さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポのネタバレと感想!無料試し読みやあらすじも

sabishisugitelesfuuzokuniittekimashitarepo

この記事は約 8 分で読めます。



永田カビさんの作品の風俗店に行く葛藤を描いた
『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』。

 

摂食障害、自傷、孤独、鬱、脱毛ハゲ。

 

そうした“寂しさ”を癒して欲しいがために
レズのデリヘル嬢を頼んだ筆者の体験レポ。

 

良くある風俗のハウツー本やレズの体験レポというよりは
自分が欲しかったものや方法を手探りながらも必死に探す物語。

 

筆者同様の悩みに苦しむファンから絶大な支持を受け
同時に多くのメディアにも取り上げられ話題となっています。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを無料で立ち読み

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポのあらすじ!自分を解き放つために

 

これは筆者でもある“永田カビさん”という
女性が主人公の「実録作品」です。

 

筆者は28歳の今まで異性の誰かと付き合った経験も
ましてや性的な経験もそして社会人経験さえありません。

 

そんな筆者が真昼間のラブホのベッドの上で
レズ風俗のお姉さんと裸で対峙をする事になってしまいます。

 

どうして性的経験も乏しい彼女が突然風俗にそれも女性同士を選んだのか。

 

それには筆者のとても大きな“理由”と“苦しみ”があったのです。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

その“苦しみ”が始まったのは高校を卒業した10年前。

 

筆者は大学を半年で退学してしまい
気が付くと“鬱”と“摂食障害”になっていました。

 

大学を辞めてしまった結果「所属する何か=自分」
と思っていた筆者は慌ててバイトを始めます。

 

こうして始めたバイト先は良い人ばかりで皆のおかげで
“心が満たされる”のだから鬱や摂食障害は“治る”と彼女は思っていました。

 

ところがそんな思いとは裏腹に段々辛くなり
遅刻や欠勤などでバイト先へと迷惑をかけるようになります。

 

こうした理由も分からず辛い「日常」から抜け出すために
筆者はダメ元で“足掻いてみよう”と決意をするのです。

 

実は筆者は以前から誰でもいいから
自分の事を抱きしめて欲しいと思っていました。

 

そんな彼女が勇気を振り絞り自分の「性」を
受け止めてくれる相手を28年間向き合わずにいた
「性的接触」を許してくれる存在を“レズ風俗”に見付けるのです。

 

当時の自身の思いや「自分がこうなってしまった理由」と向き合うまでの
筆者の葛藤が作品の端々まで細やかに描かれた「レズ風俗体験レポート漫画」。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを読んでみる

 

サイト内より【さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ】と検索。

 

BookLive

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポのネタバレ!前向きな私

 

主人公である筆者が「レズ風俗」を利用したのには
どうやら理由が3つ程あったようです。

 

一つ目が性に興味がありながら罪悪感を抱いていた。
二つ目が、年上のお姉さんに甘えさせてもらいたい。

 

そして無意識だった三つ目が両親に隠し事を持ちたかったのだそうです。

 

前述したように筆者は28歳まで異性との交際経験を持たず
性的接触もないまま過ごしてきました。

 

その為性的な事に対する経験値は“新生児”並みと本人も語っており
実際この風俗を経験するまでキスさえした事がなかったそうです。

 

そんな彼女が自身の裸の体と共に両腕にびっしり残された
自傷の痕を見せながら女性相手とは言え初めての性体験を経験します。

 

それは自分が10年近くも抱えていた苦しみ。

 

摂食障害や自傷行為、そして鬱に脱毛症、通院しながら
服薬中のメンヘラな自分と向き合いそこから導き出された答えだったのです。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

自分は一人でも平気だと思っていて
性的な事に興味は無いと思っていただけなのかもしれない。

 

もしかしたらそれを否定せず直視したら
少なくとも今の自分から変れるのかもしれないと。

 

今まで自分の中で無意識に幾つも“ブレーキ”をかけていた事に気が付くと同時に
彼女はそのブレーキが“母親”の形を成していた事に気が付くのです。

 

母親の言葉、母親の評価こそが全てだった筆者が
そのブレーキを壊すために一大決心をします。

 

今まで興味を持ちながらも“興味が無い”と思い込んでいた
ブレーキを壊しレズ風俗に行くことを。

 

この一見奇妙ともとれる行動が実は彼女にとっては成長痛でもあり
両親に対して秘密を持つという大切な「親離れ」と「距離感」でもあったのです。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを試し読みしてみる

 

サイト内より【さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ】と検索。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポの感想!抱きしめて欲しかった

 

人とのコミュニケーションが出来ずに悩む筆者でしたが実は人と肌を合わせること
SEXする事とは大変高度な“コミュニケーション”である事に気付かされます。

 

母親以外の人間のおっぱいを触りたい誰かに抱きしめられたい抱きしめたいと願い
その“願い”の為にお金を払うのにいざその瞬間になると緊張で現実味が得られません。

 

女性同士とは言え初めてのSEXで相手のお姉さん甘えたり心を開けないでいた事を
申し訳ないと感じつつそれでも筆者は“ありがとう”とさえ思ってしまいます。

 

確かに筆者の行為は極端かもしれませんがこうした
「清水の舞台から飛び降りる」感情は
誰しもが持っているものではないでしょうか。

 

例えばこんな自分が嫌だから長い髪をうんと短く切った
この町は辛いから海外に飛び出した
高所恐怖症を克服したくってバンジージャンプに挑戦した。

 

周囲の誰にも分からなくともその“はじめの一歩”を踏み出した
本人だけには大きな一歩として自分の中に残るのです。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ
さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

実際筆者へは「風俗なんかに行かないで恋人を作る努力でもしろ」。

 

そんな意見も大変多かったそうです。

 

ですが性的接触をしたいだけで恋人を作るそれは愛情がないまま結婚をした
自分の母親と同じになるのだと筆者は気付かされます。

 

タイトルのインパクトで思わず敬遠しそうになりますが
この作品は自分の心と性とに
正面から向き合った女性の「自分のレポ」でもあるのです。

 

皆さんも『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を読んで
レズ風俗のシステムを知ると同時に自分の思いも解き放ってみませんか。

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポを読んでみるならこちら

 

サイト内より【さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態