東京タラレバ娘の最新話のネタバレと感想!東村アキコの人気作品を無料試し読み


この記事は約 11 分で読めます。



ドラマ化が決定した東村アキコ先生の東京タラレバ娘。

 

アラサーアラフォーの心を抉りに抉りまくると
口コミ多数、共感度120%の話題作。

 

「○○だったら・・・××すれば・・・」が
口癖のタラレバ3人娘の恋の行方は――?

 

彼女たちに幸せな明日はやってくるのでしょうか!?

 

美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~ 金魚妻

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【東京タラレバ娘】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

東京タラレバ娘を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

東京タラレバ娘のネタバレと感想!ドラマの原作の試し読みやあらすじもあり

2016.06.05

 

東京タラレバ娘のその後の展開は?

 

「オレに枕営業してみろよ」

 

KEYに挑発されて一夜を共にした倫子は
さっそく香と小雪に報告しますが
ところがそのことがKEY本人にバレてしまうのです。

 

いつまでも女同士でツルんで自分から行動できない倫子に
KEYは冷たい視線を投げかけて言い放ったのでした。

 

「オレはあんたと恋愛できない」

 

小雪は絶賛不倫中、香は彼女持ちの元カレのセカンド。

 

タラレバ娘たちは恋愛に迷走を続けていました。
ささくれた彼女たちの心はちょっとしたきっかけで
お互いのダメ出しに・・・。

 

東京タラレバ娘
東京タラレバ娘

 

「不倫相手のためにコトコト、ビーフシチュー
煮込んでるような女にあれこれ言われたくないな」

 

KEYの言動に傷つきMAXの倫子も
小雪につい八つ当たりをしてしまったのです。

 

恋も友情も揺らぐアラサー女たちでしたが小雪が不倫相手に
旅行をドタキャンされたことがきっかけで関係を修復します。

 

小雪から連絡が来るやいなや倫子も香も
旅館まで駆けつけてきたのでした。

 

女同士の友情は脆いようでガッチリ繋がっていたのを再確認。

 

そんなこんなありつつ相変わらずのタラレバ3人娘でしたが
今度は香から第四出動がかかります。

 

元カレとグダグダの関係を続けていた香は
2週間以上も生理が遅れていたのです――・・・!

 

東京タラレバ娘を読んでみる

 

サイト内より【東京タラレバ娘】と検索。

 

東京タラレバ娘の最新話のネタバレ!香の妊娠の結末は?

 

第四出動を受けて3人は珍しく小洒落たカフェに集合しますが
いつもと違う様子に小雪が開口一番・・・。

 

「何? 妊娠でもした?」

 

そのものズバリ言い当ててしまったのでした。

 

自己嫌悪しまくる香の代わりに
事情を先に知っていた倫子が説明します。

 

ちゃんと調べてないけど2週間以上生理が遅れているということ。

 

妊娠検査薬で確認してから病院に行こうという小雪に
香は確認するのがコワイのだと言います。

 

「それでできてたらどうするの? 私、どうするの?」

 

その言葉になにも言えなくなる2人でしたが
とりあえず小雪が妊娠検査薬を買ってきてくれます。

 

妊娠検査薬の値段が昔よりも安くなっている・・・などと
他愛もない話をクッションにしながら香に検査を促すのですが・・・。

 

香は元カレが今の彼女と結婚するつもりはないこと
でも子どもは欲しいと言っているということなどを
言い訳のように話します。

 

赤ちゃんができたことで自分が本命になれるかもしれない・・・
もしくは嫌な顔をされて捨てられることになるのかもしれない――・・・。

 

「その箱を開けたくない」

 

香はとうとう妊娠検査薬を試せないまま元カレの家を訪ねるのでした。

 

暗い気分のままの香を迎えた元カレ・涼ちゃんは
体調を崩しているようで
香は風邪薬を買いにドラッグストアに向かいます。

 

そこで目に入った赤ちゃん用のおむつに思わず顔を背けてしまう香。

 

自分の身に起こったことをまだ受け入れられていないのですが
ところが帰宅した矢先に涼ちゃんに検査薬を見られてしまいます。

 

「おまえ、妊娠したの?」

 

動揺を隠せない香はどうしたらいいのか涼ちゃんに問いますが
すると彼は香のしたいようにすればいいと答えるのでした。

 

さらに産んだら責任を取ると――。

 

東京タラレバ娘
東京タラレバ娘

 

香は倫子と小雪に涼ちゃんに言われたことを話しつつ
ようやく決心をして妊娠検査薬を手にトイレへ。

 

しかし結果は陰性でした。

 

拍子抜けする2人に謝りながら平然を装う香でしたが
自然と涙があふれてきてしまいます。

 

「あたし、今、自分がさ、わかんなくて。
 ほっとしてるのか、がっかりしてるのか、わかんないんだよ」

 

