僕は妹に恋をするのネタバレや感想は?頼と郁の恋愛の結末は?

bokuhaimoutonikoiwosuru

この記事は約 9 分で読めます。



実写映画化にもなった人気作品である
青木琴美先生の作品である僕は妹に恋をする。

 

禁忌を犯し双子の兄妹の恋愛事情を描いた作品で
少し強引ながらも小さい頃から妹の郁だけを
一途に愛する頼の胸キュンのセリフやシーンが多数あり
ときめきたい人にはオススメのマンガです!

 

デキちゃうけど、ナカでもいいよね。 婚前ブラック契約

 

ネタバレもありますので先に無料で試し読みをしたい方はこちら。

 

サイト内より【僕は妹に恋をする】と検索。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕は妹に恋をするを無料で立ち読み

 

僕は妹に恋をするのあらすじは?

 

物語の主軸になるのが結城頼(ゆうきより)と
結城郁(ゆうきいく)の二人の双子の兄妹です。

 

頼は小さい頃から郁のことが女性として好きでした。

 

僕は妹に恋をする
僕は妹に恋をする

 

それをかき消そうと郁の親友である
楠木友華(くすのきともか)と付き合うも
やはり郁への想いは募るばかり。

 

ある夜同じ部屋で眠る妹の郁に
とうとうキスをします。

 

それに動揺し戸惑いを隠せない郁に
頼のものになるか今日のことを一生悩み
他の男のものになるか選べと言われます。

 

兄としてしか思ってなかった頼からの
思いがけない強引な告白に頼を失うことよりも
男として選ぶことを決意するところから
二人の禁忌は始まっていきます。

 

そしてこっそりデートや二人の時間を重ね
郁も頼へ恋に落ちていきます。

 

小さい頃から本当に双子なのかと言われるぐらい
真逆な二人の禁断の恋愛は
どんな結末を迎えるのでしょうか…。

 

僕は妹に恋をするを読んでみる

 

サイト内より【僕は妹に恋をする】と検索。

 

僕は妹に恋をするのネタバレは?

 

頼はこの恋には限界があると分かっていながらも
郁を手放すことが出来ずエスカレーター式の
高校への進学をせず全寮制の高校への進学を
郁に内緒で進めていきます。

 

郁にも禁忌を犯させてしまったという
罪悪感やこのままじゃ家族にも友達にも
バレてしまうからこの恋を守るためにと説明し
嫌だとワガママを言う郁をたしなめて
全寮制の高校へと進むのですが…。

 

僕は妹に恋をする
僕は妹に恋をする

 

中学までは郁にカッコイイ所だけを
見せていたいがために優等生だった頼は
別々の高校へ進学してからは
問題児扱いされるほどの素行でした。

 

ですがそれでも事なきを得ていたのは
やはり勉強が出来るという点で
大目に見てもらっていました。

 

そこに郁と同じ高校へ進学したはずの元カノ
楠木友華が転入してきます。

 

頼の親友であり二人の関係を知っていながらも
郁に恋心を寄せつつ協力をする矢野立芳(やのはるか)。

 

あんなに仲の悪かった二人なのに
郁が頼にベッタリに変わっていくことに
不信感を抱く母。

 

素直でまっすぐな郁は頼のように
器用に家族の前でふるまえずにいます。

 

その不信感をはらおうと郁は母の前で
「矢野くんと、付き合ってるの」と
嘘を重ねながら遠距離恋愛は波乱を迎えます。

 

そして遠距離恋愛を楽しみながらも
やはり今までずっと側にいた頼が
いなくなった悲しみや寂しさから
とうとう頼のいる寮へ忍び込むという
事件を起こします。

 

その事件がキッカケでとうとう頼は
全寮制の高校を退学へ・・・。

 

そして元のエスカレーター式の高校へ
戻ることになり家にもまた一緒に
住むことに素直に喜ぶ郁。

 

迫っていくタイムリミットを感じながら
二人は更に急接近していきます。

 

そんな時に頼は母が自分にソックリな男性と
言い合っている所を目撃します。

 

その男性の名前は森裕吾(もりゆうご)。

 

裕吾の娘杏沙が同じ高校へ転入してきて
結城家と森家で食事会が行われます。

 

そこで偶然頼が目にした
裕吾と母の会話に疑問を持ちます。

 

この時の会話のドキドキ感はたまりません。

 

こんなに似てないのであれば
郁と自分は本当の兄妹じゃないのでは?

