 

旅から戻ってきた父親は旅の途中で
酷いものをみたと話し始めます。

 

それはふたご山の者たちが一族の恥さらしと
殴る蹴るの暴行を加えています。

 

女性はただ道を訊かれただけだと言いますが
色目を遣ったと地獄へ落ちろと聞く耳を持ちません。

 

父親や兄たちは見ないでその場を立ち去りましたが
それは女性にまつわる悪しき因習・・・。

 

ラジアは自分もかと不安になりますが
父親はそんなことするものかと
家族みんなが自分の宝物だと。

 

ただ常に清く正しく在りなさいと父親は言います。

 

そうすればきっと神はラジアを
救ってくださるからと・・・。

 

緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~
緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~

 

そんなある日、ふたご山の一族が旅道を明け渡せと
言ってきたのでした。

 

旅道を開拓したのは我が一族だから祖先の誇りと砕身の証を
奪われるわけにはいかないと言っていたところに
夜襲をかけられたのでした。

 

そして族長であるラジアの父は負けてしまい
和解の契りとして族長の娘を嫁に差し出せと・・・。

 

長の亡き今、次の族長はラジアの兄であるサーディク。

 

当然ラジアは嫌だとサーディクに言いますが
断れば再戦の布告とみなされ
また族長の首を落とすことになる・・・。

 

たかが女ひとりと一族の存亡を秤にかけるのは
賢明とは思えないと言われ
サーディクはラジアを差し出そうと・・・。

 

ラジアが断れば妹のクルトだとわかってくれと
泣きながら頼まれるのです。

 

そして決まりだと連れて行かれるラジア・・・。

 

ラジアは父親がいった言葉を思い出し
どうか自分を護ってと思うのです。

 

ふたご山の一族に連れて行かれたラじアは
今日から一族の女だと家族のために尽くし
家族のために働けと言われます。

 

そしてラジアが最初に与えられたのは家畜の世話。

 

ここで生きていくしかないと
頑張らなきゃと思うラジアでしたが・・・。

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐を読んでみる

 

サイト内より【緋い初夜】と検索。

 

BookLive

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐のネタバレとその後の展開は?

 

ここで生きていくしかないと
頑張っていうことを聞くラジアでしたが
男たちがやってきて襲うのです。

 

ここでは女には自由はなく男たちに従って
生きるのが当たり前だと・・・。

 

ラジアは父親や神様に助けてと
心の中で思うのですがそのまま・・・。

 

酷い目に遭ったラジアですが
休んでいる暇などありません。

 

手を止めていると愚図だと
いつまで洗い物をしているんだと叩かれ
早く食事の支度に取りかかれと言われます。

 

食事をしているといつまで食べているのかと
家畜の世話があると朝から晩まで働かされる。

 

そして男たちの相手も・・・。

 

それから1年後、ラジアの夫である
シャーヒドが帰ってくることになります。

 

シャーヒドは賢しくて体も強く
何より商才のある男。

 

この国で1~2を争うほどの
大きな隊商を率いている。

 

ラジアはまだシャーヒドを見たことがありませんが
もし帰ってきたらこの地獄も少しはマシに
なるのではないかと思ったりもしました。

 

しかし婚礼の儀を執り行う準備のため
妻となるオンナの純潔を確認すると
嫌がるラジアの脚を抑え調べ始めたのでした。

 

緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~
緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~

 

ラジアが純潔ではないと分かると
淫売と言い家族の名誉を汚した罪人だと・・・。

 

当然、ラジアは無理やり奪われたと
そう伝えるのでしたが
身内に罪を被せようとまでするのかと
処刑を言い渡したのです。

 

ラジアは閉じ込められそこで
自分を殺す話を聞きます。

 

死にたくないと家族に会いたいと思い
一生懸命土を掘って逃げ出しました。

 

寒いし食べる物もなく
もう歩くこともできない・・・。

 

父親や神様に助けてとそう思いながら
ラジアが目を覚ました目の前には
夫であるシャーヒドがいたのです。

 

そしてラジアの行為は一族への恥辱だと
耳と鼻をそぎ落とされたのでした・・・。

 

どんなに助けを求めても
神様は助けてくれない・・・。

 

それだけではなく傷ついたラジアを
一緒にいた叔父が抱くのです。

 

せめて快楽の中で死なせてやると・・・。

 

こんな目に遭っているのにどうして神様は
この地獄から自分を救ってくれないのだろうと
そう思いながら1つの結論に達するのです。

 

私には神様はいないんだ――。

 

そしてラジアはそばにあった石で
叔父を殴り殺したのでした。

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐を試し読みしてみる

 

サイト内より【緋い初夜】と検索。

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐の感想は?

 

キャラバンの隊長と一夜を共にする娼婦は
耳や鼻を失ったあのラジアでした。

 

そしてラジアがこのキャラバンの隊長に
自分の話をした理由・・・。

 

それはこの隊長がラジアの夫の
シャーヒドだったからです。

 

ラジアは耳と鼻を切り落とした
シャーヒドに復讐しにやってきたのです。

 

復讐を果たしたことで
やっと自由を手に入れたラジア。

 

ですがあの夜、夜襲がなければ
もっと幸せに暮らしていたことでしょう。

 

ラジアの人生は悲劇的なものでした。

 

緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~
緋い初夜~家畜同然に売られた女の復讐~

 

本作を読んだとき娼婦が話しているのは
自分のことだということはすぐにわかりましたが
キャラバンの隊長に話しているのは
ただの昔話なのかと思ったら
こんな繋がりがあったのですね。

 

藤森治見先生の作品は美醜の大地で知りましたが
これからどうなるのだろうと引き込まれる感じです。

 

そしてこの結末を誰も
想像していなかったことでしょう。

 

本作には表題作以外にも4作品が収録されていて
どの作品も読みごたえのある作品です。

 

私のように美醜の大地で藤森治見先生の作品を
読み始めた方も一度読んでみてはいかがですか?

 

緋い初夜 家畜同然に売られた女の復讐を読んでみるならこちら

 

サイト内より【緋い初夜】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態