悪女(わる)の漫画のネタバレと感想に最終回!無料試し読みやあらすじのまとめ


この記事は約 7 分で読めます。



深見じゅん先生の作品の悪女(わる)。

 

マリリンモンローのファンだった
父親からもらった名前は麻理鈴。

 

落ちこぼれOLと言われる彼女が就職した先は
大手流通会社近江物産。

 

会社で出会った名前も分からない優しい男性に
一目ぼれした麻理鈴は彼の事を知るためだけに
人事課長になることを固く決意し
社内で孤軍奮闘していく――!

 

果たして麻理鈴は無事に
彼に会うことが出来るのだろうか?

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【悪女】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

悪女(わる)を無料で立ち読み

 

悪女(わる)のあらすじは?

 

知人のコネで入社した麻理鈴が
会社で見つけたのは王子様でした。

 

大手流通会社で窓際といわれる部署に配属されてしまい
仕事のやる気を見いだすことが出来ずにいた麻理鈴は
落としたカバンの中身を拾ってくれた優しい男性に一目ぼれ。

 

名前も分からない彼に近づくためには
人事課長になるしかない。

 

悪女
悪女

 

そう思った麻理鈴は落ちこぼれと言われ
部署をたらいまわしにされながらも
いつか王子様にもう一度で会うことを夢見て
孤軍奮闘していくのです。

 

彼に関する手がかりは「T・O」という
イニシャルであることと
行きつけの店があるらしいことの2つだけ。

 

たった2つの手掛かりを基に
落ちこぼれOLは会社というダンジョンを克服し
見事王子様を見つけることが出来るのか?!

 

悪女(わる)を読んでみる

 

サイト内より【わる】と検索。

 

悪女(わる)のネタバレとその後の展開は?

 

王子様に近づくためには出世しなければいけません。

 

窓際の部署から秘書課に移動になった麻理鈴は
周りの女性たちの有能さに打ちのめされながらも
持ち前の明るさを生かし前を見ながら働いていく。

 

そこで働く女性たちはみんな有能ですが
その裏では壮絶な勢力争いが繰り広げられており
麻理鈴もその波に飲み込まれていきます。

 

自分がやってもいないミスの責任を問われ
追い込まれる麻理鈴ですが捨てる神あれば拾う神あり。

 

以前から何かとサポートをしてくれていた
先輩に助けてもらいながらも
何とか自分の仕事を進めていくのです。

 

T・Oさんに会いたいという一心でお局OLや
後輩から様々ないじめを受けても
めげることなく立ち向かい移動を重ねながらも
少しずつ出世コースを登り始めています。

 

意地悪な課長からの無理難題をこなしながら
様々な困難を切り抜けて成長していく麻理鈴。

 

会社内の事情や人間関係に巻き込まれ
時には以前の恩師を敵に回しながらも
落ちこぼれOLは持ち前の明るさで
前を向いて進んでいくのでした。

 

そんな彼女のT・Oさんとの関係にも進展が――。

 

悪女
悪女

 

大きな仕事を片付けたら彼に会いに行くことを
決意するのですがはたまた上司の陰謀によって
阻まれてしまうのです。

 

エリート社員のT・Oさんに一目会うため
アメリカでの研修に挑戦することを決めるのですが
結局のところ研修への道は閉ざされてしまい・・・。

 

T・Oさんに会いたいという気持ちだけで
頑張ってきた彼女でしたが
左遷に近い形でのたらいまわしも多く
「座敷牢」とあだ名される資材管理室に移動させられ
出世の道が閉ざされてしまう困難にも直面。

 

しかしそこでも持ち前の明るさと機転を利かせ
とうとう花形部署である海外事業部への
異動を手にすることができたのです。

 

T・Oさんに近づくための大きな一歩だったのですが
その異動がさらなる波瀾を引き起こすことになって?

 

勇者麻理鈴は名前も知らない王子様T・Oに会うために
この壮大なダンジョン近江物産を
見事攻略することができるのか――?

 

そしてゲームとは異なる現実の世界で
果たして王子様のハートを
見事射止めることはできるのだろうか?

 

麻理鈴の果てしない冒険の行方から目が離せない!

 

悪女(わる)を試し読みしてみる

 

サイト内より【悪女】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

悪女(わる)の感想は?

 

落ちこぼれOLの成長と奮闘をコミカルに描き
映像化もされている本作は
よくよく読んでみるとかなりシビアな内容が
ふんだんに盛り込まれているように思いました。

 

大手流通会社で男性社会と言われる組織の中
のし上がっていく女性社員。

 

しかも落ちこぼれの烙印が
スタート時点で押されている彼女は
まさに弱弱しい主人公が勇者となり
ダンジョンを克服する勇者の様。

 

シビアだけれども多くの女性が直面していたであろう。

 

そして現在でも直面している現実がその重さを感じさせない
軽快なステップで描かれており爽やかな読後感を伴いながらも
とても大切なテーマを扱っているように思いました。

 

悪女
悪女

 

一方で読み物としても十分に読みごたえがある作品でもあり
作者の力量の高さがうかがえます。

 

たらいまわしという言葉がぴったりの異動が
彼女を孤独にする中でやや不純な動機ではあるものの
「T・Oさんに会いたい」という
目標を持って前進する姿からは
勇気や元気をもらうことが出来る作品です。

 

タイトルからは想像がつかない中身に
ある意味裏切られながら頑張る彼女を
つい応援しながら読んでいました。

 

女性の世界が見事に描き出された一作です。

 

悪女(わる)を読んでみるならこちら

 

サイト内より【わる】と検索。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017
食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。