転生したらスライムだった件のネタバレと感想!無料試し読みも


この記事は約 10 分で読めます。



伏瀬先生・原作、川上泰樹先生・漫画、そして
みっつばー先生・キャラクター原案の作品の
転生したらスライムだった件。

 

普通の人生を送ってきた三上は
後輩を庇って刺されたことによって死んでしまう。

 

次に意識を取り戻したときプヨプヨしてまん丸
目も口もない生き物・・・スライムになっていて・・・?!

 

WEBで人気の異世界モノの名作が漫画に!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【転生したらスライムだった件】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

転生したらスライムだった件を無料で立ち読み

 

転生したらスライムだった件のあらすじは?

 

「リルム様どうしますか?」

 

頭にツノが生え真っ赤な髪に鋭い目つきの
魔族らしき男が問いかけた相手はプニプニとした
水色のまん丸なスライムでした。

 

「いってみるか・・・お前達は?」

 

そのスライムは他の魔族らしき者達に問いかけ
決まってますよと返事をきくと人型の姿へと変身・・・。

 

ピピピピピピーー・・・。

 

アラームの音に気がついて目を覚ました
三上悟はなんだかスライムが
偉そうにしてたけどあれはおれか・・・?

 

しかも美少女(美少年?)に変身するなんて・・・
と今見ていた夢を思い出していました。

 

日常に不満はないはずだけど願望なのかと考えながらも
三上は出かける用意を始めました。

 

用意が終わり三上が会いに行ったのは後輩の田村。

 

田村は婚約者である沢渡美穂を紹介すると
結婚の相談のために来たと言います。

 

社内のマドンナを射止めたじまんかと思いながらも
何も言えない三上を尻目に田村は
今日の飲食代は自分が持つと爽やかに言い放ちました。

 

その姿に三上は憎めないやつなんだよな・・・
素直に祝福してやるか・・・と考えていると後ろから急に
叫び声が聞こえ包丁を持った男が走ってきました。

 

刺されそうになる田村を見て咄嗟につき飛ばし
庇った三上は鈍い衝撃が走り
三上は男に刺されてしまいました。

 

そのまま包丁を持った男は逃走し
意識が徐々に薄れていくのを感じます。

 

血液が足りないと人は死ぬんだっけ・・・
と思った瞬間、どこからか機械のような声が聞こえました。

 

『確認しました。血液が不要な身体を作成します』

 

機械の声・・・そこでPCのことを思い出し
PCを頼んだと田村に言い残した三上は
それが最後の言葉となりました。

 

転生したらスライムだった件
転生したらスライムだった件

 

死の間際、三上は人生を振り返っていました。

 

大手と言われる会社に入社して
気ままな独身貴族だった三上。

 

童貞のままだったことが心残り。

 

来世になったら攻めて食いまくってやると意気込むと
『ユニークスキル「捕食者」を獲得』と聞こえます。

 

さらには30歳超えて童貞だったら
賢者になれるって言うよな・・・と考えると
『エクストラスキル「賢者」を獲得』と聞こえるのです。

 

大賢者になれたんじゃないかと考えると
『ユニークスキル「大賢者」に進化しました』
と聞こえてきます。

 

これにはさすがにユニークじゃないよと
ツッコミを入れてしまった三上は
そのまま視界が暗くなっていき意識が途切れました。

 

暗い・・・ここはどこだと意識を取り戻した三上。

 

病院のベットの上だと思い真っ暗で何も見えないので
手探りでナースコールを探そうとすると手足が動きません。

 

神経が切断されて動けないのではないかと
最悪な状況を思い浮かべていると
ズルッと動くことができました。

 

そして腹らしき場所の下に何か草らしき物が触れました。

 

これでわかったことは視覚・聴覚・味覚がなく
触覚はあるということ。

 

味覚はどうかと草を食べてみようとすると
草は溶けてしまいました・・・。

 

つまり人間ではなくなっているということ。

 

落ち着いて自分の身体を確かめてみると
流線的なボディーにこのポヨポヨ感・・・
どうやら三上悟はスライムに転生してしまったようです。

 

スライムに転生してしまった三上はこれからどうなる・・・?!