その直後に生理が来たことで
完全に妊娠していないことがわかります。

 

香はとりあえず涼ちゃんの元へ行き
早とちりだったことを伝えたのですが――。

 

涼ちゃんは全力でホッとした様子を見せるのでした。

 

手の平を返したような彼の態度に香の中で迷いが膨らんでいき
まさにそのタイミングでKEYが登場。

 

出迎えた香は開口一番、こんなところで
なにをやってんだと言われてしまいます。

 

散々けなされたあとでKEYは
目が覚めるようなことを教えてやると・・・。

 

「おまえは、セカンドじゃなくてサードだ」

 

KEYいわく涼ちゃんには最近もう1人モデルの彼女ができたそうで
愕然とする香はKEYに覚悟が決まったかどうか聞かれ力なく頷きます。

 

そして背中を押されるようにして
香は涼ちゃんの部屋から駆け出したのです。

 

「振り返るな、行け!!!」

 

KEYの言葉を背に受けて香は涙を流しながらとにかく走ったのでした。

 

東京タラレバ娘を試し読みしてみる

 

サイト内より【東京タラレバ娘】と検索。

 

婚前ブラック契約

 

東京タラレバ娘の最新話のネタバレ!小雪や倫子の恋の行方は?

 

小雪のもとには不倫男である丸井が来ていてそこへ
やけ酒をしていた香が倫子とともにやってきて丸井に絡みまくります。

 

「嫁と別れて小雪とケッコンする気があんのかってこと!」

 

不穏な空気に丸井はその場から逃げるように帰宅しますが
その帰り道で小雪と2人になった丸井は小雪を自宅に誘うのです。

 

さすがに相手の自宅に行くのは不倫のルールに反していると思う小雪。

 

絶対にそれだけはしない・・・。

 

そう自分に言い聞かせるのでしたが近くのカフェで
小雪を待っていた丸井の姿を見て決心が鈍ってしまうのでした。

 

丸井の自宅に泊まった翌朝、小雪は彼の姉と鉢合わせしてしまいます。

 

そして丸井の奥さんが緊急帝王切開をして
これから病院に向かうことを知ります。

 

慌ただしく支度をする彼をよそに
身支度を整えた小雪は1人部屋をあとに・・・。

 

ルールを犯してしまった罰は
完膚なきまでに小雪を打ち砕いたのでした。

 

そして倫子にはチャンスが巡ってこようとしていました。

 

倫子の後輩マミちゃんと付き合っていた早坂が
奔放な彼女と合わなくなってフラれてしまったのです。

 

傷心の彼がかわいく見えてトキメいてしまう倫子。

 

飲み会の帰りに弱音を吐く早坂に倫子は自分からキスをします。

 

東京タラレバ娘
東京タラレバ娘

 

すると意外にも早坂は男らしく
壁ドンしてキスをし返してきたのです。

 

ハッと我に返った様子の早坂は酔いが覚めたら
改めて電話すると言い残して帰っていきます。

 

早坂となら卑屈にならずに平穏な恋愛が
できそうだと倫子は思います。

 

大人の女になった自分には妥協から始まる
恋愛の仕方だってありなんだと・・・。

 

こうしてちょっとずつ何かが育まれて行こうとしている
早坂と倫子の前になぜかまたジャマ者が・・・。

 

早坂が予約した店を訪れると
そこにはKEYが先に待っていたのです。

 

「どうも」

 

彼は倫子に冷たい視線を投げかけて
ソファにどっかりと座っていたのでした。

 

東京タラレバ娘を読んでみるならこちら

 

サイト内より【東京タラレバ娘】と検索。

 

東京タラレバ娘の感想は?

 

東京タラレバ娘の最新刊を読んでみましたが
3者3様の恋愛模様が繰り広げられていましたね。

 

今回は香といい小雪といい切ない展開が続きました。

 

唯一明るい兆しの見えた倫子にもなにやら一波乱ありそうな模様。
KEYはやっぱり倫子に想いがあるのでしょうか?

 

東京タラレバ娘は実写化するのですが果たして
ドラマになってもいいのだろうかと不安になります。

 

マンガでさえこの切れ味なのに実写化したら
アラサーアラフォーにとって突き刺さりまくりで
ダメージ受ける人続出しそうじゃないですか。

 

東京タラレバ娘
東京タラレバ娘

 

見るのが楽しみなような怖いような・・・
まあ、きっと見ることになると思いますが。

 

原作マンガはますます面白さを増して続いていきます。
タラレバ3人娘に幸せな日がやってくるまで
ハラハラしながら見守っていきたいと思います。

 

みなさんもドラマ化の前に
原作の東京タラレバ娘を楽しんでみてくださいね!

 

東京タラレバ娘を試し読みするならこちら

 

サイト内より【東京タラレバ娘】と検索。

 

食糧人類 骨の髄まで私に尽くせ。