先生の白い嘘のネタバレと感想!無料試し読みやあらすじもあり

senseinoshiroiuso

この記事は約 7 分で読めます。



鳥飼茜先生の作品の先生の白い嘘。

 

原美鈴、24歳の女性高校教師。

 

何もかもが不平等な世界で生きる彼女は
すっかり女を拗らせてしまっています。

 

女は男に一生虐げられ続けるものなのか全て男が悪いのか・・・
男と女の間に横たわる性の不平等を鋭く抉ります。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【先生の白い嘘】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

先生の白い嘘を無料で立ち読み

 

先生の白い嘘のあらすじは?

 

おおらかと神経質、お金持ちと中流以下
ふたえまぶたとひとえまぶた、男と女・・・。

 

人間を二つに分けたとしたら必ずどちらかが少し取り分が多い・・・。

 

何もかもが不平等な世界で原美鈴はいつも少し
取り分の少ない方にいると自覚しています。

 

違和感を曖昧な苦笑いでやり過ごし
彼女は今日も職場である学校へ向かいます。

 

そこにあるのは生徒同士のカースト制度と
それにより成り立つ子ども特有の歪な関係です。

 

誰かが虐げられそれを周りが面白がり
大人である教師はそれを高みから眺めて知らんふり。

 

美鈴もその一人であり狭い土俵の中で優劣を競い合い
それで一喜一憂する生徒たちをただ他人事のように眺める毎日です。

 

先生の白い嘘
先生の白い嘘

 

彼女にとって職場内は平穏な日常の象徴
しかし不意にかかってきた一本の電話により
その日常にヒビが入ります。

 

それは親友の彼氏である早藤からでした。

 

眼鏡姿に黒髪を一つに束ね顔もほぼノーメイクという
女を捨てたような外見の美鈴ですが実際には
一応親友という名目である友人の彼氏と浮気関係にあります。

 

まだ仕事中である昼休みに学校の前に
停めてある車で親友の彼氏と不埒な行為をする美鈴。

 

いやらしい姿を写真に収められても抵抗することはできません。

 

なぜなら彼女は女だから――。

 

先生の白い嘘を読んでみる

 

サイト内より【先生の白い嘘】と検索。

 

BookLive

 

先生の白い嘘のネタバレとその後の展開は?

 

早藤の介入によりヒビが入った美鈴の日常
しかしその頃彼女が担任を務めるクラスでは
また別の事件が起きていました。

 

クラスの生徒である新妻という生徒が人妻とラブホテルで
密会をしていたという噂がクラス中に流れていたのです。

 

さすがに放ってはおけないと担任の美鈴が
生徒指導をすることになったものの彼女は昨日撮られた
写真の件が気がかりでそれどころではありません。

 

一言不倫などしていないと言葉を貰えれば
それで解決する形だけの進路指導。

 

しかしその事実を認めるような発言をする新妻にそれじゃ困るのだと
美鈴は詰め寄り汚い大人の胸中を暴露してしまいます。

 

「あんたの本当の話なんて、思うほど誰も聞く耳もっていないの」

 

思わず出てしまった本音に美鈴は焦りますが
新妻はおかしそうにと笑います。

 

「先生俺にしちゃってるじゃん、本当の話」

 

先生の白い嘘
先生の白い嘘

 

新妻がホテルに行ったことは事実ですがそれはバイト先の主婦に
半ば強引にホテルに連れ込まれたというおが本当のところでした。

 

確かに行為には及んだものの彼は相手の女性の
「女をホテルに連れ込んだんだから」という言葉に
強く引っ掛かりを覚えている様子です。

 

事実彼は強引に連れ込まれた側であり行為を拒否もしています。

 

「先生も、セックスはいつだって男の性だって思っていますか」

 

そう尋ねる新妻の話を聞きながら美鈴はぼんやりと四年前
はじめて早藤にレイプをされた日のことを思い出します。

 

レイプされたのは全て私の女の自分のせい
生きているだけでこんな目に遭う私が女のせいで。

 

滴る血を拭いながらそう悟ってしまった美鈴は
新妻の言葉を認めないと言い捨てるのでした。

 

先生の白い嘘を試し読みしてみる

 

サイト内より【先生の白い嘘】と検索。

 

先生の白い嘘の感想は?

 

過去に「このマンガがすごい!」に入賞を果たした
鳥飼茜先生の最新作ということで気になって読んでみました。

 

あらすじを読んでおおよその予想はついていたんですが
とにかく重たく抉られる内容です。

 

とにかく登場人物全員がそれぞれ何かを抱えており
ベクトルは違えど歪んでいる人々なため
誰が正しいのか何が正しいのかわからない。

 

絶対的な正義の味方も導いてくれる存在もこの漫画には存在しません。

 

本来その役割の象徴とも思える「教師」である美鈴を
メインの立ち位置に置いているのもなんとも皮肉がかっている感じです。

 

先生の白い嘘
先生の白い嘘

 

男と女における性描写の捉え方、感じ方、考え方などが
生々しく語られていますがどちらかの性別に偏っている
描写がされていないのが本作の魅力の一つかと思います。

 

大体こういった作品というのは女性作家は女性寄りの
男性作家は男性寄りの描写をしてしまうんですよね。

 

しかしこの漫画にはそういったことが一切ありません。

 

男女それぞれの立場からひたすら平等に「性」についてを描いています。

 

登場人物の言い分に頷ける部分もあれば
首をかしげる部分もありますが
しかしそれが狙いなんだと思います。

 

正直読後感はめちゃくちゃ悪いですが作品としては素晴らしいものです。

 

先生の白い嘘を読んでみるならこちら

 

サイト内より【先生の白い嘘】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態