 

転生したらスライムだった件を読んでみる

 

サイト内より【転生したらスライムだった件】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

転生したらスライムだった件のネタバレとその後の展開は?

 

三上は自分がスライムだと認めてから数日が経ち
この体が結構快適なことに気づきます。

 

暑さ寒さは感じず岩にぶつかった時も自己再生で回復
そして食事も睡眠も不要なようです。

 

ただ・・・孤独なことに困っていました。

 

こればかりは1人ではどうにもならないので草を食べて
暇を潰していた三上は1つ疑問に思いました。

 

今まで排泄は一切していないが
食べた草はどこへいったのかと・・・。

 

すると『捕食者の胃袋に収容されています』と
無機質な声で返答がきました。

 

無機質な声いわくどうやらこの声は
ユニークスキル「大賢者」の効果のようです。

 

スキルとはなんぞやと疑問に思う三上に無機質な声は
『何らかの成長を世界が認めた時に
希に獲得できるのがスキル(能力)です』と答えます。

 

そういうものなのか・・・と納得すると同時に
三上は浮かれていました。

 

その結果・・・水(多分地底湖)に落ちてしまいました。

 

死ぬ・・・そう思ったその時、無機質な声が
スライムは死なないと教えてくれました。

 

それによって落ち着きを取り戻した三上は水を捕食して吐き出し
ウォータージェット推進ができないかと閃きます。

 

そして試してみると・・・
物凄い勢いで三上の体は進んでいき地上に出ました。

 

そして、スキル「水圧推進」を獲得。

 

転生したらスライムだった件
転生したらスライムだった件

 

そこへ大賢者とは違う謎の声が聞こえてきます。

 

話しかけられても声が出ないことに気づき
心の中で愚痴を言っていた三上。

 

ところがその声は謎の声には聞こえていて
どうやら念話で会話できるようです。

 

三上は見えないから姿がわからないからと名前を尋ねると
謎の声は見えないことには始まらんと
「魔力感知」というこの世界の魔素というものを感知して
五感の変わりにする方法を提案します。

 

やってみるか・・・と安易に試した三上は
見事スキル「魔力感知」を獲得。

 

『魔力感知を使用しますか?』という大賢者の問いに
YESと答えると今まで真っ暗だった視界が開け
景色も人も何もか見える、聞こえるようになりました。

 

見えるようになり改めて謎の声の主を見た三上は縮み上がります。

 

なんと、謎の声の主は竜でした。

 

竜の名前はヴァルドラといい見かけによらず話好きで親切な竜。

 

異世界人が他にもいること転生はよくあるということ
だが異世界からの転生は
初めて見るということなどを教えてくれました。

 

他の異世界から来た人達を見つけると決めた三上。

 

この先に三上を待ち受けるものとはいったい・・・?!

 

転生したらスライムだった件を試し読みしてみる

 

サイト内より【転生したらスライムだった件】と検索。

 

転生したらスライムだった件の感想は?

 

『転生したらスライム』という
現実ではあり得ない設定のこの作品。

 

題名がまず印象的で興味を引かれます。

 

絵も綺麗で読みやすくキャラクターも濃いので印象的です。

 

主人公の三上は独身貴族の童貞で
なんとなく人生を送ってきた男性。

 

それがまさか転生してスライムになるなんて・・・
びっくりな展開です。

 

転生したらスライムだった件
転生したらスライムだった件

 

スライムというとゲームではザコキャラと思いがちなのですが
この転生したスライムはなんだか強い!

 

だからこそ物語の先が全く読めない・・・
そんな面白さのある作品です。

 

ファンタジー物でRPGのゲームをプレイしているかのような
世界観のこの作品は好きな人はほんとにハマると思います。

 

SFっぽい感じもしますがとにかく
冒険物が好きな人にオススメな漫画ですよ。

 

気になった方はぜひ一度手にとってみてはいかがでしょうか?

 

転生したらスライムだった件を読んでみるならこちら

 

サイト内より【転生したらスライムだった件】と検索。

 

彼と彼女は××できない 学園の地下室には制服処女が飼われている。