 

本当は裕吾の子供で杏沙が本当の妹?

 

頼は杏沙の協力のもと自分の出生
母と裕吾の過去を調べ上げ確信します。

 

郁は、本当の妹じゃないと――。

 

そうして家族の前でも妹ではなく
女として扱うようになる頼に
母は再び不信感が芽生えます。

 

あなた達は本当の兄妹なのよと嘆きながらも
家族であろうと努力をします。

 

そして頼と郁の情事の音に気付き部屋に突入。

 

言い合いをする声に父も部屋に入り
そこで明かされる本当の真実。

 

その真実とは残酷な母の裏切りを
明白にした事実だったのです。

 

その残酷な真実とは?

 

僕は妹に恋をするを試し読みしてみる

 

サイト内より【僕は妹に恋をする】と検索。

 

ラブラブなシーンや切ない物語の
展開に胸がつまります。

 

BookLive

 

僕は妹に恋をするの感想や結末は?

 

もう家族ではいられないと思った頼は
家を出ていくことを決意します。

 

泣きじゃくる郁にこのままずっと会わずに
大人になり別の誰かに恋をしても
それでもお互いが忘れられなく
どこかの街で出会ったら運命だと思うと――。

 

僕は妹に恋をする
僕は妹に恋をする

 

郁は頼を探すために勉強も頑張り
頼がいそうなところを探します。

 

それから10年――。

 

泣き虫で何もできなかった郁からは
考えられないほどに成長。

 

英語も堪能で電話1本でお仕事をしてしまうほど
すごい感じに成長しています。

 

また頼を探しにロンドンまで…。

 

ケンブリッジ大学図書館に調べものとかで
利用しているのではないかというのです。

 

そして図書館の中では郁が入った後
少しして頼も来るのですがすれ違い
このまま気づかずに終わってしまうのかと
思ったところで2人が気づき抱きしめあう――。

 

この後どうなったかは描かれていないのですが
この恋を運命に変えるとのことですし
いつか出会えたらという約束だったので
この後は2人一緒になるんだろうなって思います。

 

頼のために郁は立派になっていますし
10年間も探し続けるなんてステキですよね。

 

その間郁を支え続けたのは矢野ですし
ロンドンで頼が見つからなかったら
オレと結婚と言い出したりして10年間も
ずっと郁が好きだったんですね。

 

10年間もずっと片想いというのもかわいそう…。

 

そして頼はどんな風になっていたのかですが
弁護士さんになっていました。

 

高校中退ではありましたが大検などを取り
頑張って勉強されていたんですね。

 

この作品は兄妹の恋愛を描いた作品で
途中兄妹ではないのではないかなどという
展開もありどういう結末を迎えるのかと
すごく気になっていた作品でしたが
ハッピーエンドでラストもハラハラして
すごく良かったです。

 

青木琴美先生の別作品である
僕の初恋をキミに捧ぐのように
悲しい結末ではなくて良かったです。

 

僕は妹に恋をするは郁を一途に愛する
頼の気持ちが描かれていてこんな風に
一途に想われたいと思ってしまいますが
ラストはすごく良い感じなのでご自分の目で
見てもらえたらなぁって思う作品です。

 

僕は妹に恋をするを読んでみるならこちら

 

サイト内より【僕は妹に恋をする】と検索。

 

青木琴美先生の作品はどの作品も良い感じですが
この作品が私の中では1番好きな感じです。

 

絶倫体育教師 某有名私立大学ヤリサーの実態