月と指先の間のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり


この記事は約 6 分で読めます。



稚野鳥子先生の作品の月と指先の間。

 

少女マンガの世界は紙面では恋と花と
キラキラが舞う華麗な世界ですが・・・。

 

作っている現場は戦場そのもの?!

 

そんな世界で生きてきた女性マンガ家が一人
仕事も恋愛もやりつくした彼女が行き着く先は――?!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 保護者同伴

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【月と指先の間】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

月と指先の間を無料で立ち読み

 

月と指先の間のあらすじは?

 

講英館漫画賞受賞パーティーで祝辞を述べる女性の姿が――。

 

彼女は少女漫画家の寿命はどれくらいか知っているかと
会場にいる人間に問いかけます。

 

自分は初代担当から15歳~35歳位と言われたと。

 

それに比べたら自分たちはかなり
寿命を延ばしてここまできたのだと・・・。

 

現実にはない仮想世界。

 

月と指先の間
月と指先の間

 

自分の頭の中の妄想を実際に
目に見える形にしてお金にして生きている。

 

――少女漫画家・御堂アン、年齢55歳。

 

これはずっと漫画家という仕事を
走り続けてきたアンの物語なのです。

 

月と指先の間を読んでみる

 

サイト内より【月と指先の間】と検索。

 

月と指先の間のネタバレとその後の展開は?

 

華やかなパーティーがある一方で仕事の現場はまさに戦場。

 

〆切に間に合わすために夜食のピザは立ち食い徹夜は日常茶飯事。

 

〆切が終われば雇っているアシスタントさんたちは
一旦仕事終了ですが漫画家のアンはそうはいきません。

 

次の作品のネームを作らなければならないのです。

 

ちなみにアンは完全夜型のアナログ作家。

 

月2~3本の連載をかかえて仕事をする生活を
30年以上やっていますがしかし徹夜で仕事をした後で
ネームを切るのはかなりの苦痛。

 

アンは言い訳をしながら床に横になりますが
横になったアンの目の前に現れたのは謎の生命体・ジョルジュ!

 

本人曰く宇宙生命体で普段はナスカ平原にいるらしい・・・。

 

彼はネームに詰まりに詰まっていたときに突然
アンの目の前に現れました。

 

しかしジョルジュが現れるとネームができる兆しなので
アンは彼のことをネームの精と呼び受け入れています。

 

そしてジョルジュ相手にひたすら愚痴を言い続けるアン。

 

恋愛漫画家でありながら恋愛を否定しさらには
40年以上前の映画先着プレゼントの
セル画のキャラについて泣きながら語ります・・・。

 

そんなアンに慣れているのかジョルジュはスルーの態勢。

 

漫画を作る作業は過酷というに近いものがありますが
それを月に2~3回こなすアン。

 

それが出来るのはずっと彼女が長年走り続けてきたからこそ。

 

もし足を止めるときが来たのならばもう書けなくなる。

 

――筆を折るとき。

 

月と指先の間
月と指先の間

 

いつまで続けられるのか分からない不安の中
その不安を紛らわすかのように疲れてくると
会いたくなる彼氏・川藤はアンの何代か前の担当で
今は出世して局長をしています。

 

しかしその川藤も寄る年波には勝てず五十肩・・・
アンは時が経つのは早いと実感してしまいます。

 

漫画家としての生活を送るアンに
周囲の人間は結婚や出産の話しをもうしません。

 

ですがアンは諦めているわけではなく彼女が探しているのは
自分が死ぬとき一緒にいてくれる人。

 

それが今の彼氏かは分りませんがそれでも彼女は
読者に色んな想いを届けるために描き続けるのです。

 

場面は変わりパーティー会場では
アンのスピーチが終わりを迎えようとしていました。

 

笑顔で祝辞を述べる彼女を見て編集長の黒月は
笑っている顔なんか初めて見たと驚きます。

 

そしてアンのレアな笑顔を心のシャッターで記憶おこうと決め
その彼の方にはジョルジュの姿が・・・。

 

「その記憶がこれから重要になるさかいな」

 

ジョルジュは意味ありげに呟いたのです。

 

御堂アン、55歳。

 

これから彼女は微妙な人間関係の中
月の光の下で漫画を描き続けることになるのです。

 

月と指先の間を試し読みしてみる

 

サイト内より【月と指先の間】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

月と指先の間の感想は?

 

まさかのヒロイン、年齢55歳。

 

しかし紙面で55歳に見えないのは
フィクションが入っているからということで・・・。

 

ずっと仕事で走り続けてきたアン。

 

笑わない無表情な編集長・黒月と長年付き合ってきた彼氏だけれど
既婚者の川藤との微妙な人間関係に翻弄されることになります。

 

月と指先の間
月と指先の間

 

恐らく仕事人間の女性には「恋愛が面倒くさい」という
アンの気持ちは分かるはず!

 

ずっと仕事で走り続けてきたアンですが
それももう限界だと気がついています。

 

これから彼女がどのような選択を取るのか
注目しながら読んでいきたい作品です。

 

月と指先の間を読んでみるならこちら

 

サイト内より【月と指先の間】と検索。

 

食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。