青の母のネタバレや感想は?フクロウの正体やドブメとは

aonohaha

この記事は約 8 分で読めます。



幼い頃母に殺されかけた絲子は
冬弥という少年のおかげで笑顔を取り戻し
成長したふたりは冬弥の育った村で
幸せになるはずでした――…。

 

因習の残る村が隠すおそろしい真実とは?

 

青の母やフクロウの正体そしてドブメとは一体なんなのか?

 

茂木清香が紡ぐ、美しくもおぞましい物語。

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【青の母】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

青の母を無料で立ち読み

 

【関連記事はこちら】

青の母のネタバレや結末に無料試し読み!すべての謎が明かされる

2016.08.10

 

青の母のあらすじは?青の母コドクの中で子を孕む

 

7歳の誕生日母に無理心中を図られた絲子(いとこ)。

 

すんでのところで助かりましたが
母は電車にひかれて死亡。

 

死の淵でも笑っていた母の姿が脳裏に焼き付き
絲子は笑顔が怖くなってしまいます。

 

表情を失った彼女を周りの人たちは
「人形のようだ」と言います。

 

青の母
青の母

 

その後父もいない絲子は施設で育ちます。

 

事故の影響で足が不自由になった彼女は
おもちゃのピアノを弾きながらこう言うのです。

 

「しゃだんきの音、こっちに来る電車の音、
ほねがおれる音、肉がつぶれる音、なにかがとびだす音」

 

奏でるのは歪な音ばかり。

 

かたわらで聞いていた冬弥に「人が死ぬ音よ」と説明すると
彼はそっと絲子の手を鍵盤から外します。

 

冬弥はどんな理由かは知りませんが
たまに施設にやってきて遊んでいく少年でした。

 

周りの人間を拒絶していた絲子でしたが
寄り添うようにそばにいてくれる彼に
次第に心を許していきます。

 

そして年月が経ち冬弥のおかげで絲子は笑顔を取り戻しました。

 

ふたりは結婚をすることに。

 

冬弥の故郷は山奥にある水(み)籠(ごもり)村(むら)で
古くからの習わしが多く残っているところでした。

 

ふたりはここで婚儀を行う予定でした。

 

婚儀の前夜絲子は自分そっくりに作られた人形と対面します。

 

この水籠村は昔から伝統工芸品として人形を作っているといいます。

 

婚儀の際に村の男が自ら作った花嫁の人形を
奉納するというのがこの村の習わしのひとつだったのです。

 

そして婚儀の日。

 

冬弥との未来に幸せを噛みしめる絲子でしたが
事件が起こってしまいます。

 

人形を奉納する際先に火にくべられていた人形が
急に話し出したのです。

 

そして絲子の頭の中に幼い頃によく聞いた
あの『人が死ぬ音』が…。

 

呼応するように会場の人形たちが一斉に歌いだします。

 

「アオノハハ コドクノナカデ コヲハラム」

 

その時衝撃とともに壁を突き破って
得体のしれない大きな怪物が飛び込んできます。

 

村人たちが『ドブメ』と呼ぶそれを
従えるのはフクロウの面をした男。

 

彼らは列席者たちを殺していきさらには冬弥までも――…。

 

青の母を読んでみる

 

サイト内より【青の母】と検索。

 

青の母のネタバレとその後の展開!絲子が人形に!?

 

一話から怒涛の展開を見せた青の母でした。

 

繊細な美しい絵とおどろおどろしい世界観がマッチして
あっという間に話に引き込まれてしまいました。

 

因習の残るこの水籠村には
まだまだ秘密が隠されているようですね!

 

それではできる限りネタバレしていきたいと思います。

 

青の母
青の母

 

ドブメに襲われた冬弥でしたがなんとか一命を取り留めていました。

 

一方の絲子は気を失ってしまいその間に村人による
儀式をされ絲子の魂は人形へ移されてしまったのです。

 

人形として目覚めた絲子は同じ顔の老婆3人から
状況を説明され生身の絲子の体を見せられます。

 

どうやらその体は『青の母』にされるらしいのですが…。

 

意識はあっても人形の体ではどうすることもできない絲子。

 

あとは燃やして処分されるはずでしたが
あることをきっかけに人形の体が動くようになるのです。

 

そして絲子は高熱により床に臥せっていた冬弥を連れて
屋敷を逃げ出し山奥へと逃げる途中でふたりは
『スズメ』と名乗る子供に出会います。

 

その子はドブメを連れていましたが
婚儀をめちゃくちゃにしたあのドブメとは違うようで…。

 

束の間の安息を過ごしますがすぐに追手はやってきます。

 

追手を食い止めるドブメ。

 

ドブメは負傷をしてしまいましたが
スズメは絲子に逃げるよう促します。

 

絲子は冬弥を抱えて不気味な小屋へと逃げ込みましたが
そこにはなんとたくさんのお腹の大きな女たちが…!

 

みな一様にうつろな表情をしています。

 

その中には婚儀で舞を披露した巫女の姿もあり
彼女もやっぱり大きなお腹を抱えていました。

 

異様な状況に立ち竦む絲子でしたが追手を気にして小屋に留まります。

 

しかしその後衝撃の光景を目撃することに!!

 

物語が進めば進むほど明らかになる事実と深まる謎。

 

読者を魅せてやまない展開にゾクゾクが止まりません…。

 

現在3巻まで出ているこの作品ですが
一層見逃せない面白さに新刊が待ちきれません!
ぜひ自分の目で楽しんでみてくださいね!

 

青の母を試し読みしてみる

 

サイト内より【青の母】と検索。

 

BookLive

 

青の母の感想と茂木清香のその他の作品は?

 

1巻の表紙に惹かれて試し読みをしてみたこの青の母。

 

ぐいぐいと引き込む物語にすぐにハマってしまいました。

 

絵も独特の雰囲気があって村の景色やドブメの姿
物言わぬ人形の表情などゾクっとするくらいでした。

 

どこかで見たことある絵だなと思っていたら
『スイッチウィッチ』の作家さんなんですね。

 

スイッチウィッチ
スイッチウィッチ

 

スイッチウィッチもとても面白かったですが
民俗学のにおいのする本作は私の好みにドンピシャでした!

 

山奥の因習とか村人に似せた人形とかツボなんですよね。

 

でも人形のくだりでちょっとツッコミたいことが。

 

冬弥の作った絲子の人形…クオリティ高すぎませんか!?

 

確かに水籠村では人形が伝統工芸らしいですけど
それにしたって上手すぎる。

 

村に伝わる風習ってことは男たちはみんな
人形を作る修行でもするんでしょうかね?

 

まあそれはさておき。

 

絲子の愛する冬弥という人物はかなり曲者のにおいがします。

 

村の習わしはどこまで知っていたんでしょうか?

 

全て知っていて身寄りのない絲子に狙いをつけていたとすれば
優しい顔の下に隠された素顔はおそろしいに違いありません。

 

青の母とはなんなのかそして絲子自身の能力や生い立ち
フクロウの正体など…まだまだ謎は山積みです。

 

物語がどんな結末を迎えるのかますます楽しみです!

 

青の母を読んでみるならこちら

 

サイト内より【青の母】と検索。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態