鬼畜島のネタバレや感想そしてその後の展開!怖すぎるホラー作品

kichikujima

この記事は約 7 分で読めます。



外薗昌也先生が贈る、血みどろのサスペンス・ホラー。

 

地図にも載っていない無人島で
出会ったのは異形の殺人一家でした。

 

高久たち廃墟研究サークルのメンバーは
この恐ろしい島から脱出できるのでしょうか…?
流血が苦手な人はご遠慮を!!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【鬼畜島】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

鬼畜島を無料で立ち読み

 

鬼畜島のあらすじは?サークルメンバーが見たものとは?

 

主人公の高久は廃墟研究サークルのメンバーと
無人島を見にやってきます。

 

メンバーである東山の父が所有するクルーザーから
眺める島は昭和の建物が残存していて
まさに廃墟と呼ぶにふさわしい景色でした。

 

その光景に興奮していたのは飯野部長ただひとり。

 

女子メンバーや藤井はバカンス気分でくつろぎ
倉木は読書をしながら空想にふけっています。

 

同じく女子メンバーである上原は
恋人の東山に寄り添って楽しそうにしています。

 

のんびり過ごしていた一行でしたが
どこからかやってきた豚の群れに気付きます。

 

鬼畜島
鬼畜島

 

島民が放した豚が野生化して増えたのかと考える一行。

 

菊池島と呼ばれるこの島のことを調べようとすると
地図には菊池島は載っていませんでした。

 

つまりは存在しない島ということです。

 

気味が悪くなって引き返そうとしたその時
焚き火とうなだれたような人影が見えます。

 

「遭難者かもしれない」と東山は海に飛び込みます。

 

サークルメンバーたちが見守る中
颯爽と泳ぎきった彼は人影に声を掛けるのですが――…。

 

立ち上がったその人影は豚の皮をかぶった
巨大な男だったのです。

 

鬼畜島を読んでみる

 

サイト内より【鬼畜島】と検索。

 

鬼畜島のネタバレ!豚の男たちの正体は?

 

鬼畜島は冒頭からこの豚の皮をかぶった男による
殺戮シーンで始まります。

 

助けを乞う少女に迷いなく
鉈のような刃物で脳天を直撃。

 

少女が絶命したあとも彼女の指から流れ出る血を
チューチューとすするのです。

 

初めのシーンだけで足の裏が
ゾワゾワする気持ちの悪さがありました。

 

スプラッタ満載で流血しまくりなので
苦手な人は絶対に読まない方がいいです!

 

鬼畜島
鬼畜島

 

そんな狂気の島に降り立ってしまった東山は
トンカチでめちゃくちゃに殴られることになります。

 

クルーザーからその様子を見ていたメンバーは唖然。

 

どうすることもできずにいると東山の彼女である
上原が海に飛び込んでしまいます。

 

そして女子メンバー二人に急かされるようにして
高久も後を追うことに――。

 

ふたりが島に降り立つとそこにはもう
豚の男も東山もいないのでした。

 

残された焚き火には人間の死体が横たわっていました。

 

すぐにでも島から出ていきたい高久ですが
振り返った先には転覆したクルーザーの姿が。

 

実はこの海には放射線廃棄物のドラム缶が
ゴロゴロ転がっていたのです。

 

おそらくクルーザーはこれに座礁したのでしょう。

 

やむを得ずほかのメンバーたちも島に上陸します。

 

絶望が広がる中とりあえず電話を探しに
町まで行くことにします。

 

ただ町に行くまでにはあの豚の男がいると思われる
森を通らなくてはならないのですが…。

 

島の様子からどうやらこの島には隠れキリシタンたちが
住んでいたようだと推測されます。

 

隠れキリシタンたちの末路はかなり悲惨なものだったらしく
島にはその爪痕のようなものが多々存在しているのでした。

 

無人島だと思われていた島には豚の男以外にも
異形の者たちがたくさん住んでいることが明らかになります。

 

しかも彼らは殺人一家で高久たちに
次々と襲いかかってくるのです。

 

重傷を負いながらなんとか生き延びるメンバーたち。

 

島に娘を探しに来たという謎の男や殺人一家と敵対している
集団との出会いによって徐々にこの島で起こった出来事や
家族の秘密が明らかになっていきます。

 

読みだしたら止まらない、戦慄のホラー。

 

高久たちは殺人一家の手から逃れて
無事に島から脱出できるのでしょうか?

 

鬼畜島を試し読みしてみる

 

サイト内より【鬼畜島】と検索。

 

BookLive

 

鬼畜島の感想は?

 

まさにサスペンス・ホラーでした。

 

とにかく終始グロいので「いたいいたい…」と
呟きながら読み進めたのですが話のテンポがよくて
あっという間に読破してしまいました。

 

それにしても鉈だったりハンマーだったり
チェーンソーだったり…。

 

凶器がバラエティ豊かですごいです!

 

中でも私が一番関心したのは
家族の一人マリという少女の武器です。

 

鬼畜島
鬼畜島

 

両手の指すべてが鋭利なカミソリなのです。

 

あんなので引っかかれたらと想像するだけで
指先がジクジクしてしまったほどでした。

 

そんな凶器で襲われているのになんとか生きながらえる
メンバーたちの生命力も大したものなんですが。

 

鬼畜島はグロいだけでなく先の展開が読めない
ストーリー性の高さも兼ね備えています。

 

家族や島の人間がどうしてあのような姿になってしまったのか
高久たちメンバーたちはどうなってしまうのか。

 

読み手を飽きさせない工夫が満載なので
ついつい前のめりで読みふけってしまいますよ。

 

新刊ではいよいよ家族の謎が明らかになりそうな気配がします。

 

待ち遠しいです!

 

鬼畜島を読んでみるならこちら

 

サイト内より【鬼畜島】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態